にゃおんの話。

初めて海外で借りた家は、家具付き物件だった。

もともと住んでいた家主が、彼女の家に引っ越すので、要らない家を家財ごとまるまる貸すことにしたのだ。

ソファやテーブル、洗濯機に掃除機、カップやお皿、フォークにナイフ…。

呆れたことに、までついていた。

家主のデイヴは

彼女がネコがキライなので、隣にあげたんだよ

と言っていたが、猫のほうでは、自分があげられたとはサラサラ思っていない。

裏庭に続く勝手口を開けると、当然のようにそこにいて、キッチンに入ってくる。

日本ではあまり見ない、中途半端な長毛種の黒猫を、マンガに出てくる猫にちなみ、ニャオンと命名した。

最初こそ戸惑ったものの、ニャオンはいたって気さくで手間のかからない猫だった。

しばらく様子見した後、食事と寝床はもらわれた隣家で、日中は見慣れない日本人がいる元の家のキッチンで過ごす、と決めたらしい。

毎朝、勝手口を開けると、足元をニャオンがすり抜けてくる。

不思議なことにキッチンから先には一切入ってこず、床のマットの上で身づくろいをすると、だらんと伸びて寝てしまう。

小さいムスメがさわったりなでたりしても、嫌がるでもなく、されるがままになっていた。

外に出たくなると、ドアの足元で、ニャーンとひと声だけ鳴く。

こちらが気づかないでいると、しばらく我慢してもう1度、ニャーンとだけ鳴く。

外に出ると、しばらく裏庭を散策する。何を植えていいものやら分からず、荒れ放題の庭について、ニャオンはやや批判的な意見を持っているようだった。

見回りが終わると、少し離れた陽だまりにきちんと座り、私のしていることをじいっと見る。

ニャオンのお気に入りは、張り渡されたロープに干した洗濯物で、風にはたはたと揺れるシャツやタオルを、いつまでもいつまでも眺めていた。

今でも晴れた日に洗濯物を干していると、ニャオンを思い出す。

猫を飼いたいな、と思うのはそういう時である。

にゃおん
(こちらは本家・ニャオン →動物のお医者さん 6 (花とゆめコミックス)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(7) | トラックバック(0) | 2017/03/28 11:40

ぼーさん話。

ムスコの大学とムスメの就職が決まり、仕事でも変化があるので、新年度を控えてバタバタと気ぜわしい日々。

人が動くと、書類が必要になる。

記入したり、ハンコが要ったり、添付資料が必要だったり、提出先がアチコチするうえ、3月末前後にいくつも提出期限があり、ややこしいことといったら。

大学宛や役所宛、まだ出さねばならない様々な書類のことを考えると、まったくゲンナリする。

昔の職場にいた、特に名を秘す某さん(以下簡単のためボーさんとする)。

営業のボーさんは、明るく人当たりよく話がうまく、飛び込みでも先方にすぐ気に入られて、商談はトントン拍子

ところが、いざ契約というところで、にわかに暗雲が兆すのだ。

1つの契約には様々な書類が必要になる。

お客様から頂かねばならないのは契約書の印鑑だけではない。

準備書類、各種証明書から、印紙の割り印にいたるまで、さまざまな種類の紙、紙、カミ、それらを適切に徴収し、チェックし、納まるべきところに納めないと、仕事は終わらない。

ところがこの書類仕事が、ボーさんは大の苦手だった。

頂いた書類を事務所に持ち帰ると、かならず何らかの不足、不備がある。

ボーさんはいつも、ご契約の段になってにわかに右往左往し、汗をかきだす。

焦れば焦るほど事務の精度も落ち、納期間近になるとボーさんの無駄足はさらに増える。見るに見かねてチェックリストを作ってあげた人もいたが、そのリストを忘れていく始末。

…あー!

という声とともにボーさんが飛び出していくと、また忘れたんだな、とみんな思った。

書類の束にウンザリするとき、ボーさんのことを考える。

記憶の中でカスミのように印象は薄れ、もはや顔も思い出せないボーさんであるが、

…あー!

の声が頭に響くと、忙しさに荒れた心が、なんとなく慰まるのだ。

がんじんわじょうぞう
(こちらはたいへん有能なおボーさん)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/03/27 11:30

けんごう話。

中学に上がった時、それまで母におさげに結ってもらっていた髪を、みじかく切った。

肩に触れない長さ、前髪はオン ザ 眉毛で、校則通りである。

オシャレをしてみたいという気持ちはありながら、どうしていいかわからない優等生は、セーラー服を着たコケシに似ていた。

映画「グリース」の影響で、フィフティーズファッションが流行していたころである。

ぐりーす

リーゼントの男は頭が悪そうでステキと思えなかったが、可憐な、オリビア ニュートン ジョンの50年代ファッションには魅力を感じた。

ポニーテールにしてみたいな…

サーキュラースカートのワンピースを買うおカネはなくても、ポニーテールに結うだけなら中学生にもマネできる。

その日から、散髪サンパツとうるさい母の小言を、頭を下げてやり過ごして数か月。

ようやく、うしろで手でつかめる程度の長さになった。

髪をブラシで撫でて後頭部に集め、目が吊り上がるほど引っ張ってゴムで縛る。

ワクワクしながら鏡をのぞくと、そこには想像とはずいぶん違う自分の姿があった。

期待した「仔馬のシッポ」ではなく、虚空に向かって力強く突っ張るちょんまげ、その太さ、逞しさ。

まさに剣客の風貌である。

みやもとむさし

ひっそりとゴムをほどき、シオシオと母のところに行って、散髪代をもらった。

以来、髪を結って外に出たことはない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/03/07 10:58

ぱーまの話。

いつもの美容院

鏡の前に座り、ピンクのケープをかけてもらいながら、若い美容師さんに

いつも通り、伸びた分だけ…

とだけお願いして、手元の雑誌をパラパラとめくっていると、テレビで最近見る人が載っていた。

ひらののら

バブル時代のイケイケギャル(死語)の風体をまねたお笑い芸人だ。

昔を知らない人は、こんなの大げさな誇張だと思うかもしれない。

しかし、あの時代、こんな風にパッドを入れ過ぎて肩が耳まで来ている人や、目が四つあるのかと思うほど眉を太くした人が、本当にいたのだ。

今に比べて、流行りといえば無批判に取り入れてしまう人が多かったと思う。

そういえば昔、ソバージュにしたことがあったわ…

と、何気なくつぶやくと、カットを始めていた美容師さんが

えっ?!

と小さく驚いた。小さく、ではあるが、かなり抑えた反応であることが分かる。

驚かれるのも当然である。私の髪はおっそろしく太く、しかも量が多くて真っ黒の剛毛なのだ。

ソバージュというのは、この芸人さんのように、長い髪をワカメのようにピロピロさせる髪型。全体に強いパーマをかけないと、こうはならない。

そして私のような剛毛の人間がそういうパーマをかけると、どうなるとお思いか。

ただでさえ多量の髪がさらに膨らんでボリュームを増し、スフィンクスもかくや、という堂々たる風格を呈するのである。

髪質に合っているか、とか、似合っているか、とか、そういうことよりも、流行りのほうが重要な時代もあったのだ。

しかし、私のソバージュヘアは長くは続かなかった。

多量の髪に細いロッドを巻くのは毎回3人がかり。おまけに硬い髪には、パーマ液が大量に必要で、かけるほうもかけられるほうも本当に大変だった。

最初にソバージュを勧めた美容師さんは、そうとう後悔したことだろう。

若い美容師さんは、みじかくカットした髪を指ではさんで見せ、

ちょっとスキますか?

と聞いた。この髪にパーマをかけずに済んで、本当に助かった、と思っているようだった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/03/06 10:45

そつある話。

…これ しまっといて…

遅く起きたと思ったら、ゴソゴソ部屋を片付けていたムスコが、手渡したのは卒業アルバム。

陰気で不活発で友だちが少ないムスコが、

…高えし… オレ別にいらねーし…

と、捨てようとした申込用紙を取り上げ、まーまー、将来どんな有名人が出ないとも限らないし、話のタネに買っときなよ、と、とりなしたのは私である。

卒業アルバムなんて、若い時には見たくもないし、要らないものかもしれない。

ところが私の高校のアルバムはそうではなかった。

わが母校の校風は自由放任

制服はなく、生徒指導はユルユル。先生方も個性派ぞろいで、授業の内容も出欠も自由な代わり、単位を落とせば補習や追試で拾ってもらえることもなく、留年多数。そんな学校だった。

そんな雰囲気を反映して、卒業アルバムも生徒の自由に任されていた。

クラス写真も、よくある証明写真のようなものではない。全員が扮装や仮装をして写るのである。

部活のユニフォームでポーズをとるなどは序の口で、着物あり、アフロあり、撮影の日は更衣室が特設される大騒ぎである。

女子が化粧バッチリなのはもちろんだが、中でもヅカファンは舞台化粧で、メバリは入ってるし、鼻に影はついてるし、まるきり別人である。

コスプレなどという言葉はまだ無かったが、マンガの主人公になりきる子もいた。

撮影も、編集も、お祭り気分でワイワイやって、出来上がりがほんとうに楽しみだった。

そんなアルバムだから、ずっと楽しく見るか、といえばそうでもない。

今見ると、自分の、友達の、若さゆえの悪ふざけが恥ずかしい。おまけに仮装が激しい子なんか、ホントはどんな顔だったか、もう忘れてしまいそうである。

こういうものはやはり、決まりきった、ありふれた定型に嵌っているのがいいのかもしれない。

渡されたアルバムのページを繰ると、見慣れたムスコが、いつものパッとしない表情で写っている。他の子たちも似たようなものだ。

これこれ、これでいい。

大事にとっておいてやるから、ジジイになって、しみじみと見なさいムスコよ。

そつある
(しかし絆とか想い出とか、この題名のセンスはなんとかならんのか)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/03/05 11:31
« Prev | HOME | Next »