じてんしゃ話。

はじめての赤い自転車は、長く乗れるように、という昔の親の発想で、大人向けの、輪っかの大きいものだった。

サドルは下げたが、漕ぎ出しが難しい。怖がりで反復練習が苦手な私は早々にケツを割り、新しい自転車は物置でホコリをかぶることになった。

その後ご近所さんから、子供向けの小さい自転車を、お下がりでいただいた。

おねーちゃんのはあるから、という理由で、ピンクの自転車は自動的にイモートに。

輪の小さな子供向け自転車は乗りやすく、イモートはあっという間に乗れるようになった。

年下に先を越され、ヘソを曲げた私は、イモートにからかわれ、母にはイヤミを言われても、ガンとして練習を拒否、ますます自転車から遠ざかった。

そんな私に危機が訪れたのは中1の時である。

新任の元気な男の先生が、

連休に、クラスで親睦サイクリングに行こう!

と提案。内心ギョッとする私をよそに、あれよあれよと、サイクリングの日程が決定した。

乗れて当然みたいな顔をしている皆に、じつは乗れなくて…とは言えない。

なにしろ当時の私は、優等生で学級委員。誰かに弱みを見せるくらいなら、死んだほうがマシ、くらいに思っていた。

その日から私のヒミツ練習がはじまった。

クモの巣のかかった赤い自転車を物置から引っ張り出し、めんどくさそうなイモートを拝み倒して練習に付き合わせる。

途中、偶然通りかかったクラスメイトには

ちょっとブレーキの具合が…

などと、整備中を装ってごまかした。

何度転んだだろう。膝から下をアザだらけにして、もう泣きたい気持ちの5日めの夕方、もう暗くなってから、自分の足の下で自転車が走り出した時の感激は、今も忘れられない。

今日、5月の風に吹かれ、ペダルを踏みながら思い出す。

えらかったね、あの時の私。

おかげで40年後の今、こうしてどこにでも、自由に行けるよ。

ありがとう、12歳の私。

じぇいくのじてんしゃ 
(懐かしいイラスト「ジェイクの自転車」葉祥明)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/05/01 11:36

さくらの話。

子供の歓声にふりかえると、幼稚園の柵のむこうに、八重桜が咲いていた。

やえざくら

ぽってり重い花の房が、緑のリボンでひとつひとつ、枝の先に結び付けたように咲いている。

なんてかわいいんだろう。

思わず胸をつかれて、立ち止まる。

若い頃は、パッと咲いてパッと散る、染井吉野の潔さのほうが、美しく、好ましく見えて、八重桜なんて、と思っていたが、今は違う。

染井吉野が自分の都合でぶわーっと咲いて、あとは知らん、とばかりに葉桜になってから、

遅くなりまして…

と、丸いかわいい顔を出す、かわいらしさ、いじらしさが、なんともいえない。

八重桜を軽視していた昔をふりかえって、申し訳なく、ゴメンネとお詫びしたい。

話は変わるが、私の好物の一つに玉子サンドがある。

まだファーストフードが普及しない子供の頃、母に連れられて外出して昼ごはん、という時、よく喫茶店でサンドウィッチを食べた。

今のように様々な選択肢がある時代ではない。ハムキューリと玉子のミックスサンド一択、というお店が多かった。

喫茶店の玉子サンドには2種類ある。

茹で玉子をマヨネーズで和えてはさんだのと、玉子焼きをはさんだの、である。

私はマヨネーズのほうが断然好みで、玉子焼きのがテーブルに来ると

今日はハズレ

などと思っていた。

ところが先日、お付き合いで久しぶりに喫茶店の玉子サンドを食べたら、これが美味しかった。

フワフワのあったかい玉子焼きが、パンに塗ったバターを溶かしながらほぐれる。ケチャップの甘さも好ましい。

長年ハズレとか思っていてホントにすみません、と、詫びたい気持ちだ。

しかし八重桜も玉子サンドも、どこに向かって謝ればいいのか、わからないのである。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/04/22 11:26

はこんだ話。

街路樹も山も、緑に萌える季節となった。

歩道の植え込みの陰、足元のモシャモシャした茂みが懐かしくて、ふと足を止めた。

その昔、ムスメが幼稚園に上がったばかりの、春の日のこと。

手をつないで通う通園路にもまだ慣れなくて、物珍しくアッチコッチを見ながら歩く。

住宅地の道をノンビリ歩いていたら、道の真ん中に緑のカタマリがある。

何だろう?と近づくと、それは引っこ抜いた雑草の束だった。

枯らしてから捨てるにしても、道に投げるとは感心しないなあ、と、草のカタマリを道脇によけ、園に向かった。

ボーッとしているムスメを預けた帰り道、誰が取り捨てたのか、もう草は無くなっていた。

数日後。

少しは園にも慣れたムスメの手を引いて歩いていたら、道に面した住宅の門が開き、60代くらいの奥様が出てこられるところだった。

奥様は持ってきたものを道に投げかけたが、私とムスメに気付いて手を止め

ハイこれ

と、当たり前のようにそれを手渡してきた。

引き抜いたばかりの雑草の束。この前、道に投げてあったのと同じものだ。

?????

戸惑っている私の様子に気付いた奥様は、あっ、という顔をしてから、ほがらかに笑い、

これね… ハコベ… コッコちゃんとウサちゃんの…

はこべ

聞けばこの奥様は、庭の草取りでハコベをとると、幼稚園のニワトリやウサギのためにそれを取り除けておいてくださるのだという。

お宅が通園路に面しているため、道にポイと投げ出しておくと、誰かが拾って園まで持って行く、そういう習慣になっていたらしい。

それから何度、ハコベを拾って登園しただろうか。

みずみずしくやわらかい春先のハコベは、ニワトリもウサギも大好物だった。

ハコベを運んだ、春の思い出である。(今回ダジャレ)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(11) | トラックバック(0) | 2017/04/20 11:26

たまごの話。

イースターに、イギリスでは子供が玉子の形のチョコをもらう。

日本から来たばかりのムスメでも、なんだかんだで3個はいただいたし、幼稚園の友だちなどは、10個もらうという話もザラだった。

玉子の形といっても鶏卵大ではない。

ダチョウか、エミューか…仔犬くらい軽く入れる大きさの、デカい玉子である。

芯までチョコレートでは歯が立たないから、中はもちろん空洞だが、なにせデカいので、食べきるのに苦労する。

チョコの玉子といえば、こういうものもあった。

ちょこえっぐ

中に小さなオモチャが入った玩具菓子で、日本でも季節関係なく売られている。

このオモチャ、いわゆる食玩を、夢中で集めたことがあった。

子供の頃ではなく、立派な大人、しかも母親になってからである。

キッカケは、外食の帰り、フラフラと入ったコンビニで、せがまれるままに買った1個。

チョコの中のカプセルを開けると、驚くほど精巧にできたフィギュアが出てくる。子供も喜んだが、もっと惹きつけられたのは私だった。

こんな小さな玉子の中に、毛並みまで再現した動物が入っているという感激。

シリーズに10個あると聞けば10個全部欲しくて、買い集めた。

指の先ほどのオモチャの動物を、かわるがわる掌にのせ、あっち向けこっち向けして眺めていると心が和むが、もっと嬉しいのはレアなキャラクターが出たときである。

通常品とはカラーリングが違うものや、隠しキャラが飛び出してくると、震えるほど嬉しかった。

あまりモノを集めない私が、あの時なぜあれほど熱中したのか、今となってはわからない。

思えば、離婚前提の別居で、元亭主が家を出て行った頃のことだった。

集めたフィギュアは段ボール1つ。あれもそろそろ処分どきかもな、と思いつつ、時おり押入れの天袋に目をやったりする。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/04/16 11:46

すーつの話。

この春就職したムスメの会社では、服装は必ずしもスーツでなくてもよいらしい。

私が新卒で就職した会社は、いわゆる堅い業界であった。

男性は全員ワイシャツにスーツ、それもダークブルーの無地。縞ものや茶色は歓迎されない。

制服じゃないけど、制服みたい。みんな同じように見える。

新入社員の私は、研修を終えて配属になった部署で、同期と一緒に並ばされた。

これから君たちと仕事することになった サカクラだ 

直属の上司は、胸を張って堂々と言った。

40代くらいか、体格も態度も立派なのに、なぜだろう、なんだか貧相である。

大学を出たばかりの若造が、不遜なことだと思われるだろうが、どうも尊敬の念が湧かない。

しばらく理由が分からなかったが、やがてサカクラ氏の背広が、他の社員に比べ、格段に安物なのに気づいた。

その昔、祖父が輸入業をやっていた加減で、私の身の回りの男、父や叔父は全員、商売ものの輸入生地を仕立てた背広を着ていた。

化繊をミシンで縫ったような背広を、私はその時はじめて見たのである。

サカクラさんは部下に優しく、責任感の強い、いい人だった。しかし、もちろん背広のせいだけではなかっただろうが、職場の中でどことなく軽んじられていた気がする。

一緒に営業に出た時など、上着を脱ぐとずっとステキに見えて、本当に惜しいなあ、と思ったことは忘れられない。

今では「吊るし」なんて言葉も死語となり、既製服もきちんと身に合うようだ。

サカクラさんも今なら、もっと高く評価されているかもしれない。

つるし



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/04/10 12:39
« Prev | HOME | Next »