FC2ブログ

こうれい話。

おばーちゃんの付き添いで、大きい総合病院に来た。

数年前に建った新しい建物は、受付ロビーもガラス張りで、外の陽射しが明るい。

昔の病院は建物から陰鬱で、病気の身の上を恨みたくなるような薄暗さだったから、こういう環境改善はありがたい。

数値には出なくとも、きっと患者の回復につながるだろう。

手続きの間、窓際に腰かけ、ぼんやりガラスの外を見れば、車回しのむこうは、広い駐車場。

点々と見えるオレンジ色に、ドキリとする。

こうれいうんてんしゃひょうしき

枯葉マークなどと揶揄されて形が変わった、高齢運転者標識

街でもたまに目にする、それが広い駐車場に、いくつもいくつも見える。

具合悪い人が来るところだもの、高齢者の比率が高いのは当然だよね、と思いつつ、病院の駐車場で起こった高齢運転者の暴走事故のことなど、頭に浮かぶ。

明るい広いガラス窓が、急に危うく見え始めて、思わず窓を離れ、柱を背にした席に移った。

おばあさんが、ご主人らしいおじいさんを座らせた車椅子を押して、しっかりした足取りで私の前を過ぎる。

高齢者があふれるロビーで、こんなことを考えるなんて、ほんとうに申し訳ない。

ごめんね、おじいさん、おばあさん。

思うだけだから、許してね。

私だって、高齢者になるまで、生きたいから。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/12/10 11:30

さばさば話。

若い頃からベッタリしたお付き合いが苦手で、女性の集団というと構えてしまう。

スポーティーだからといって油断は禁物である。運動部女子など、キャピキャピ(死語)の女子以上にジメジメして、集団になると陰湿な子が多い。

断言するが、アタシはサバサバしてるのヨという女に、ホントにサバサバした女などいない。

女性的な部分をヘンに隠しているだけ、より一層タチが悪いのだ。

さゔぁかん
(おいしいサバ缶もサバサバしていない)

春に入った合唱団も、なにしろというだけあって、たくさんの女性がいる。

ヒガシノさんとはじめてお話した時も、私は少しく警戒していた。

60代前半くらいか、ぽっちゃりした奥様風の外見。慣れない私に親切にしてくださるアドバイスを、ありがたく聞きながらも、

あ、これは一緒に帰る感じだな

憂鬱に思ったことは否めない。ところが彼女は、言うだけのことを言うと

それじゃまた 来週ね!

サッと離れて、かといって他の人と合流するでなく、ご自分の方向にサッサと行ってしまった。

アレ?と拍子抜けだが、気分はわるくない。

同じパートのヒガシノさんとは、会えばお話するようになったが、いつもこんな感じなのである。

人生経験から来る距離の取り方なのか、上手いなあ、と思う。

先日は練習の前に立ち話をし、じゃ、とそれぞれの席に分かれかけて

あ、そうだ これ うちの庭の…

コートのポケットに手を突っ込み、明るい黄色に色づいた柚子の実を1つ

来るとき ちぎってきたの

と、いきなり手のひらにのせてくださった。

爽やかな香りのむこうに、キュッと口角を上げた特徴的な笑顔を見せたと思ったら、お礼も言わせずに、もう行ってしまった。

どこにでも、カッコいい人というのはいるものである。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/12/03 11:30

さぼった話。

ガラン… ガラ… ゴト…

鈍い金属音で目が覚めた。

うるっさいなァ…

寝返りを打てば、髪から煙たいニオイ。

忘年会というにはちょっと早いが、昨晩は炉端焼に行ったのだった。久しぶりに飲んで、お風呂も面倒になって、歯だけ磨いて寝たのだ。

もうちょっと寝て、起きたら熱いシャワーを浴びよう。

ゴトン… ガラン…

にしてもうるさいなァ 何やってんだ日曜の朝っぱらから…

もう1度寝返りを打って

ハッ!今日!

飛び起きて時計を見れば、開始の9時を20分回っている。

今日は団地の清掃日。ガラガラ音がしていたのは、側溝の蓋を除けていたのだ。

マズい、マズいぞ

今から着替えて顔を洗って、飛び出しても9時半を過ぎる。

狭い敷地を、住人全員で形式的に掃除するだけだから、1時間もすれば終わってしまうだろう。

終わりがけにノコノコ出て行ったら、かえって目立ってしまう。

サボりだ!

瞬時に結論が出た。

そうと決めたら寝てればいいようなものだが、外から声をかけあって働く気配がすると、なけなしの罪悪感が湧いてくる。

モソモソと起きて、テレビを点け、カーテンを

ハッ!

今、開けたら、外にいる人と目が合ってしまう。

慌てて開けかけたカーテンを閉め、念のためテレビも消した。

シャワーを浴びたいが、風呂場の窓は外に面している。

ア~ラ 掃除にも出ないで 優雅にお風呂?

などと思われたら、ご近所づきあいに支障が出る。

外の気配に耳を澄まし、薄暗い部屋で息をひそめることしばし。

集まった住人は、やがてガヤガヤと世間話をしつつ、三々五々自分の部屋に戻っていった。

はー、やれやれ…

ホッとして、カーテンをシャッと開けたら、なぜかたった1人残っていたオジサンが、軍手を外しながら、驚いたようにこっちを見た。

くまもんぐんて
(掃除にはめるのはもったいないくまモン軍手)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/12/02 11:30

めいしょの話。

昨日はつい、紅葉狩のワルクチを書いてしまった(→ がりがり話。)が、けっして紅葉そのものがキライなわけではない。

あざやかに色づいた木を見上げて、しばし時間を忘れる。そんな日だってある。

ただ、そのために車に乗って渋滞に突っ込み、外国人観光客の群れに交じる趣味がないだけだ。

○○寺とか◎◎山とか、名前がなくても、紅葉はある。

いつも曲がる公民館の角は、3本の銀杏が見事だし、図書館の前には、木陰に鹿が似合いそうな、野趣あふれるカエデの木がある。

何年か前、仕事で出かけた小さな町。

さびれた商店街を抜け、布団屋の角を曲がった時、思わず息をのんだ。

夕日に照らされた街路樹が、高い空に一気に燃え上がったのだ。

不思議に、誰ともすれ違わない。

静かな炎のあいだを、美しい夢を見るような気持で歩いた。

わずかな時間だったが、以来その町の名は、かならずあの紅葉の景色とともに思い出される。

ガイドブックにない、自分の名所を持つことの幸せ。

昨日の雨も上がって、今日は晴れた。返却する本を持って、図書館の紅葉を見てこよう。

かえでのもみじ



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/11/29 11:30

ばんぱく話。

高校の同級生のチエは悲観的な人である。

私自身、マイナス思考ぎみの人間で、だからこそ気が合うのかもしれない。

太陽の塔の見学ツアーがあると知り、予定の合いそうな彼女を誘った時も、

いくら耐震補強したって50年前のもんでしょ 怖いからヤダ

と、言下に断られた。

しかたがないので1人で参加してきたが、チエの言葉のせいか、はじめのうち足元がソワソワして落ち着かなかった。

太陽の塔といえば、1970年大阪万博のシンボル。

55年ぶりに同じ大阪でふたたび万博が開催されることが決まった。

テレビを点ければマツイ知事以下、やったやったと喜ぶ人ばかりが映るが、

ホンマにちゃんとできるんかいな

と、私は疑っている。

50年前の大阪には活気があった。

人が小粒になってしまった今、あの時と同じものは、生まれない。

万博の経済効果、なんてことを期待する時点で、もうダメ決定なのである。

この件に関して私以上に悲観的なチエがどう考えているか、聞いてみた。

万博開催決まったね 土地の値段上がるかもね

と、あえて上向きの話題を示してみたら

そうね 固定資産税も上がるよね

と、さすがのマイナス思考で返された。

たいようのとうしゃつ
(着るだけで、あなたも太陽の塔になれる!)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2018/11/24 11:30
 | HOME | Next »