ヒメギミ本。

暑さのせいか珍しく寝つけなくて、書架から福永武彦訳の「今昔物語」を手にした。

千話をこえる原典の本朝の部より、作家が撰んだ百話あまりの現代語訳である。

適当に開いたところから読み始めて、ふと、あの話が載ってないな、と思う。

六の宮の姫君。

そういえば、五位の入道、あの話も無いな、と思った。

2つはいずれも芥川龍之介によって翻案されている。福永はそれを意識して省いたのかと思ったが、これらよりよほど有名な「鼻」「芋粥」の2つは、ちゃんと撰ばれているから、たんに好みではなかったということだろう。

六の宮と五位を同時に思い起こしたのには理由がある。

ろくのみやのひめぎみ
(「六の宮の姫君」北村薫 創元推理文庫)

この本のせいだ。

日常の謎を解き明かす、女子大生の「私」と落語家「円紫師匠」の人気シリーズの中の1冊。

彼らがここで解く謎は、芥川の「六の宮の姫君」はいかに書かれたか、そのことである。初めて読んだ時、こんなこともミステリ(それも、面白いミステリ)になるのか、と驚いた。

無粋な種明かしは避けるが、一読退屈しそうな文学史の問題を楽しく読ませるのは、登場人物の魅力的な造形だ。

中でもヒロインがいい。

知的でありながら、他者への優しさと共感に富み、落語のユーモアや随筆のウイットを愛し、少年のようにきゃしゃで清楚で、恋には奥手な女子大生。

首都圏の私立大学の文学部(おそらく早稲田の一文)所属という設定だが、こんな女子大生、およそ実在すると思えない。

「六の宮の姫君」は今昔物語のエピソードであり、また芥川の小説であり、同時にこの作品でもあるわけだが、読者はそのイメージをヒロイン「私」に重ねずにいられないだろう。

なよなよとたよりない中世の姫君と、自立を目指す現代の女子大生は、もちろん異なる。

しかし言葉のイメージというものは面白いもので、主人公のイラストレーションに題字が添えてあると、まるでこの女の子こそが姫君であるかのようなのだ。

それは決してミスリードではなく、ヒロインはこの作者にとって、いつまでも御簾のかなたにいてほしい姫君なのだ、と思う。

今日7月24日は、河童忌である。

あくたがわりゅうのすけ
(あくたがわ りゅうのすけ 1892.3.1 - 1927.7.24)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ブックガイド | コメント(12) | トラックバック(0) | 2017/07/24 11:30

クマノコ本。

30年ばかり前、はじめてロンドンに旅行した時、行ってみたい場所があった。

パディントン駅である。

くまのぱでぃんとん
「くまのパディントン」 ボンド作 フォートナム画 福音館書店

その仔グマは、ペルーのリマの「老グマホーム」に入居することになったおばさんと別れ、イギリス行きの船に忍び込んで、ロンドンのパディントン駅にたどり着いた。

ブラウン夫妻は遺失物取扱所の郵便袋の陰で、スーツケースに座っているクマに気づく。

帽子をかぶり、首には

どうぞこのくまのめんどうをみてやってください。おたのみします。

と書いた札を下げたこのクマを、夫妻は出会った場所にちなんで、パディントンと名づけた。

プーさんと並んで、イギリスで一番有名なクマ、パディントンの誕生である。

小さい頃から親しんできたこのクマの、名の由来となる場所をちょっと見てみたい。ひょっとして、記念碑とか、ちょっとしたお土産屋さんなんかが、あるかもしれない。

パディントンの駅は、国鉄と地下鉄の両方が乗り入れる巨大なターミナル駅で、ホームの数も10を超える。高い天井のエントランスを入ってすぐ、私は途方に暮れた。

およそ取り付く島もないほど、忙しそうに行き来する乗客たち。ようやっと捕まえた駅員に

パディントンベアのメモリアルはないか?

たどたどしく尋ねても、要領を得ない。

諦めず何人かに聞き続けたところ、ようやく中の1人がああ!と何かを思いついて、こっちへ来い、と手招いてくれた。

駅舎の長い廊下を歩き、ドアを入ると、そこは窓口のある長いカウンターを備えた事務室。

壁際の小さなガラスケースの中に、ぼさぼさしたクマのぬいぐるみが飾られている。

これだけ?あの有名なクマの、記念がたったこれだけ?

拍子抜けしつつも、案内してくれた係員のニコニコ顔に励まされ、パチパチと写真を撮る。

日本なら、きっと駅のそこらじゅう、ポスターに、看板に、クマだらけにするだろう。

パディントンチョコレートにパディントンクッキー、パディントン饅頭がキオスクに並ぶだろう。

ここはオトナの国なんだな、と何となく思った。

ありがとう、と部屋を出て振り返ると、扉の上に、さきほどは気付かなかった表示が読めた。

遺失物取扱所

なんだか嬉しくて、黒ずんだ金属のプレートをしげしげと眺めていると、失くし物をした人が、おかしな東洋人がいるよ、という顔をして、中に入っていった。

プレートの写真は、撮っていない。

paddington-statue.jpg
(私みたいなやつがよほど多かったのか、今は銅像があるらしい)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ブックガイド | コメント(12) | トラックバック(0) | 2017/06/25 11:56

モリマリ本。

最初になぜ手にしたのか、今となっては分からない。

しかし、とにかく大昔、少女のころから、その本は私の書棚にあった。

ぜいたくびんぼう
(「贅沢貧乏」 森茉莉 新潮社)

ボロアパートの一室で、自分の好きなものに囲まれている、筆者らしき女性の暮らしぶりが楽しくて、こんな風に暮らせたらなあ、と夢みたりした。

文中では牟礼魔利(むれ・まりあ)と表記されたモリマリその人に興味がわいて、他の著書も読んでみたが、耽美的と評されるロマンスや、親バカならぬ娘バカとしか思えない、父親・森鴎外に関する無条件の礼賛には、ついていけなかった。

キライなの!私はこれがキライなの!と、当たるを幸い切って捨てるような晩年のエッセイには、独自のものの見方があって面白いが、私にとってモリマリといえば、やはり最初に読んだあの本である。

無秩序に散らかっているように見えて、好きなもので埋め尽くされた部屋。

貧乏アパートでも、心は贅沢

他人がなんと言おうとも、自分で価値を見つけていく素敵さ。

いい大人を通り越して、おばあさんと言っていい年齢の人が、永遠の少女のような、夢みる生き方をすることに、少女の私は憧れたのだと思う。

しかし、こうして自分がいい年になってみると、また違う感じ方がある。

散らかった部屋から、自分の見たいもの、美しい部分だけを切り取って耽溺できるということは、一種の才能だ。

モリマリは、在ることを無かったような顔ができる人である。

2度結婚して2人の子供を産んでおきながら、自らを無垢な少女になぞらえることも。

今でいうゴミ屋敷状態の部屋に住みながら、欧羅巴の美や江戸の粋を語ることも。

見たくないものを見ずにいなければできるものではない。

他人の手前、無いようなふりをする、というのではなく、彼女にとって不愉快なことや嫌いなものは、ほんとうに存在しないことになってしまうのだろう。

そこに私は、子供らしい想像力よりも、女のふてぶてしさを見る。美しい人の足に、醜い座り胼胝を見てしまったような、悲しみをおぼえる。

モリマリの部屋に招かれた室生犀星は、その混沌を仔細に観察したあげく、帰り際には

このさびしい部屋

と、評して去った。

女性の美にことのほか敏感な、この文学者の眼は、信じていいのではないか。

森茉莉が、その部屋から彼岸へと歩み去ってから、もう30年になる。

もりまり
森茉莉 (1903.1.7-1987.6.6 )



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ブックガイド | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/06/06 11:30

チビネコ本。

私はずいぶんオクテで、ボンヤリした子供であった。

子供の頃の記憶といえば、窓の外を見てボーッとしていたことばかり。

ボンヤリしているからといって、何かを考えるでもない。表現するとすれば

ふきだし…

こんな感じである。

言われたことは素直にやるが、生きる意欲に乏しく、本やマンガの世界に埋もれて、フワフワしている子供だった。

その日も雑誌をめくっていた私は、あるマンガに強く惹きつけられた。

わたのくにほし
(「綿の国星」 花とゆめコミックス)

主人公は仔猫。猫の絵ではなく、耳のついた小さな女の子の姿で描かれている。

今は珍しくもない猫耳の女の子のイラストは、当時は目新しかったが、そんなことより私を驚かせたのは、この仔猫が、じつによくヒトリゴトをいうことである。

コマの中に浮かぶ雲の吹き出しに書き込まれたセリフの、何倍も多い内心の声。

私はそれまで、言葉というのは、他人に向けて発するものだと思っていた。

しかし、幼稚園児ほどに見える仔猫は、心の中にたくさんの言葉を持っている。

誰にも言わない気持ちも、言葉に変えて胸にしまっている。

誰にも届かない言葉もあっていい、そう知った時を境に、私の世界は変わったのだ。

霞に包まれ、遠くで霧笛が鳴っていた心象の世界が、にわかに色とりどりに、饒舌に、周囲の事象を語り始めた。

この季節になると思い出すのは、このマンガの最後の言葉。

おばけのような桜が
おわったとおもうと
遅咲きの八重桜

すみれや 
れんぎょう 
花厨王

黄色い山ぶき
雪柳
なんとすごい
なんとすごい
季節でしょう


緑に萌える木々、名も知らぬ花にまといつくチョウを見て、私はつぶやく。

なんとすごい
なんとすごい
季節でしょう


聞く人は無いが、それでいい。幸せな、季節がはじまる。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ブックガイド | コメント(14) | トラックバック(0) | 2017/04/27 11:06

ミカンノ本。

名前を呼ばれて振り向いたら、暖かな黄色の、まあるいものを渡された。

はい!おすそ分け…

わあ キレイ… なんていうミカンですか?

うーん… なんだっけ… 家に帰って段ボール見ればわかるんだけど…

今はいろんな品種がありますもんね

そーなの 何だっけな…確か、なんだか女の子の名前みたいな…

え?女の子?

ナンノコッチャと思ったところでお昼休みが終わったので、話はそこで中断。

家に帰って文明の利器で調べて、ナルホドと腑に落ちた。

はるみ
はるみちゃん

せとか
せとかちゃん

きよみ
きよみちゃん

じつにたくさんの女の子がいる。

ミカンというとコタツで食べるものと思っていたが、冬に出るのは温州ミカンなど一部の品種で、おおかたのミカンの旬は春先なのだという。

そういえば、

「これは レモンのにおいですか?」

で、はじまる、あのお話にも、モンシロチョウやタンポポが出てきた。

しろいぼうし
(「車のいろは空のいろ 白いぼうし」 ポプラ社)

どこか遠くから来た、この子の名前は何かしら。そう思いながら、ミカンをてのひらにのせた。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



ブックガイド | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/04/24 11:13
« Prev | HOME | Next »