FC2ブログ

おきにの話。

半袖の日が増えてきた。

抽斗を開けて、洗って仕舞ってある、お気に入りのTシャツをひっぱりだす。

胸に当てたら、ありゃりゃ、うっすらとシミが。朝の光の中では色合いも白ちゃけて、いっこうにパッとしない。

買ったのはいつだったか、もうずいぶんになる。

深いワイン色の男物のTシャツは、決して高価ではなかったし、特に好きな色でも、すごく似合うわけでもない。

それなのに、なんでお気に入りになったんだったか、遠い記憶をたどった。

思い当たるのは、もう何年も前、これを着ていたら、父が

いい色だな

と言ったことだ。

父は女の身なりに気がつくような人ではない。妻が髪型を変えようが、娘が正月に着物を着ようが、基本ノーコメントである。

珍しいことだったから、記憶に残ったのだろう。

珍しいことだったから、このTシャツは私にとって、ちょっと特別なシャツになったのだ。

それにしても、父が亡くなってもう7年。

さすがにもうお払い箱かな

そう思いながらも、くたびれたTシャツを、つい丁寧に畳んだ。

わいんからーのしゃつ



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/05/21 11:30

もふもふ話。

ショッピングモールのシネコンの前を通りかかったら、ポケモンの映画をやっていた。

ポケットモンスター、略してポケモンのことはほとんど知らない(→ぽけもん話。)が、黄色いのがピカチュウだ、くらいの認識はある。

ポスターの写真にふと違和感をおぼえ、1歩2歩と近づいてみて、驚いた。

めいたんていぴかちゅう
映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト

コイツ、毛が生えてるの?

私の知るピカチュウはこのようなものだ。

めいたんていでないぴかちゅう

ツルツルして、押すと凹む。

実在の生物に例えるなら、イルカ的な生き物だと思っていた。

アニメを見ていても、体毛の表現は無かった気がする。

しかし、今回の実写映画、といってもCGだけど、けっこうなモフモフではないか。

このように処理されると、肉球とか、しっぽを上げて走る時のおしりの穴とか、どうなってるのか、にわかに気になりだした。

流行り物全般に冷淡な私であるが、見たい気がして、困っている。

映画「名探偵ピカチュウ」は、全国主要館で絶賛上映中。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/05/20 11:30

BBQの話。

バーベキューに良い思い出はない。

ホコリっぽい戸外で、火に翻弄されながら、焦げた肉を食べる苦痛。

外で食べると美味しいね!などと、負け惜しみ的な感想も聞かれるが、冷静に考えればそんなわけはない。

同じ肉なら、設備の整った室内で、落ち着いて調理したほうが、美味しいに決まっている。

この先、おそらくバーベキューには縁の無い人生を終えるだろう、と思っていた。

ところが今朝、フトンの中でまだウトウトしながら寝返りをうつと、あのニオイがしたのである。

たき火の煙と、焼けた河原の石ころ、しょっぱい焼肉のタレ…。

バーベキューのニオイだ。

ビックリして思わず飛び起き、フトンの上に居直って鼻をクンクンしたが、何も臭わない。

夢か… ニオイの夢ってあるんだな…

そう思って、もう1度フトンにもぐり込むと、またあのニオイがするではないか。

もう、完全に目が覚めた。

もしかして、このニオイ、私の?

いわゆるカレーシューってやつ?


しばしショックで呆然とする。

60に近い50だし、コーネンキだし、あっておかしくないことだけど、なんでよりにもよって、キライなバーベキューのニオイなんだろう。

同じことなら、せめて好物のニオイがよかった。

せっかくの日曜、ゆっくり朝寝のつもりだったが、眠気も吹き飛んでしまった。

なっとう
(納豆のニオイでなくてよかったという考え方もある)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/05/19 11:30

やめたい話。

外壁工事のため、ベランダに置いてあるブツをどかさねばならぬ。

室内に取り込むと汚しそうなので、順々に大きいゴミ袋に詰めた。

もろもろあるが、植木鉢、移植ゴテ、肥料に土…多いのは園芸用品である。

子供が小さかった頃は、アサガオだのミニトマトだの、学校で育てた植物を持ち帰った。

夏の暑さを避けるグリーンカーテンとして、ゴーヤなどを植え、収穫して喜んでいたこともある。(→ ごーやー話。

人として花のひとつも植えねば、という気持ちで、なんだかんだ買って来ては枯らした

そう、私は園芸が大の苦手なのである。

重ねた植木鉢を手にとれば、枯らした花の、在りし日の美しい記憶が蘇る。

汗を拭き拭き作業を終えて、袋に詰めた園芸用品を持ち上げた時、激しい衝動に襲われた。

このまま捨ててもいいんじゃない?

トマトを収穫しても、喜ぶ子供はもういない。

どんなきれいな花も、今日枯れるか、明日枯らすかと、顔色を見ながら暮らすのが苦痛なのだ。

人生後半に入って、わざわざ苦手なことをやり続けなくていいんじゃないだろうか。

何もないベランダはサッパリして、しょぼくれた鉢が並んでいた時より、よほど私好みである。

しかし、リタイアを機に野菜作り、花づくりを始めたという人はいても、いいトシになって園芸をぶん投げた、なんて話は聞いたことが無い。

もはやゴミにしか見えない園芸用品の袋を前に、今、迷っている。

とうみょう
(水に浸けるだけの豆苗栽培は得意)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2019/05/18 11:30

みられた話。

お伝えしてきた外壁工事(→ おんどさ話。)は壁面から各戸のベランダへと進む。

サッシと壁面の隙間をシーリングし、床面には防水塗装をするのだが、ベランダに施工するとは、窓のすぐ外に人がいるということである。

ふだんは自分ちだと思っている場所に誰かいるのは、どうも居心地が悪い。

工事中と分かっていても、ガラス越し、うずくまる黒い姿に気付くと、そのたびギョッとする。

くわえて気になるのはやはり視線である。

レースのカーテンを引いているし、明るい外から暗い室内は見にくいとはいえ、どういう加減で見えてしまわないとも限らない。

とはいえ、そんなことだけ気にしては、生きていかれない。

人が往来するベランダの、ガラス1枚内側で、生活は続いているのだ。

身支度をして、朝食を食べ、片付けるとおなじみのテレビ体操の時間。

胸を張り、足を曲げ、運動の効果がしっかり出るよう、マジメに体を動かす。

身体をねじって腕をつきだした時、ベランダにいる黒い姿が見えた。

こちらを見ているような、首の角度。

え?目が合った?

レースのカーテンは引いてあるし、外は晴れて明るいから、見えるはずはない。

だいいち若い作業員さんがオバサンの体操なんか見てもしょうがないよね。

勘違いと分かっていても、なんだか恥ずかしくて、中途で体操を切り上げた。

とそうされたべらんだ

夕方、帰宅してカーテンを開けたら、そこは水族館になっていた。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2019/05/17 11:30
 | HOME | Next »