やさしい話。

せんに亡くなったタカコおばちゃんは、父方の遠縁にあたる。

他に近い身内がおらず、父がいたころはお寺の世話をしていたが、その父も亡くなり、何となく私が後を引き受けることになった。

子供のいなかったタカコおばちゃんは、私やイモートをかわいがってくれた。

小さなアパートの部屋で、お菓子や折り紙やリリアンや、私たちを喜ばせようと、用意したものを次々と出してくれた、優しい笑顔を今も覚えている。

はじめてお命日のお参りをしたときのこと。

お寺の塀ぎわ、見上げるような大木に、驚くほど繊細なうすむらさきの花が咲いている。

見たこともない花だ。

藤でもない。桐でもない。きりりとした日本の紫とは、まったく違う。

天人の薄衣のように透ける花は、異国情緒をたたえ、仏塔にまつわる紫雲かと思えた。

ジャカランダというその木は、日本ではちょっと珍しく、このお寺のようにまとまって植わっている場所は、あまりないらしい。

そして、ちょうどタカコおばちゃんのお命日辺り、梅雨入りの少し前が花時なのだ。

それから毎年、お参りのたび、私はジャカランダの美しい花の盛りを見ることができる。

戦争未亡人で、つつましく暮らしていたタカコおばちゃん。

優しい人は、いなくなってからも、残った者にステキなものをくれる。

じゃからんだ
(Jacaranda - ノウゼンカズラ科の低高木 中南米原産)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2016/06/04 10:59
コメント
No title
こんにちは
優しいおばあちゃんだったんですね。
紫の花を咲かせるんですか~ジャカランダ。
No title
こんにちわ。

タカコおばちゃんは きっとぢょんでんばあさんの事を見守っていますね。

ジャカランダは 初めて聞く名前なので検索したら
桜並木のように 綺麗な紫色の並木道などもあるんですね。
有難うございます。
No title
こんにちは! 

ジャカランダが登場していたので^^思わず書き込みを失礼します(笑)

もう咲いている場所があるんですか?

毎年梅雨入り頃~7月にかけて、熱海のジャカランダを観に行ってます^^
お墓参りでこの花に逢えるって良いですね^^
Re: No title
Carlos様

静かで優しいおばあちゃんでした。

思えば今の私より若い頃から、ずうっと一人暮らしだったんですよね。

芯は強い人だったんだろうと思います。
Re: No title
じいじ様

この年になると昔のおばちゃんのことが思われて、もっと会いに行っておけばよかったと思います。

お墓になってしまってからお参りしてるようではだめですね。
Re: No title
Happy☆様

大阪ですけれども、毎年今時分には満開です。梅雨頃には地面いちめんにお花が落ちています。

熱海にそんなジャカランダの名所があるのですね。行ってみたいです。
人の
死亡率は100%です。
絶対に確実に死にます。

で、死んだらお終いか?
死の完了は亡くなった方がすべての人の記憶から消えた時です。
タカコおば様は記憶に残り続けておられます。
きっとステキな方だったのでしょう。

出来ることなら、私もいい意味で記憶に残る人になりたいなぁ。
Re: 人の
rockin'様

きっと私の生きてる間は、おばちゃんも傍にいてくれますよね。

私もそんな人になりたいです。

管理者のみに表示