FC2ブログ

とうひょう話。

合唱の練習は週1回、地域の会場を借りて行われる。

この、会場調達は、グループの役員さんの重要な仕事である。

オオヤケの施設はネットや電話で予約できないし、融通効かしてくれたりもしない。

毎回毎回募集の日に駆けつけ、行列に並んで申し込まないとダメなのだ。

どなたかがそんな苦労をして借りたお部屋で、今週も練習中。

15分の休憩で、隣の方が席を立ちながら

ちょっと…モゴモゴ…行ってきまーす

行先はどのみちご不浄か、コンビニか、詮索する気はなかったが、聞き取れなくて???という顔をしたのだろう、丁寧に言い直してくださった。

センキョ…期日前投票に、ちょっとね

一瞬混乱して、考えて思い当たる。

なるほど!

この会館の下の階に、期日前投票所が設けられているのは知っている。

しかし、歌の練習の中途の15分で、投票に行けるという発想はなかった。

彼女はほんの数分、休憩が終わる前に悠々と戻ってきて

空いてたわよ フフフ…

余裕の笑顔で言った。

まったく、人生の先輩に、学ぶことは多い。

さんいんせん2019



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/07/21 11:30

だいなし話。

アチいなア…

ウンザリしながら吊革にぶら下がっていたら、電車が止まって、外の湿気と熱気をまとった人が、また乗ってくる。

私の隣には若い女の子が来た。

リュックサックにスニーカー、耳にはイヤフォンを突っ込んだ、今どきのフツーの子。

私はオバサンなので、若い子を眺めるのが好きだが、それにしてもパッとしない

お年頃なのだから、もうちょっとお洒落すればいいのに、とは要らぬお節介ではある。

次の駅で私の前の席が空いて、座ったらちょうど彼女を見上げる格好になった。

すると意外な発見をした。

ごついリュックの肩ベルトに押しつぶされているが、フリルのかわいいブラウスを着ている。

イヤフォンに紛れているのはきゃしゃなピアスだし、ハイカットのスニーカーの足首からは、繊細なレースの靴下が覗く。

つまりイヤフォンを外し、靴を脱いで荷物を下ろせば、ヒラヒラフリフリの女の子が現れるのだ。

イヤフォン、スニーカー、リュックサックは、いわば外出の装備である。

朝、部屋で身繕いを整えた時は、鏡に映る自分の姿に満足したに違いない。

それが玄関で靴を履き、荷物を持つと、カワイイところがすっかり隠れてしまったのに、気づかずにいるのである。

いやー惜しいねえ、惜しい!

そう思いつつ、何を言えるでもなく、先に降りる彼女を見送った。

わいやれすいやほん
(最近のイヤフォンのこの部分が分からない)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2019/07/17 11:30

まにゅある話。

駅窓口、カウンターに向かった私の手には、1枚のチラシ。

びーるこうじょうけんがく

ビール工場見学に、ランチと往復特急券がついて9千円を切るという魅惑のプランである。

分厚いマニュアルに首っ引きの駅係員に、だいたいの希望を伝え、申込人数を聞かれる。

1人ですけど…

あ、オヒトリ… えっと参加可能人数が…

がしゅがしゅマニュアルをめくっていくが、該当箇所が見つからず

シバラクお待ちください…

カウンターにマニュアルを残して、奥に引っ込んだ。

所在なく、開いたままのマニュアルに、見るともなく目をやると
まにゅある1
あっ! あの…

あやうく言いかけて、言葉を飲み込む。対内的なマニュアルを、客が読んではマズいだろう。

やがて額の汗を拭き拭き戻ってきた係員は、

オヒトリから参加可能だそうです

知ってることを丁寧に教えてくれる。

手続きは進み、もらった旅程表を見ながら、ついうっかり、また聞いてしまった。

シャトルバス乗り場、現地集合ですけど、特急降りてからはどうやって…

言いかけた途中からもう、係員の手元で繰られるマニュアルに釘付けである。

はっ!
まにゅある2
カウンターのこちら側では分かってしまったが、なぜかマニュアルに正対している係員にはこの字が見えないらしく

ショウショウお待ちください

またしても引っ込んでしまった。

マジメで一所懸命な係員で、腹も立たなかったが、私もつくづく気が長くなったものだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2019/07/10 11:30

びっくり話。

友だちのミドリちゃんに、1年ぶりに会う。

自身が経営者で、両親も成人した子供2人も同居、6人家族で猫まで飼っている多忙な彼女なので、会える機会はなかなかない。

去年も一昨年も、ちょうど今ごろ、同じ店で待ち合わせた。

先に席に着いていると、やがてちっとも急がない足取りで、ミドリちゃんが入ってきたので、コッチコッチ、と手を上げる。

誰よりも忙しいはずなのに、いつもゆったりした雰囲気に包まれた彼女に会うと、嬉しいと同時にセカセカした自分を省みて、恥ずかしくなる。

1年ぶりとも思えないほど話が弾み、ちょっと、と断ってご不浄に行った。

手を洗いながら鏡を見て、あれ、と思う。

デジャヴ?

同じ店、同じ季節、同じワタシ、既視感を覚えて当然とはいえ、あまりにもハッキリしたこの記憶は何だろう。

首をかしげつつ席に戻り、その旨報告すると、わが友はおっとりと

ああ、洋服…お洋服じゃない?

ギョッとして記憶をたどれば、去年ミドリちゃんに会った時と、同じ服を着ていた。

ご丁寧に、アクセサリーまで同じものだ。

お店に入ってきたとき タイムスリップしたかと思って ビックリしたわぁ

ウフフ…なんて笑っている。

やだなあ ビックリしたなら教えてよう!

アナタにビックリさせられるのは 今日に限ったことじゃない 昔からだからね…

アハハと笑って、さて、話題は、懐かしい昔話に戻る。

まいとしおなじふく



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(5) | トラックバック(0) | 2019/06/27 11:30

よげんの話。

にわか雨に降られて、ショッピングモールに駆け込んだ。次のバスまでここで時間をつぶそう。

とはいえ買い物も無し、チェーン店のカフェへ。

さんまるくかふぇ

空いた店内、頭上のメニューを見ながら考える。今日はあっさり薄めの、だけど冷たいコーヒーが飲みたい。

えーとアメリカンの… アイスはないのか~

ハイー スミマセン

大きなヒトリゴトに、カウンターの向こうから、お姉さんが返事をしてくれた。

じゃあ カフェオレのアイスをください

はーい ミルク多めにしますね うちのアイス、濃いーんですよね

一瞬何のことか分からなかった。

ああ、そういうことか!お姉さんは私が、濃いコーヒーの苦手な人、と思ったのだ。

ホントは違うけど、心遣いが嬉しくて、支払しながら

ありがとう きっとイイことがあるわよ~

こういうときオバサンはつい、余計なことを言う。

140円のお返しでーす ウフフ…そんなぁ…

カワイイ笑顔に

いやホント ぜったいイイことがありますって!

何の根拠もなく、声を張って予言してしまった。

ロングライフ牛乳が多めのカフェラテは、あんまり好みの味じゃなかったけれど、楽しい気持ちで最後まで飲んだ。

そろそろ、雨も止むころだろう。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2019/06/22 11:30
 | HOME | Next »