FC2ブログ

ぴあのの話。

友だちのカナイさんと、ひさびさにランチした。

彼女の息子さんは目出度く就職が決まったのだが

困ったなあと思って…

何事かと思えば、息子さんの年金手帳が見当たらないのだという。

20歳で国民年金に加入すると交付される年金手帳。就職して厚生年金に入ると、提出だか、呈示だかが求められるはずだ。

失くしちゃいけないと思って しまったのは確かなの ただそのしまい場所がねえ…

あー、あるある!

これは大事だ、と特別な場所にしまったら、特別すぎて忘れてしまう、オバサンあるある。

アナタもムスコ君の年金手帳、預かってるでしょ?どこにしまってる?

あー、うちはね ピアノ

は?

ピアノのフタ開けて 鍵盤の上に並べてる…

私も、ムスメもムスコも、ピアノを習ったから、うちにはピアノがある。

子供たちが家を出て、鳴らさなくなった楽器を、私は収納家具として使っているのだ。

ホコリはかからないし、ドロボーにも(たぶん)見つかりにくいと思うし、いい考えだと思うが、どうだろうか。

とうめいぴあの
(YOSHIKIさんのピアノではマルミエだけど)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



もろもろ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2020/01/25 11:30

ぎょうれつ話。

んー、もう!

振込に出かけたサカイさんが、昼休み終了ギリギリに戻ったと思ったら、何やらご立腹である。

2つ前のオジイサンがトロくさくってさー…

ATMコーナーが混んでいたらしい。

たしかに時間のない時に前の人がモタモタしていると、気がせくものだが、私もトシをとって気が長くなってきたせいか、彼女ほど腹は立たない。

むしろ、おじいさんと呼ばれる年になって、ちゃんと自分でATMに並ぶなんて、えらいじゃんか、と思ってしまった。

亡くなった父などは、1度失敗して以来、窓口しか行かなくなってしまった。

窓口嬢に、ATMのお手数料がお得です、と言われても、通帳とハンコで押し通したはずだ。

昼休み関係ないトシヨリは 空いてる時にやってほしいわよね!

未だ怒り冷めやらぬ様子の彼女を見ながら、しかし私はぜんぜん別のことを考えていた。

お正月休みにお嬢さんとテーマパークに出かけた、というサカイさんに、つい

わー、混んでたでしょう!寒いし、行列が大変…

と言うと、

もー、ぢょん子さんは気が短いわねエ 

彼女はフフンと笑ったのだった。

ゆーえすじぇー
(ATMで2時間待ちとかありえないし)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2020/01/24 11:30

16ねん話。

朝のテレビで、注文して届くまで16年、というパン屋の話題が出た。

店主が1人で作り、1日3斤しかできないパンだという。

16年何するものぞという美食欲も、酔狂をやるシャレっ気も無いので買う気はないが、別の疑問が湧いてきた。

まず、他人様を16年も待たせて、平気でいられるのがわからない。気の小さい私など、ソワソワして、日々ご飯ものどを通らないと思う。

行列商法とか、店の前に延々と並ばせることで、さらに客を呼ぶやり方があるそうだ。

そもそも1日3斤しかできないパンを、大々的に売り出すというのも、なかなかの神経である。

パンなんて、毎日あるのが値打ちの食物だろう。

どんなに美味しくても、同じものが明日はない、というのではダメなのだ。

それに、買ったほうだって、16年も待ったパンが、フツーだったとは意地でも言えない。

待ったら待っただけのことはある、と自分を納得させる方向に感覚を歪めてしまうものだ。

つまり、本当に美味しいか、確かめるすべは無いのである。

ところが、テレビではいいお話風に紹介され、感動して自分も注文したいという多くの視聴者の声が上がっているではないか。

私ってひねくれた人間なんだなあ、と痛感するのは、こういう時である。

てんしのぱん
(天使のような笑顔のパン屋ご一家)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(20) | トラックバック(0) | 2020/01/23 11:30

ていでん話。

予定通り始まった(→ だんすい話。)マンションの全館停電

うちは電気が止まるとネット回線も給水設備も使えないから、手も足も出ない。

2か月前に予告があったので、この日は仕事が無くても出かけてしまおう、と思っていた。

予定開始時刻は11時。

朝起きて部屋を暖め、電気のあるうちに洗濯機を回して料理してと立ち働き、ひと段落して時計を見たら、10時になっていた。

めんどくせーな 出かけるの…

たかが知れた停電を前に、逃げ出すのもバカバカしい気がする。

そうと決まれば、せっかくなら快適に過ごしたい。

電気がアレだから、暖房が入らない。暖かくなることは何か考えて、1つ思いついた。

入浴である。

水は出なくても桶でかかり湯できるし、しっかり浸かれば暖房ナシでも数時間は暖かいだろう。

いそいでお湯を溜めた。10時50分、停電開始の10分前に

おフロがわきました…

人工音声の風呂子さんに呼ばれ、嬉々として風呂場に向かう。

眠い時のお風呂は億劫だが、朝風呂はいい。

今ごろ他の人々は、せっせと働いたり学んだりしているのだと思うと、入浴剤を入れただけの水道の水が、天下の名泉に思えてくる。

わが世の春などという言葉が、頭に浮かぶ。

われながら、お風呂は名案だった。のびのび手足を伸ばして解放感を味わっていると

フッ…

いきなり電気が消えたので、ビクッとした。

想像できないでもなかったのだが、予想外の暗さである。停電とわかっていても、いざ消えたら、やっぱり驚いてしまう。

なんだかおかしくてクククと笑ったら、薄暗い浴槽の水面に、さざ波が立った。

やみぶろ
(お風呂を暗くして入ると何か効果があるらしい)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2020/01/22 11:30

だんすい話。

わかやまのだんすい

突然発表された和歌山市の大規模断水は、予定時刻を過ぎても開始せず、今日20日になって正式に取りやめとなりました…

へえー、よかったじゃん。

テレビを見ていた私は無責任にそう思ったが

飲食店や宿泊施設などが対応に追われ…

そりゃそうだ。

水が出ないから、と予約を断ったレストランやホテルの営業損失は大変な額だろう。

…市民も振り回されたかたちです

備えた水やポリタンクの出費を嘆くのはむろんのこと、画面の和歌山市民の怒りには、どうもそれ以上の何かがある気がする。

断水というマイナスの状態から、水が出る状態へ、プラスの方向に動いたんだから、喜ぶまいまでも、平常心であって良かりそうなものだ。

しかし人の気持ちはそう単純ではない。

思い起こされるのは台風の進路予想などの、気象予報である。

大型台風が直撃する、といった予報が外れた時、人は少なからずムッとする。

怒らないまでも、なんだよ、と思うものだ。

今回の断水回避に対する和歌山市民の反応は、それに似たものがあるのではないか。

ところで話は変わるが、今日、うちのマンションは停電が予告されている。

さてこちらは予告どおり実施されるか?

そろそろ停電のじ



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/01/21 11:30
 | HOME | Next »