FC2ブログ

わくちん話。

かかりつけ医のヒカワ先生に、月に1度の通院。(→あっぷの話。

いつも血圧をとってくれる看護師さんがバタバタして、先生みずから血圧計を操られた。

ゴムの締め具合や、腕をのせる枕の高さをアチコチしていただきながら、近況を報告する。

話題は新型ウィルスのワクチン接種。

いやー 大変でしたわ~

あー お母さんのぶんですか どうでした

老母もこの医院にお世話になっており、先生とは旧知である。

朝から貼りついて なんとか取れました

それは良かった…

喜んでくださる表情が、さえないと思ったら

あの、先生 先生はワクチン…

まだです

みなまで言わせずおっしゃったので、驚いた。

どうしてですか!こんなに毎日 たくさん診てられるのに!

なんでですかねえ どういう順番なのか…

いつも頼もしい先生がお気の毒で、なんだか弱弱しく見える。

じゃあ うちの母の分をお譲りし…

いやいやいや… ハハハ…そりゃダメだ そりゃイケマセン!

笑ってくださったので、少し気持が楽になった。 

診察室を出る時、先生はいつものように

おだいじに

やさしく言ってくださったが、

そちらこそ どうかお大事に…

そう返したい気持を、かろうじて抑えた。

わくちん



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2021/05/14 11:30

あっぷの話。

どうも はかばかしくありませんねエ…

かかりつけのヒカワ先生はおっしゃる。

私は持病で定期的に通院し、投薬を受けており、その検査の数値の話である。

先生はしばらくカルテとにらめっこをされた後、

よし!クスリを変えましょう!

キッパリとおっしゃった。

素直でマジメな患者である私は

どんなクスリですか?

さっそくお尋ねすると

成分は同じですよ が増えます

量…つまり1錠が2錠に…

いやいやそうじゃなくて…

たしかに、1錠を2錠にするなら、クスリを増やす、であって、変える、とは言わないだろう。

同じ成分が、より多く含まれるクスリに変える、ということらしい。

素直でマジメな患者に、むろん否やは無い。

生活上の諸注意と、処方箋をいただき、シオシオと医院を後にする。自動ドアがガーと開いたとき

値段は?クスリの値段はどうなる?

さいぜん思いもつかなかった疑問が湧いてきた。

有効成分が倍になるということは、値段も倍になるのであろうか。

素直でマジメな患者は、ビンボーな患者でもあったのである。

どうしよう… 断ればよかったかしら…

いまさら迷っても、せんないことである。

薄い財布を押さえつつ、カウンターに処方箋を出すと、なじみの薬剤師さんが

あら おクスリ変わりましたね

そうなんです レベルアップして…

まあ レベルアップ…ウフフ…

オホホ…

お付き合いで笑いながら、内心ヒヤヒヤである。

やがて薬袋が準備され、支払伝票ができてみると、クスリの値段は先月と全く同じであった。

ホッとした半面

成分が倍なのに、値段は同じってどういうこと?きっと原価なんか タダみたいなもんなんだワ!

遅ればせながら製薬会社に怒りをおぼえる、マジメな患者であった。

おくすりてちょう



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2021/05/13 11:30

せいとん話。

冷える日が続いてすっかり遅くなったが、冬じゅう使ったファンヒーターを、ようやく掃除して、片付ける運びとなった。

がすふぁんひーたー

収納の扉を開けて、あんのじょうゲンナリする。

入れたい場所に、なんとなく放り込んだものが、乱雑に詰め込まれているのだ。

片付けの前に、片付ける場所を片付けなければならないというのは、憂鬱な作業である。

だから日ごろから 整理整頓は大事なんだよね…

つぶやきが、あぶくのように浮かんで、パチンと消える前に、ちょっと引っかかった。

整理整頓というのはよく言うし、整理、も使うけど、整頓って単独ではあんまり使わないな。

整理という言葉には、人員整理とか、債務整理とか、怖い使い方もある。

それに対し整頓のほうは、こころなしかのどかだ。

家庭訪問の前に、学習机の上の文房具を並べ直している、小学生のような。

9時に出勤して、黒い腕貫をはめ、昼休みもきちんと取って、5時に帰る事務員のような。

頓の字の、トンという音のイメージもあるかも。

…おっと、またしても作業の途中で、心の旅に出てしまった。

やると決めたら、今日やらなければ。タメイキをひとつだけついて、腕まくりをした。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2021/05/12 11:30

せいらん話。

久しぶりのショッピングモール。

駐輪場へ抜ける通路の脇に自転車売場がある。

新しい自転車が欲しいなあ。

愛機白鹿号の調子はよくない。油を注したり、タイヤの空気をマメに入れて、今日もだましだまし乗ってきたのだ。

前回は白がなく断念した(→しろいの話。)けれど、せっかく通りかかったから、見て行こう。

広いフロアの一角に設けられた自転車コーナーは、目に鮮やかな新車の塗料と、機械油のにおい。

ある一角で、足が止まった。

ミントブルーの、ステキな自転車。サドルはマスタードイエロー、カゴやハンドルは焦げ茶。

大好きな配色だ。

すみませーん!

待てしばしも無く、店の奥に声をかけ、気がつけばカウンターで、防犯登録の用紙を書いていた。

2代目白鹿号は、白じゃなくちゃ、なんて言ったのも忘れ、買ってしまった新しい自転車。

古いのは引き取りますよ、と言われ、引き入れた白鹿号は、いつもに倍してボロッちかった。

乗ってきた時はこうなるとは夢にも思わなかったろう、と胸が痛んだけれど、そんな気持も、新車にまたがり、走り出した瞬間

おお、ペダルが軽い!

感激にかき消された。

ゆるい上りの坂道が、下り坂に変わったみたいに、ぐんぐん加速する。

夏に近づく風が、頬を撫でていく。

青い嵐と書いて、セイランと読む。

そうだ、おまえの名は青嵐号。青嵐号にしよう。

じぇいくのじてんしゃ 



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2021/05/11 11:30

せいしゅん話。

朝の洗顔が、冷たい水でもつらくない季節。

ザバザバ洗った顔を、タオルにうずめて

はー、サッパリした…

手に広げた色鮮やかなタオルを、ふと見つめる。

うちのタオルはほとんどがもらいもの。引出物、内祝、粗品、そんなのばかりだ。

たおるつめあわせ

数少ない例外が、今朝のこれである。

ムスメはずっと、ある音楽グループのファンであった。

テレビ番組は録画し、CDを買い、ファンクラブに入り、ライブに行ってはグッズを持ち帰った。

タオルはそのツアーグッズなのだ。

ツアータイトルが描かれたタオルは、もちろんふだんに使ったりしない。彼女の部屋のクローゼットに、大事にしまわれていた。

ある年の、連休のこと。

アパートから帰っていた大学生のムスメが、何を思ったか、自室の片付けを始めた。

1人暮らしを始めて以来、物置と化していた部屋から、散らばった雑誌を集め、洋服を袋に詰め

これ捨てといてね!

言い残すと、風のように去って行った。

その「捨てる」が大変なんだよ。いい気なもんだよな。ブツブツ言いつつ、しかたなく雑誌を縛っていると、雑誌じゃないものが混じっている。

件のミュージシャンのファンクラブの会誌だ。

○○のファンクラブ会誌あったけど これ捨てていいの?

急いでLINEで尋ねたら

あー、いい いい 捨てといて!

あっさり返事が来た。

古着の中にあった、何枚かのツアータオルを

モッタイナイからうちで使おう…

拾い上げれば、ムスメの部屋は、明るい日に照らされ、清々しく広く見えた。

彼女も、もう大人だ、そう思った。

大昔、私にもきっと、こんな日があった。それもあの日みたいな、晴れた日だった気がする。

青春の、終わりは5月。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(6) | トラックバック(0) | 2021/05/10 11:30
 | HOME | Next »