おやこの話。

うちの上の階は70年配の上品なご夫婦お二人。

日頃は静か~にお暮らしだが、連休には少し活気づく。

ふだん別にお住まいのお嬢さんが帰省されるのだ。

集合ポストでお嬢さんと奥様がご一緒のところに出くわし、ニコニコと会釈された。

30代くらいか、小柄でおとなしそうな、清楚なお嬢さんだ。

昨日は大きな買い物袋をいくつも提げて、楽しそうに3人で階段を上がっていかれた。

きっと娘さんのためにとっときのお料理の腕をふるわれるのだろう。それとも、お嬢さんのほうが、母の日のご馳走を作られるのかしら。

そんなことを想像する。

ところが今朝は雲行きが怪しかった。

ベランダで洗濯物を干していると、上階から女性の金切り声が聞こえてくる。

お父さんは…! …私はいつもいつも…! …

「お父さん」は低い声でぼそぼそと何かを答えているようだが、聞こえない。

…ずうっと私は…! …私だって…! 

声は続いているが、いたたまれず、洗濯物はテキトーにひっかけて、部屋に入った。

お嬢さんの声は、今までこらえてきたがもはや限界、という切迫感を帯びていた。

穏やかに見えるご主人だが、娘にとってみれば我慢ならない何かがあるのだろうか。

親子というのは、いくつになっても難しいものだ。

ベランダに目をやると、さっきいいかげんにひっかけたタオルが、風に飛ばされて落ちている。

そろそろ口論も終わったころだろう、と取りに出ると、声はまだ続いていた。

… お父さんは…! 私をコントロールして…! …

「お父さん」の答えは聞こえない。「お母さん」はいるのかいないのか、仲裁する様子もない。

事情を知らない部外者だが、何となくお嬢さんの気持ちもわかる気がする。

たまにこうして感情をぶつけ合うのも、決して愉快ではないが、有意義な連休の過ごし方なのかもしれない。

ただ、できればもう少し窓から離れてやっていただけるとありがたい。
 
きりんのおやこ
(こんな時代も、あったはずなのだけど)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2016/05/07 11:17
コメント
No title
こんにちは

あらら!上の階の親子喧嘩ですか~何があったか知りませんが、それもまた、後になってみればいい思い出になるでしょう。
昔、お父さんと喧嘩したっけ・・・・・
おおお
緊迫した親子関係です。
階上の親子は緊張関係にあるようです。

過度の緊張関係は摩擦を起こします。
摩擦は大きな熱量を生じます。
ただしそのエネルギーは有効利用できません。

他人の私がとやかく言えることではありませんが、親子関係は摩擦係数を減らすことがまず大切。
緊急避難としての摩擦回避策は「非接触」です。
Re: No title
Carlos様

私は学生の頃、長い休みに帰省すると、いつも母とケンカしました。だいたいモノスゴクくだらないことが理由でした。そしてプンプン怒りながら下宿に帰るんです。

父はモノを言わない人だったので、ケンカ相手にはなりませんでしたね。
Re: おおお
rockin'様

うーん、そうかなあ。

避けてばかりで摩擦もなしでは、冷えて血の通わない関係になりそう。

毎日いがみ合ってるのは問題だけど、たまに帰ってケンカするのはガス抜きになるように思います。もちろんケンカしないで済めばそれに越したことはないけど、お父さんだって娘に不満があることは知っておかなきゃいけないと思うんですよねえ。

管理者のみに表示