FC2ブログ

つられる話。

私は話し相手にもつられやすい。

大学の時、仲良しの1人が名古屋の人だった。

名古屋の人は、どこに行っても大阪弁の大阪人とは違い、その場の全員が名古屋人だと分かるまでは、名古屋弁は話さない。

チョイと会うだけのよそ者には決して聞けないのが、名古屋弁なのだ。

しかし、長いこと一緒にいると、ちょっとしたイントネーションや語彙が耳にとまる。

もちろんふだんは関西弁だが、その子と話すときはそれに倣うようになり、いつの間にか話せるようになっていた。

標準語でも同様のことは起こる。

関西在住の関西人でありながら、相手が標準語だとつられてしまうのだ。

1対1ならいいが、問題はたくさん人がいる場合。立食パーティーみたいなのが具合悪い。

最初に出くわした人と、標準語で楽しくお話しているところに、かねてから顔なじみのもう1人が、私を認めてやってくる。

ところが、新しい人は関西人で、常日ごろネイティブの関西弁でお話している相手だ。

その人に標準語の現場を押さえられた気まずさ。

さらに、ここで関西弁に切り替えるか、あるいは標準語を続けるかの問題もある。

いきなり関西弁になったら、それまで話していた相手も驚くだろう。かといって標準語のままでは、もう1人によそよそしい印象を与えそうだ。

イソップのコウモリなど思い出しつつ、方針はいまだ定まらない。

ひきょうなこうもり
(「わたしはつばさがあるので、とりのなかまです」こうもりはいいました)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2019/02/18 11:30

ことわる話。

同窓会のご案内

皆さん、その後お元気ですか?今年も集まりましょう!


今年??

ぜんぜん心当たりのないメールに驚いて発信者を確認すると、高校の同級生の、ハマノ君だった。

去年の春、ひょんなことから同級生数人と会った(→かわった話。)。

正式な同窓会ではないが、まあせっかくだから、と参加したのだ。

どうやら同じ顔ぶれで、今年も集まるらしい。

はァ~…

思わずタメイキが出るのは、前回ビックリするほどつまらなかったからである。

集まったのは男女3人ずつの6人。女1人を除いて、あと4人は卒業以来である。

はじめのうちは、話題も探り探り。

懐かしいなあ、から、今どうしてるの、へえ~そうなんだ、と、だんだん話が弾むのが普通だが、この時は全然そうならなかった。

共通の話題も興味もない、生温い時間が過ぎる。

顔も名前も、聞けばわかるが、今日の今日まで思い出さなかった人たちである。昔つまんなかった人が、年をとって面白くなるわけがない。

このトシになって、仕事でもないのに、退屈な集まりをガマンするなんてマッピラゴメンだ。無い用事を作って速攻でお断りの返事を出した。

ところが翌日。

再送・同窓会のご案内

全員が参加できるように日程変更しました。


ヒャー!タスケテー!

思わず悲鳴をあげた。

どうそうかい
(ラブもなければアゲインもない場合はどうすべきか)




にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(22) | トラックバック(0) | 2019/02/16 11:30

ことわる話。

今日は朝から家で仕事。

冷えで腰痛が出ないよう、厚い室内履きにひざ掛け、腰にはカイロを貼って机に向かう。

はるかいろ

たっぷり1日は覚悟した仕事だが、あんがいサクサク進み、午前中にめどがついた。

こう見えて私はヤル時はヤル女である。

お昼なに食べよう、考えていたら電話が鳴った。

モシモシ…

モシモシ ぢょん子さん?私…

友達と知り合いの間くらいの、特に名を秘す某さんだ。

急だけど、時間あったら今日、ランチしない?

えーっと…

逡巡したのは、この人、悪い人じゃないのだが、あんまり面白くない。一緒に楽しく過ごすには、こちらの努力が必要なタイプなのだ。

まあ仕事も終わったし、行ってもいいか、と、腰に手を当て、それに触った瞬間

あ、ゴメンナサイ!ちょっと予定が…

とっさに断っていた。

手に触れたのは、部屋着のズボンに、べったり貼ったカイロ

よそ行きに着替えたら、まだホカホカあったかいカイロがムダになる。かといって、みっともないズボンのまま表には出られない。

私の頭の中で、こんなくだらない計算が瞬時に行われたのである。

10個299円のカイロと天秤にかけたことは、某さんには絶対、秘密である。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2019/02/08 11:30

たんとう話。

今日は胃カメラを飲む日。

初めてではない(→ いかめら話。)が、本当に気が重い。

私はノドが敏感なので、楽なはずの経鼻内視鏡でも、先生も驚くほどオエーとなるのである。

イヤイヤ医院の門をくぐり、シブシブ診察券を出すと、いつもの受付嬢は私の名を認め、

ナガシマさーん!

1人の看護師さんを呼んだ。

そうしてくれ、と頼んだ覚えはないのだが、ナガシマさんは私の係らしい。

採血、点滴、胃カメラ、どれも怖くてたまらず、血圧が急上昇したり、貧血を起こしたりする私は、おそらく手のかかる患者なのだろう。

こんな患者が得意な人と、そうでない人がいるのか、気づけば数人いる看護師の1人が、必ず担当してくれるようになっていた。

パタパタ…と軽い足音がして、ナガシマさんが現れた。ビクビクしていることに変わりはないが、彼女の顔を見ると少しホッとする。

何度目かの胃カメラ、いいかげん慣れてもいいはずの説明なのに、まだ緊張している私の背中を、ゆっくりとさすってくれた。

泣きべそ面で見上げると、大丈夫よ、とうなずく彼女の笑顔に、励まされる。

心理的には、幼児とお母さんの関係である。

しかし、ナガシマさんは、50代の私には娘といってもおかしくない、若いお嬢さんなのだ。

恥ずかしいような、嬉しいような気持ち。

高齢になれば、年下の人に守られる、こういう機会が増えるのだろうと思うと、ちょっと複雑だ。

いかめら2
(こんな余裕の応対、絶対無理だと思う。)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2019/01/21 11:30

ことこと話。

火曜日は寝坊していい日。

お布団の中にいると、コトコトと、働く人の気配がする。

ああ、お味噌汁だ…

みそしる

あたたかなお出汁の香りのなか、起き上がると、1人暮らしの台所は寒々と、火の気もない。

寝床で嗅いだのは、お隣のお味噌汁

さいきん寒いので、居間に続きの和室で寝ているのだが、その和室のすぐ横が、お隣の台所なのである。

閉め切ったはずなのに、中古の悲しさ、サッシの建付けが甘くなっているのか、お隣の朝食の匂いが忍び込んでくるのだ。

すっかりお味噌汁の気分で起きても、うちにはその実体は存在しない。

モソモソとコーヒーを淹れ、パンをかじりながら

お味噌汁飲みたいなあ…

などと思うのは、なかなか侘しい。

お隣の奥さんがゴミ袋を触る音で、ゴミの日を思い出したりもするので、いいこともある。

今朝はなぜか、カレーを作る夢を見た。

不思議に思って起きたら、朝からタマネギを炒める匂い。

おかしくて1人、フフフと笑った。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2019/01/15 11:30
 | HOME | Next »