FC2ブログ

ヘチマノ本。

病人の看護が苦手である。

子供が小さい時は、例外的に面倒も見たが、大人相手は自信がない。

とくに男の病人なんて、想像するだけでウンザリだ。つくづく離婚しておいてよかった。

そんな私が、なぜかこの本は読んでしまう。

ぎょうがまんろく
(「仰臥漫録」正岡子規著 岩波文庫)

文学史に偉大な足跡を残した子規であるが、病人としてはじつに難儀な男である。

「仰臥漫録」の書名の通り、仰向けで寝がえりもうてない重病人でありながら、その感受性には曇りなく、筆を執ることを忘れない。

驚くべきはその食欲。例えば明治34年の今日、9月19日には

朝飯 粥三碗
午飯 冷飯三碗 鰹さしみ 味噌汁さつまいも 佃煮 奈良漬 梨一つ 葡萄一房
間食 牛乳五勺ココア入り 菓子パン 塩煎餅 飴一つ 渋茶
晩飯 粥三碗 泥鰌鍋 キャベツ ポテトー 奈良漬 梅干し 梨一つ


付き添う妹と母は、これだけの食事を用意し、看病に心を配っても、病人からは絶えず不満を言われ、激しく当たり散らされている。

私だったらやってられねえと思ってしまう。

考えてみれば、40にならない若造である。

夏目漱石や秋山真之ら、友人が各々の分野で活躍する中、自分ひとり病床から離れられない現状への苛立ち、意に任せぬ身体に対する怒り。

彼は母に妹に、遠慮会釈なくそれをぶつけている。

それは甘えであり、血縁への安心であるだろう。

怒号に身を縮めるわが母、わが妹の眼の中に、死にゆく己への憐みの色を見て、病んだ胸をさらに苦しめる日もあったろう。

痰一斗糸瓜の水も間にあはず

今日は子規の忌日、糸瓜忌である。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ブックガイド | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/09/19 11:30

せんだん話。

先般の台風21号で、狭いベランダにいろんなものが吹き寄せられて来た。

大物は拾ったが、細かいものは掃除しなきゃなあと思いつつ、つい後回しである。

そんな片隅に積もった土埃の中に、緑色のものが見えるので、しゃがんで目を凝らすと、何やら芽が出ている

風で飛ばされてきた中には、見慣れない花びらや、知らない葉っぱもあった。

きっと団地の住人が丹精した、ベランダガーデンの草花であろう。

そんな中に、この双葉の種も混じっていたのかもしれない。

生まれた場所から暴風に飛ばされてきた、たったひと粒の小さな種

そう思うと、双葉ながら由緒ありげな、ただものではない雰囲気が漂っている。

栴檀は双葉より芳しともいうではないか。

こうしてわが窓辺に飛んできたのも何かの縁だ。掬いあげて栽培しよう。

ベランダの隅から鉢に移し、水をやると、双葉はホッとしたように、緑の両翼を伸ばした。

以来数日が経過。

数枚の本葉も出て、めきめき成長している。

生命のたくましさに感心すると同時に、かすかな疑念が私の脳裏にきざした。

この図々しさ、もしかして、コイツ雑草じゃないのか?

いやいや、この茎の繊細な色合い、見たことのない葉の形は、園芸種に間違いない。

打ち消し、思い返し、今日もジョーロを手に内心葛藤している。

せんだん
(「栴檀は双葉より芳し」は、じつはいろいろと間違いらしい)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/09/18 11:30

けいろう話。

ふと、自分のトシに25を足し、母が80歳になろうとしていることに気づいて驚く。

気が若くて、敬老行事の類をずーっと嫌ってきたおばーちゃんだが、80歳なら立派な老人だ。

敬老の日はランチに誘って、母の過去の業績を讃えよう。

あのおとーさんと よくやってたよねえ

年の差もあったからね ムチャ言われても そんなもんかと思って従ってたわねえ…

洋裁もお料理もちゃんとして… 

今みたいに便利な既製品が無いしね 昔はみんなしてたことよ

オシャレで若いから 参観日も自慢だったよ

自分で縫った安い服だけどね

謙遜しつつまんざらでもないおばーちゃん。

お茶をひと口飲んで湯呑を置き、表情を改めると

まあアレもコレも、若かったからできたことよ その点アンタはえらいワ!

アラ?

ムスメちゃんができた時 もう30過ぎてたでしょ

ハイ、そうですけど。

40になっても 子供がまだ小学生で 離婚もしたし 大変だったと思うワ…

まあ確かに。

私が50の時には アンタたち2人とも もう社会人だったもん 

そういやそうだね。

でもアンタはまだ ムスコ君の学資も要るし…

はア~(タメイキ)

いやホント、エライと思うワ!

敬うはずが、ミョーに敬われてしまう。

そのうえ、ご不浄に中座したら、おばーちゃんはお勘定まで済ませてしまっていた。

敬老行事はどうやら失敗だが、母の頼もしさを確認する機会となったので、良しとしよう。

けいろうのひ2018



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(7) | トラックバック(0) | 2018/09/17 11:30

あむろの話。

人気女性歌手が引退するというので、テレビが騒いでいる。

最後になるライブの会場には、チケットが取れなかったファンまでが押しかけて、大変な混雑だ。

私はこういうファン心理がぜんぜん分からない。

歌声なんかこれっぽっちも聞こえない場所に、わざわざ飛行機に乗って行って、メソメソ泣いてる人を見ると、不思議である。

それは置いても、これだけ人気のある人に対して、こんなに距離を感じるのはなぜか。

思い当たるのはコドモである。

この人がデビューして人気を得たころ、私はちょうど2人の子供を順々に妊娠・出産していた。

私が腹帯を巻き、ぺったんこの靴でズロズロ歩いている時、彼女は20センチはあろうかという厚底ブーツを履き、ヘソ出しで踊っていた。

私がテレビを見る暇もなく、幼児の世話に追われていた頃、彼女は紅白でトリを歌っていた。

舞台を蹴る尖ったヒールには、踏みにじられるような、鼻にかかったニェー…という歌声には、バカにされているような気がした。

家事だの育児だの、そんなもん何の価値もないじゃない。そう言われた、気がしていた。

あの頃私はまだ若く、身体は元気だったけれど、気持ちはあんまり健康じゃなかったんだな。

そして今、40過ぎてなお仔鹿のような肢体に感心しても、彼女の歌にはやっぱり心が動かない。

でも、引退して幸せになればいいよね、とは思っている。

あむろれい
(「ぼ…ボクは引退なんかしないぞ!」)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(12) | トラックバック(0) | 2018/09/16 11:30

としょかん話。

台風21号が近畿を襲ってから10日。

一部地域で長引いた停電も、ようやく解消されたらしい。

窓が割れた、車庫の屋根が飛んだ、様々な被害情報を耳にするなかにも、さいわい身近に深刻な被害はなく、怖い思いをした記憶も薄れていく。

人間って、ホントに現金で、都合のいいものだ。

今日は、たまにしか行かない、大きい図書館に、久しぶりに出かけることにした。

ひとつ前のバス停で降り、川沿いの道をブラブラ歩けば、昨日の雨で濡れた草の香が爽やかだ。

歩道の植え込みのところで、なんかヘンだなと思った。

でも、何がおかしいのか、わからない。

しばらく辺りを見回して、ギョッとした。

ふさふさの植え込みに見えたのは倒れた大木のてっぺんだったのだ。

図書館の入り口に立っていた、一抱えはある木が、根こそぎ、完全に横倒しになっている。

とたんに身体の力が抜け、微かにヒザが震えた。

図書館なんて、多少の雨風は大丈夫だろう、という考えが、どこかにある。

それがそうじゃなかった。ここも危なかった。

忘れかけていた恐怖がギュッと胸を噛む。

ハイカラなガラス張りの図書館が、張り子のように脆いものに見えて、気持ちは半歩後ずさるけれど、普通の顔をして、自動ドアを通った。

ならけんりつとしょじょうほうかん



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/09/15 11:30
 | HOME | Next »