こしらず話。

珍しく、ショッピングモールで買い物。

休日の買い物客の間を縫って、目的の店に向かう途中、ヘンなものが目の端に入った。

おやのこころこしらず1

親の心 子知らず?

わざわざ筆で書いて、貼り出す意味が分からない。

例えば「早起きは三文の徳」なら、朝一セールのお知らせかもしれない。

たとえば「後悔先に立たず」なら、すぐ売り切れる数量限定商品の惹句かもしれない。

しかし、「親の心子知らず」に、販売促進の意味はないだろう。

いったいどういうわけか、首をひねりつつ、ついそのまま通過した。

目的の店に着いても、さっきのハリガミが気になって仕方ない。遠回りになるが、確かめてから帰ることにした。

何の店かも覚えておらず、少し探したら、そこは呉服店だった。年配の女性店員に尋ねたら、

これですか…オホホ…お嫁入り支度のお着物がございますでしょ…

なーるほど。

結婚するとき、親から着物を持たせてもらう、ということは、私くらいの年齢だと、まだけっこうあった。花嫁の母の心尽くしである。

ところが娘のほうは、着物なんか着慣れないものだから、着ないままにカビや虫食いで台無しにしてしまう。

それを称して「親の心子知らず」。

この呉服店では、そういう着物の染み抜きや、仕立て直しなどを請け負っているのである。

何でも聞いてみるものだ。疑問氷解、スッキリした。

疑問といえば、もうずいぶん前に見つけた、こんな店。

ふりま

フリマ?この店、フリマ?

薄暗くひと気のない店内の様子に怖気づいて、かろうじて写真だけ撮って、帰ってきてしまった。

次に通った時にはもう、シャッターがピシャリと下りていた。

まさに「後悔先に立たず」である。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/10/21 11:44

はしおき話。

帰宅ラッシュの車内で、彼女たちはちょっとばかりうるさかった。

…メッチャムカつく!

あるある!ムカつくよねマジ…

キラキラ濃い化粧、ヒラヒラした服装の女の子2人。何かにしきりにムカついている。

…そんでダンナがさ…

えっ、結婚してんの?人妻には見えないけど…。

そうそう!うちのダンナも…

ええっ!アナタも人妻?

どう見ても20代前半、化粧こそ濃いが、ムスメくらいの年頃の2人が、既婚者だとは驚きだ。

2人は互いの「ダンナ」の文句を言い合っている。

したらポケットにキャバクラの名刺入ってて…

キャー、サイテー!ムカつく!

マジムカついてさ 名刺のオンナの名前のとこギューッて爪で折ってさ

捨てちゃえ!てか燃やしちゃえ!

捨てかけたけど 思いついてさ 夕飯の時、ダンナの箸置いてやった!

マジ?!ハハハ…ダッセエ箸置

2人はキャラキャラ笑いながら、次の駅で降りていったので、キャバクラ名刺の箸置に、ムカつくダンナがどう反応したのか、わからなかった。

家にあんなキラキラ、ヒラヒラした若い奥さんがいても、キャバクラに行くのかあ。

男って、バカだなあ。

はしぶくろのはしおき
(箸袋をチマチマ箸置きにするタイプとは気が合わない)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/10/20 11:30

しゅっせ話。

ご出世おめでとう!

すごいご出世ね!上でもガンバッて!

盛大な拍手と祝辞に包まれているのは、他でもないこの私。

晴れがましい場に不似合いなことに、拍手する側される側、全員半裸でビショ濡れである。

ここは女性水泳教室。

参加者は初心者から上級者まで、泳力別にコース分けされており、半年に1度の昇級試験に、私は合格してしまったのだ。

そうして上級に上がることを、この教室ではなぜか「ご出世」と言い習わしている。

そんなわけで、めでたくご出世の上級コース。

似たり寄ったりの仲間と、タラタラ楽しく泳いでいた今までと違い、新しいコースではついていくのがやっとだ。

得意の無駄口をきく間もなく、クールダウンの頃には息も絶え絶え。

雑魚の魚交じりという諺があるが、まさにそれである。

めでたいどころではない、クタクタのヨロヨロで更衣室にたどり着くと、声をかけられた。

お疲れ様~ がんばってるわネ~

前のコースで一緒だったオカさんは、スラリと背が高く泳ぎも上手い。彼女も昇級試験を受けたが、なぜか不合格だった。

オカシイですよね 私が合格なんて… オカさんのほうがタイムもフォームもいいのに…

そりゃアナタ、マジメに受けるからよ~ ワタシ、合格しないようにしてるもん!

ええ~っ!

今のコースが居心地良いので、ウッカリ昇級しないよう、試験ではヘタクソに泳ぐんだそうだ。

そんなんありッスか?!

ご出世のはずが、毎週ヘトヘトでゲンナリの私である。

あざらし
(しかし筆者近影は相変わらずこんな感じ)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2017/10/19 11:28

しゃざいの話。

久しぶりの晴天に、バタバタと溜まった洗濯をすませ、一息ついてテレビを点けたら、背広のオジサンが並んで頭を下げていた。

謝罪会見である。

また誰かが何か、知られちゃマズいことをしたらしい。

ふだんはふんぞり返って、他人にアゴの裏しか見せないオジサンが、深々と頭を下げ、薄くなった脳天を見せている姿は見苦しい。

このオジサンたちがホントのところ、これっぽっちも悪いと思っていないことは、テレビを見ている人、全員が分かってることだろう。

…悪いのはオレだけじゃない…

…会社のためだから しかたないじゃないか…

…ずっとバレなかったのに なんでオレが社長の時に…


口先で何と言おうと、言い訳や不満の空気が、オジサンたちを包んでいるのが分かるからだ。

仕事や生活上のトラブルで謝られることもあるが、ホントは別に申し訳ないとか思ってないよー的空気というのは、対面でも、電話口でも、思いのほか伝わってくる。

たまたま窓口に出ているから、その場の責任者だから、頭を下げないと引っ込んでくれないから、謝罪しているだけの、業務上の謝罪なのである。

たまにはホントに申し訳ながっている人を見てみたいもんだ、などと思っていたら、意外なところで遭遇した。

買い物途中に立ち寄った銀行のATMコーナー。通帳を入れたら、機械音のあと、画面に

ただいま記帳できるお取引はございません

しゃざい

表示の下で男女行員が謝罪している。眉をひそめ、肩をすぼめ、沈痛な表情で

記帳したいのはやまやまですが、ご期待に沿えず、本当に申し訳ありません

という風情。

いいよいいよ、取引がないのは私の責任だし、そんなに謝ってもらわなくても…

ポンポンと肩でも叩いてやりたくなる。

謝罪会見のオジサンたちは、この画面を見て練習したほうがいいと思う。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/10/18 11:32

かべがみ話。

朝夕が冷え込み始めた。

トシもトシなので、冷えは禁物である。少し早いが、暖房便座をONにした。

居心地がよくなると、心なしか滞在時間が伸びて、ふだん見ないものをしげしげと見たりする。

うちのご不浄の壁紙は、細かいつる草模様。

かべがみ

ぼーっと見てると、ふとした拍子に、葉や蔓の形がに見えてくる。

幼い子供の顔、しかめ面のオジサン、愁いを含んだ女性。「ひょっこりひょうたん島」のダンディが見えたこともある。

前に見た顔がまた見えると

アラ、お久しぶり!

声には出さないが(出したらアブナイ人だ)、なんとなく嬉しい。

かといって、不思議なことに、見ようと思って探しても見つからないのだ。

シルシをしておこうかと思ったが、ご不浄の壁に赤い丸がついていたら、お客様が驚くだろう、と思いとどまった。

今、もう1度見たいなあと思っているのは、マチスのデッサンによく似た美人の顔である。

henri matisse
(こんな女性です)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/10/17 11:30
 | HOME | Next »