FC2ブログ

ここいち話。

遅くなった。くたびれた。何でもいいからお腹に入れて帰ろう。

駅前の通り、観光客向けのお店に交じって、全国チェーンのカレー屋を見つけた。

耳に飛び込んできたのはやかましい中国語

デカいスーツケースで砦が築かれて、テーブル席に近づけないので、カウンターにした。

ここいち

先客は体格のいい西洋人の男1人。

コーラのおかわりを頼むやけに流暢な日本語や、2台のスマホを交互に眺めているのも怪しくて、なるべく離れた席をとる。

注文の皿が来るのを、氷水を飲んで待っていたら、自動ドアが開いた。

ウールのスカーフのようなヒジャブで髪を隠した、小柄な女の子だ。

店内をしばらく見まわした後、カウンターの私の隣に座った。

こういう時は両隣に等間隔に距離をとるものだが、不良ガイジン風の男を避け、比較的安全そうなオバサンの側に寄ったのか。

夜遅く、心細かったのかな。

なついてきた仔犬みたいで、かわいくなる。

聞くでもなく聞いていると、日本語はたどたどしいが、メニューはよく知っているようだ。

ブタ、no、ビフ please

ポークカレー チェンジビーフね?

さすが観光地、カウンターの中の店員もよく分かっている。信仰上豚肉は食べられないんだ。

そこの大学の学生さん?

何のお勉強をしてるの?

遠くから えらいわねえ
 

かけたい言葉はいろいろと浮かぶが、黙ってただ並んでスプーンを口に運ぶ。

バッグを肩にかけ席を立ちながら目をやると、彼女の小鼻には汗の球が浮かんでいた。

若いんだなあ。

カウンターに向かう小さな肩を、ぽんぽんと叩いてやりたい気持ちをおさえて、店を出る。

けっきょく食べ終わるまで、ほかに日本人の客は来なかった。

ありふれた夢みたいな、秋の宵だった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/10/18 11:30

からあげ話。

家で揚げ物をしないので、たまに食べたくなる。

今日は鶏のカラアゲを買って帰ろう、とスーパーに寄った。

この店は、広くもないのになぜか総菜売場が2カ所あり、カラアゲも2種類ある。

同じサイズのパックなのに、値段も100円違うのだ。

どっちにしようかな、と、主婦っぽくホッペに手を当ててみたが、ふと、両方買っちゃえという、ぜんぜん主婦っぽくない考えが浮かんだ。

2つのカラアゲは、パックの上から見ても様子が違うが、今まで深く考えることなく、あっちを買ったりこっちを買ったりしていた。

このさい、両者の差をはっきりさせておくのもいいかもしれない。

カラアゲのパックを2つ、カゴに入れてレジへ。パートのおばさんは無表情にバーコードを読み取り、値段を告げた。

ほの温かいパックを提げて、ウキウキと帰宅。

さっそく2種類のカラアゲを皿に盛ってみる。

からあげ1

まずカラアゲ1を食べる。

うまい!

からあげ2

続いてカラアゲ2を食べる。

うまい!

違いを意識しつつも、しばらく夢中で食べた。

コロモの厚さや肉の部位はハッキリと違う。味付けも一方は和風、他方は中華寄りであるようだ。

が、しかし。

だからなんなんだ

満腹になった私を襲ったのは虚しさであった。

ところでカラアゲ1と2、100円高いのはどっちでしょう?



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2018/10/17 11:30

らんちの話。

ランチには呪いがかかっている。

それは正午の呪いである。

朝ご飯と夕ご飯はみんな好きな時間に食べるのに、昼だけは12時に食べねばならない。

お昼休みが決まっている会社勤めの人はしかたがないだろう。

しかし、まるで時間が自由なのに、ランチだけは12時なのはなぜか。

12時前に昼を食べてはならない、あるいは、昼ごはんが1時を過ぎたら大変だ、と思い込んでいる人がいかに多いことか。

外食の場合その傾向は顕著であり、それは休日のショッピングモールでよく分かる。

ウインドーショッピングの女性も、食品で山盛りのカートを押す子供連れも、11時45分を回るとソワソワしはじめ、ついにはこらえきれず、ナダレを打って移動を開始する。

結果、12時台のフードコートは、阿鼻叫喚の混雑地獄になる。

彼らを突き動かすのは空腹ではなく、12時という時刻なのだ。

ラーメンやポテトをいっぱいに載せたトレーを手に、危なっかしく人混みを縫っていくお母さんに

コレお女中… お昼というのはな… 腹が減るまで食べなくてもいいんじゃよ…

と、声をかけてあげたい気持ちになるが、ヘンな目で見られるのがオチなので、やめておいた。

ふーどこーと



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2018/10/16 11:30

たずねる話。

フライパンのテフロン加工がダメになってくっつくので、新しいのを買わねばならない。

お店に行く前に、私には1つやることがある。

実家のおばーちゃんに電話して聞くのだ。

モシモシ おかーさん? フライパンの新しいの、ある?

必要なものがある時、まず母に尋ねる、この習慣はちょっと特殊かもしれない。

むかし、友人の披露宴の二次会で、

面白いイヤリングしてるね!

ドレスにピッタリよ!

会う人会う人に褒められたことがあった。

どこで買ったの?と尋ねられて答えに困ったのは、それが家にあったからである。

パーティードレスに合う、ハデで奇抜で、耳が重くなるほどデカいイヤリング。

家にあったのは、むろん母が買ったからだ。

当時すでに60目前だった母が、あんなイヤリングをナニユエ買ったのか、謎である。

母には、使うか使わないかにかかわらず買い物をする癖があり、おかげで実家は魔窟状態であるが、見ようによっては宝の山なのだ。

欲しいものを買ったら家にあった、という苦い経験を繰り返し、

極太のアクリル毛糸ある?

これくらいの(手で大きさを示す)電気ストーブない?

黒のロングスカートが要るんだけど…


何度尋ねただろう、そのたびにおばーちゃんは

あるよ

あるよ

魔法のように、求める品を出してくる。

今回のフライパンも

あるよ 確か… 

やっぱり。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/10/15 11:30

ばとるの話。

歩くのにいい季節になった。

駅への行き帰りも自転車をよして、早めに出る。

よく晴れた日、街路樹が揺れて、日向と日陰を交互に選んで歩く。

風が運んでくる子供の歓声。

湿った土と乾いた葉のにおい。

気持ちよく歩いて、小さな公園にさしかかった時、異質な声にドキッとした。

午後の平和な空気を切り裂くように、なにごとか怒鳴り合う男の声。

内容は分からないが、大変な剣幕だ。

おそるおそる公園をのぞくと、制服を着た中学生が2人、今にも殴りかからんばかりの前傾姿勢で向かい合い、早口で叫んでいる。

ケンカだ!

お巡りさんを呼ぼうか、と、ドキドキしながら見守ったが、不思議なことに、いっこうに殴り合いははじまらない。

それどころかちゃんと順番を守り、相手が怒鳴っている間は、黙って聞いているではないか。

しばらく様子を見ていたが、アホらしくなって歩きだした。

ムスコにこんなこんな、と説明したところ

ラップバトルじゃない?

と、あっさり答えが返ってきた。

ラップバトルとか、MCバトルとかいうものらしい。言われてみれば、テレビで見たことがある気もする。

あの中学生たち、家でやっていたら、お母さんに

うるさい!外でやんなさい!

とでも叱られて、表に出てきたのかな。

想像したらおかしくて、えらい剣幕で罵り合っていた2人が、かわいく思えてきた。






にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2018/10/14 11:30
 | HOME | Next »