ゆうはん話。

イナガキさんではこの春、下の息子さんが独立した。

お兄ちゃんのほうも先に会社の寮に移っているので、夫婦二人となったわけだ。

はじめの頃は、おかずが余るくらいが悩みだったイナガキさんだが、最近

憑き物が落ちたみたいだワ…

と、物騒なことを言いだした。

よく考えたら、もうお肉だのフライだの、作んなくていいわけよ

あ、そうか、若い人いないですもんね

そーなの もう背が伸びるわけじゃなし、死なない程度に食べてりゃいいわけでしょ

それはないと思うが、とにかくそれまで家族のために熱心に夕飯を作ってきたイナガキさんは、にわかに投げやりになった。

料理は焼くだけ、切るだけ、お皿に出すだけ。残り物はなくなるまで連続で出す。

和洋中はごちゃごちゃで、食材も、安くて軽くて日持ちするものばかり。

もともと無口なご主人は、どんな滅茶苦茶な献立も黙って食べるので、イナガキさんは、この人は家の夕飯なんかもうどーでもいいんだわ、と思った。

しかし、ことのほか暑かった日のこと。

いつもに増して投げやりになったイナガキさんは豆腐の味噌汁に冷奴に冷凍枝豆、という、大豆づくしの夕飯を出した。

それでも黙って食べ終わったご主人は、ごちそうさまの後、

おまえ、この頃どないした どっか具合悪いんか…

と、心配そうな顔で妻を見た。

イナガキさんは、今まで感じたことのない、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

ご飯がおかしいと思いつつ、何か理由があるのかと、ずっと黙っていたご主人だったのだ。

今日は七夕

イナガキさんは織姫のようにいそいそと、久しぶりの美味しいお夕飯を作るのだろうか。

あまのかわ
(織姫と彦星って恋人じゃなくて夫婦らしいですね)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2016/07/07 11:36
コメント
No title
こんにちはv-22

うーん うちもそうなりそうです・・。
でも 今 息子の具合が悪くて とにかく
老人食?なんで これが更に品数が
減っていくのだろうなあ^^;

まあ 年金で暮らすのだから 
質素な食事が一番!体にもいいし!^^;
栄養のバランスが偏りすぎは
まずいかもですが・・。
 
No title
こんにちは
夫婦二人きりの我が家も、きっとご飯を作るのは面倒だと思います。
心の中では感謝してますよ!
たまに”晩御飯はいらない”というと喜んでおります。

イナガキさんも子供たちが独立して、料理を作る張り合いがなくなったんですねきっと。
我が家は
以前からイナガキ様と同じ人口構成であります。
ならば食卓状況はどうか?
基本的な構造は子供独立以前と変わらず、です。

こんな感じ⬇︎

① 省力化の極みのようなラインナップ
② その上、少量

イナガキ様はすごい!
修正されるのですね。
ご立派です。
Re: No title
800びくに様

どちらも同じ…ですねえ。

うちは息子が独立すれば私一人なので、もっとひどいことになりそうです。

宅食便のCMをマジで見ていることもあります。
Re: No title
Carlos様

その感謝の気持ち、ぜひ言葉にして伝えてください!その一言で、きっと奥様もやりがいを感じられると思います。

七夕様のご利益がありますように。
Re: 我が家は
rockin'様

それはオヤツ好きなご主人の健康を考えたベストのお献立に違いありません。

山盛りのお食事を食べたあとでもデザートを召し上がるrockin'様の長寿メニューでしょう。

管理者のみに表示