FC2ブログ

はらたつ話。

自治会に入っていると回ってくる回覧板、私はこいつがキライである。(→ かいらん話。

たいした内容でもないのにハンコを押さされ、次に回す手間もかかる、イライラの元だ。

今日も今日とて、ドアを開けたら、門扉に回覧板がひっかけてあった。

メンドクセエなあ…

ウンザリしつつ手に取ると、軽くて薄い。

まーたこれっぽっち…

今期の役員さんは、ペラ1枚だけの書類をまとめずに、毎度毎度回覧してくるので、頻度が多い。それもまた、イライラの元である。

さぞかし重要な回覧なんだろうね!

腹立ちまぎれにファイルを開けると

かんせんよぼうにごきょうりょくください

新型コロナウィルス感染予防にご協力ください!

どうかした時の連絡先などが明記してあって、たしかに重要っちゃ重要な通知なんだけど

こんなもん各戸に配れ!



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ごきんじょ | コメント(13) | トラックバック(0) | 2020/03/29 11:30

はくあの話。

今日も予定がない。

ヒマなのは歓迎だが、運動不足はよろしくない。晴天に誘われるように表に出た。

行方定めぬ浮雲のように…と言うは易いが、じっさいなかなかそうはできないものだ。つい、いつもの通勤ルートを歩いてしまう。

見慣れた街路も、時間の制約なしに歩くと、それはそれで楽しい。ただ通り過ぎていた塀越しに、春の花が咲いている。

のんびりした気分で角を曲がったら、いきなり目の前が真っ白になった。

少し前まで空き地だった区画に、忽然と白亜の殿堂がそびえているではないか。

晴天に映える白壁が、まばゆく目に沁みる。

あっけにとられて眺めたが、それにしても大変な家を建てたものだ。

この辺は新興住宅地で、カワイイお家やシャレた家が、普通の建売の間にポツポツと建っていて、どんな住人が出てくるのか興味がわく。

シンプル&モダンなデザイナーハウスのまえに、サビだらけの子供乗せ自転車が停まっていたり。

森の中の白雪姫の家のドアから、くたびれた中年男性が現れたり。

一生ローンを払う当事者が、家に似合わないのは物悲しい。

この白亜の豪邸の住人は雪の女王か、それともマハラジャか。

期待を込めて眺めたが、誰も出てこなかった。

はくあのでんどうたーじまはる



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/03/26 11:30

さんぱつ話。

個室を出て鏡の前に行くと、伸びてうっとうしいアタマが映る。

ああ、サンパツに行きたい…

つぶやいたら、手を洗っていた同僚のコタニさんに

散髪って…美容院と言ってくださいよ!

軽く叱られた。

美容院 帰りに行けば?あ、アレか…

新型ウィルスの関係で、控えていると思われたようだ。たしかにそんな人も多いらしいが、そうではない。

タンコブなのだ。

1か月ほど前、いいトシをして頭にタンコブをこしらえた。(→ たんこぶ話。

さいわい痛みはもう無いのだが、なかなか引っ込まない。

そもそもタンコブがある場合、美容院って行っていいものなのだろうか。

シャンプーするとき手に触れたら、美容師さんも

ナニこれ?

不審に思うだろうし、ヘンな病気ではと心配にもなるだろう。かといって、

おかゆいところはございませんか?

おかゆくはないけど タンコブが…

とは、言いにくい。

勇気を奮って出かけても、タンコブがあるような人、来てもらっては困る!と、追い返されるかもしれない。

かといって、電話をかけて

あの~ワタシ タンコブがあるんですけど…

聞くのも恥ずかしくて、できない。

コロナだからしょうがないですよね、と、とりなしてくれるコタニさんに曖昧にうなずきながら、ボサボサの頭を掻いた。

たんこぶ
(この子はボーズだがバリカンはどうするのだろう)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2020/03/24 11:30

ますくの話。

昼休みに買物に出たモリヤマさんが、デスクでなにやらムッとしている。

どうしたの、と聞くと、持ち帰ったばかりのレジ袋を広げ、中身を見せてくれた。

すりーでぃーますく

肌を潤すシート型のパックである。

あら~ まだ美しくなるつもり?

軽口をたたいても、眉間のシワは消えず

間違ったの…

まさに痛恨の面持ちである。

3Dマスクなんて、絶対あっちだと思わない?

うるおいますく

あーハイハイ、こっちね。

レジの近くにその商品を見つけた時、モリヤマさんはわれとわが目を疑った。

まさか…こんなところに…!

周囲の買物客は、商品に殺到する様子もないが、気づかれたら大騒ぎになるかもしれない。

はやる胸を押さえて、そっと手に取ったが

もうね 持った瞬間、重さがちがうから…

たしかに、美容液を含ませたシートパックは、不織布だけのマスクより、かなり重いだろう。

気がついたら 戻せばよかったのに…

それが レジの人がジーッと見てたのよね…

つとめて平静を装い、

アタシはパックを買いに来たのよ

という表情(どんな表情だよ)を作り、レジを通って帰ってきたという。

あれさー、ゼッタイわざとだよ!他に間違った人 いっぱいいると思う!

まーまー 落ち着いて…

憤懣やるかたない彼女をなだめつつ、シートパックを貼りつけて街を歩く様子を想像したら、おかしくて仕方なかった。

すりーでぃーますく2
(肝心の鼻と口が出ているのではサッパリだ)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2020/03/23 11:30

がらがら話。

読書にも飽きて、久々にDVDでも見ようとしたら、プレーヤーの調子が悪い。

まあ寿命だろうが、ヒマだから家電量販店でも見に行こうか。

時節柄空いてるんじゃないか。マケてもらえるんじゃないか。下心があったことは否めない。

予想通り、広く明るいフロアには、人がいなかったが、予想外のこともあった。

店員もいないのである。

DVDのコーナーを探してウロウロする間にも、誰にも会わないのだから尋常ではない。

途方に暮れていると、目の端にチラリと動くものが見えた。

第一村人発見!

逃してはならじと大きく手を振り

スイマセーン!

声をかける。

制服のベストがはじけそうにグラマーな、40代くらいの女性だ。

こちらを認めて小走りに近寄ってきた、その両手にはナニヤラ白い、筒状のモノが、たくさんはめてある。

何なのか、気にはなるが、まずは用件だ。

あのDVDプレーヤーが欲しいんですけど…

あ、ハイ!

えと テレビがシャープなんで…

あー私、イマイチわかんないんで わかる者呼んできます

きますね、のね、が終わるか終わらないうち、彼女はどえらい勢いで行ってしまった。

あっという間に1人取り残され、思わずボンヤリしていると、しばらくして広い通路のはるか遠くに、見覚えのシルエットが現れた。

両腕にはまだ、さっきの何かがはまっている。

と思ったら、行った時に勝るとも劣らない勢いで、駆け戻ってきた。

…ハァハァ…スミマセン 詳しい者がいなくて…

いや、そんな、ちょっと聞いてこうと思っただけだから!

お持ちのテレビの 型番とか…

うっかり言うと、また駆け出しそうな勢いなので

いやもう 大丈夫です!出直します!

必死でとどめた。人手の無い時に来た、私が悪い。自分でも下調べしてから、また来よう。

それにしても、両手にはまったままの白いモノが気になる。

ゼーゼーハーハー息を切らしている彼女には申し訳なかったが

えっと…その腕の…それは何ですか?

あ、これですか これはドライヤーホルダーで 品出しの途中で…

知っていることを聞かれた彼女は、ホッとしたように丁寧に教えてくれた。

どらいやーほるだー
(このように使うもので、便利らしい)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2020/03/15 11:30
 | HOME | Next »