たこやき話。

豆腐の味噌汁に冷奴を出したイナガキさんほどではないが、うちの食卓だって、そこそこイイカゲンである。

食べることに熱心で、味のわかるムスメが家にいる時は、もっとマシなご飯を作っていたが、何でも黙って食べるムスコと二人になってからは、なんかもう何もかもがめんどくさい。

批判的な大人がいない食卓は無法地帯になりがちだ。

私なんかに比べると、母は昔のお母さんだから、ずっとちゃんとしていた。

暑い盛りでも、自分ひとり汗をかきながら、煮炊きして、いくつもおかずを作る。

しかし、父がご飯時に帰らない日は、母もラクをしたいのか、ときどき羽目を外した。

おつゆとおかず3つ、のようないつものご飯ではなく、お好み焼きやうどんが夕飯になる。

一番うれしかったのは夕飯がタコヤキの日である。

たこやき
(昔はマヨネーズはオプションだった)

ホットプレートじゃなく、ガス管のついた昔のタコヤキ器は、鉄板が大きくないから、一度にたくさんは焼けない。

お店気分でソースや鰹節を並べたテーブルの前に、お皿を持って並ぶ。

イモートと突っつき合いながら、キリの先で魔法のようにくるくる丸くまとまっていく生地を、ワクワクと眺めた。

野菜を食べなさい、とか、お醤油をかけ過ぎ、とか、いつものこまごました注意もなく、ソースをいっぱいかけたタコヤキだけを、どんどん食べる。

思えばあれも食卓の無法地帯だけど、決して荒んだ感じではなかった。

主婦にとって、今よりもずっと息抜きの機会が少なかった時代、母はどうも、意識的に無法地帯を演出していたフシがある。

でなければあんなに楽しかったはずはない。

今は気楽に外食やテイクアウトが利用できるが、あの頃よりも食卓が楽しくなったかというと、ぜんぜん自信がない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2016/07/08 10:18
コメント
おはようございます、
 我が家も 夕飯が お好み焼きが あります、
 セガレが食べない日は 娘と好きな物食べてます、

 たまには 手抜きしないと 息切れします、
 最近は 通院の帰りは 天丼が多いです、
 もちろん リクエストですが、・・・ 

 いつもありがとうございます、 たか
No title
こんにちは
主婦は毎日の食事の仕度、大変ですね。
つくづく感謝します。
手を抜くときは、思いっきり手抜きもいいかもしれませんね~
夕飯がたこ焼きでしたか~楽しそうですね。
一家団欒・・て感じが」素敵です。
批判的な大人がいない食卓は
無法地帯になるとゆーか、緊張感が無くなるんでしょうね。
そーゆー意味でもやはり家庭内にも批判勢力が必要なのかもしれません。
或いは批判精神を持った人。

ぢょん でんばあ様は食卓の治外法権化を望むことも容認することもないと思います。

家庭内たこ焼きは絶対に美味しい!
No title
お好み焼き・・・好物です。

とりあえず、その場合は、ワタクシが作ることに。広島風も好きですが、ネギ・蠣・醤油というあっさり浅草風のも最近は年のせいか好んでおります。

たこ焼きはプレートがないので作れません。売ってるとつい買ってしまいますが、高いですよね~~
Re: おはようございます、
たかちゃん様

お好み焼きって美味しいですよね。

体裁かまわないで好きなものを食べられるのが家の食事のだいご味だと思います。
Re: No title
Carlos様

今の私にしてみれば、タコ焼きが手抜きってどこが!って感じです。

刻んだり混ぜたりしないといけないし、一個一個焼かなきゃダメだし!

大きなフライパンで一枚に焼いたら…ってそれじゃタコヤキじゃないですね。
Re: 批判的な大人がいない食卓は
rockin'様

ショーゲキ的なお知らせです。

こんだけタコヤキを食べて育ったにもかかわらず、うちにはタコヤキ器がありません。

なので子供も家庭内タコヤキは未経験です。

鬼母と呼んでくださってけっこうです。
Re: No title
私の生き方様

牡蠣入りのお好み焼きですか~、しかも醤油味!美味しそうです。家で出来るかなあ。

うちは関西人家庭としてはあるまじき、タコヤキ器なしの家です。ここ何年か買って食べてもいません。粉モン派の人に闇討ちに遭いそうだなー。

管理者のみに表示