うるとら話。

今日はウルトラマンの日、だそうだ。

うるとらまんのひ
( 関連イベント→ ウルトラマンの日 in 杉並公会堂  )

初代ウルトラマンを見た世代でもあり、放送開始50周年と聞けばなにがしかの感慨はある。

そういえば昔、母がウルトラマンの夢を見たことがあった。(→ ささいな話。

高校生だった私は、休み時間にクラスメイトにさっそくその旨を報告した。

うちのおかーさんさ、昨日ウルトラマンの夢見てさ~

えー、アンタじゃなくて、おかーさん?

ウラ山またいで来たんだってー 「やっぱり本当にいたんだねえ」って

「やっぱり」ってナニソレ~!おかーさん、オモシローい!

みんなガハハと笑う。

そんな女子の騒ぎを、隣の隣の席で、静かに聞いていたのがモリタ君である。

寄り目になるほど難しい数学や物理のテストで、学年一位をとる優等生だ。

その彼が、たまりかねたようにボソッと

それは無理

と、つぶやいた。

何が?

と聞き返すと、

ウルトラマンの身長は40メートル、ウラ山は標高600メートル以上あるから、またぐのは無理だと思うよ

まあ知識が豊富ね、と胸がキュンとなった私が、モリタ君と恋におちた、なんてことになったら面白いのだが、現実はそうカンタンではない。

ひとが楽しくしてる時に、細けえことをグダグダ言うやつだ、と思っただけである。

モリタ君はその翌年、東大にイッパツで受かり、今やとんでもないエリート様だ。

あの時、キュンとならなかった自分の胸を恨んでも、もはや手遅れなのだった。

むねがきゅんと
(恋のカラータイマー点灯中なんちて)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(6) | トラックバック(0) | 2016/07/10 11:38
コメント
No title
「ウルトラマンの日」があるなんて、初めて知りました。
50年前は、日曜日の晩はテレビの前にかじりついていたものです。
No title
こんにちは
ウルトラマンが裏山をまたいできたんですか~
お母さんもなかなか粋な夢を見たもんですね。
モリタ君惜しかったですね。
もしかしたら今頃は、キャリアの奥さん?だったかも。
惜しいことをしましたね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
声なき声様

私も見ていたはずなんですが、はっきりした記憶がなくて。ちゃんと覚えているのは「帰ってきた…」くらいからでしょうか。

そのあとの再放送は繰り返し見ました。
Re: No title
Carlos様

彼にも選ぶ権利がありますから、勝手なことは言えませんね。

妄想とお笑いください。
Re: そりゃそうです
鍵コメr様

そうかなあ。

この年で現れたら相手も自分も困りそうです。

ときめきよりも平穏な日々です。

管理者のみに表示