fc2ブログ

げきたい話。

♪プルル… プルル…♪

忙しいのに固定電話が鳴る。今は携帯もあるし

モシモシ エコナントカのカントカと申します…

こんなセールス電話ばかりかかるなら、もう処分しちゃおうかと思う。

…いま おうちのなかの不用品買取で ご近所を周ってまして…

いつもなら、ありませんのヒトコトだけど

ご近所ってどこですか

中っ腹で聞き返すと、相手は少々たじろぎ

…○○市のほうですが…

○○市っても広いですよ どこ周ってるんですか 

えーと… ドコソコ…

そりゃ遠い 近所じゃない 

そうですか それでご不要なものなどは…

テキもなんとか立て直そうとするが、そうは問屋が卸さない。

だいたいアナタ 誰にかけてるつもり?

えーと フクヤマ様…?

ときどきかかる間違い電話の名前だ。この番号の前の使用者らしい。

うちがここに越してきて、もう20年近いというのに、いつの名簿を使ってるんだか。

何の名簿を見てかけてらっしゃるの?



名簿業者から買ってるんなら こんなの古くって使えませんって言った方がいいですよ

……ぶつっ

切れた。

セールスも大変そうだが、今日の私は、ちょっと機嫌が悪いのである。ヘヘン。

はろーぺーじ
(フリマサイトで古い電話帳を買って使ったりするらしい)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



スポンサーサイト



ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2022/11/24 11:30

おかしの話。

久しぶりに友だちとお出かけ。

ランチのあと、ぶらぶらお散歩。骨董市をひやかして、オシャレなカフェに落ち着いた。

コーヒーゼリーって おいしいわね~

ホントね~

こーひーふろーといんぜりー

ほどよい甘さが、歩き疲れた身体に沁みる。

作れば安いんだけどね~

雰囲気にウットリするだけでなく、原価を考えるあたり、やはりオバサンである。

でもさ うちで作るといっぱいできて…

そうそう、飽きるよね!

料理全般熱心でない私だが、お菓子作りには輪をかけて不熱心だ。

まず、目分量で済まない面倒くささ。

くわえて、うっかり作ると同じものを延々食べねばならないのも、尻込みする理由である。

おやつのトキメキは、いろいろの楽しさ。

同じおいしいものが続くより、ソコソコでいいから、昨日と違うものを食べたい。

そういえばおせち料理もそうよね

そうそう、作れば安いし…

やればできるけど…

やる気がしないわ ハハハ…

話題はなめらかに、お正月どうする、の話に移り変わっていく。




にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2022/11/22 11:30

ゆうせん話。

ほどほどに混んだ、夕方の電車。

始発駅でうまく席にありついた私は、持ってきた本を読み終え、ボーッとしていた。

次はターミナル駅。

ドッと乗り込んできた乗客で、車内は混雑し、空いていた前の吊革にも、女性がぶら下がった。

うっわー ビミョー

70代後半くらいの、その人を見て、とっさに浮かしかけた腰を、また下ろす。

年齢からすると、サッサと席を譲ってしかるべきところである。

しかし、彼女の念入りな身だしなみ、お金のかかっていそうな服装からは

アタシはまだまだ若い

確固たる自信がうかがわれる。

吊革をガシッとつかむ、鶏の足のような指先に、ほどこされた凝ったネイルも

60代…イエ50代には見えるはず!

強く主張しているではないか。

こういう人に(主観的には)同年配の私が、うっかり席など譲ったら

オバアサン扱いされた!

ゴキゲンを損ねること必至である。

せっかく気を使って、譲り損になるんじゃつまらない。

譲れ…席を譲れ…

隣席の若い男に念を送ってから、電車の揺れで、ヨロヨロと左右にふらつく足元を見ないように、ぎゅっと目をつぶった。

ゆうせんざせき



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



ごきんじょ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2022/11/20 11:30

ごきげん話。

どうですか最近 何か気になることは?

先生がほがらかに聞いてくださる…


昨日の記事(→まっすぐ話。)にも書いたように、かかりつけのヒカワ先生はいつもゴキゲンだ。

病人を相手に、気の滅入ることもあるだろうに、大した人格者だと思っていたところ

あのセンセイ セッカチだし怖いからやだわ

先日、近所の某さんのこんな話を聞いた。

たしかにセンセイはセッカチだ。早口だし、問診も半ばを過ぎると、椅子から腰を浮かし、今にも立ち上がりそうになっている。

それというのも待ち時間を短くするためだと思っていたのだが、怖いというのがわからない。

あんなにニッコニッコしているセンセイの、どこが怖いのか。

ずっと通っても イマイチ治んないし…

某さんのしかめっ面を見ていたら、ふと思い当たることがあった。

この人 フマジメなのでは…

とくに名を秘す某さんとは、自治会役員の活動で知り合った。

一緒に活動してみると分かるが、表立って非難されることはない程度に、ちょいちょいサボる。

叱られない程度にズルをする、こんな人は学生時代にもいたけれど、オバサンになっても直らないものなんだ、と感心した覚えがある。

センセイに、コレをやりなさい、アレは食べちゃダメ、と生活習慣を正されても

ごめんなさ~い つい…(てへぺろ)

言い訳している姿が目に浮かぶ。結果治るものも治らなければ、先生だっていい気分はしないし、怖い顔のひとつもするはずだ。

まあ、こういうことは相性なので、どちらが悪いとも言えない。

某さんが来ないぶん、ヒカワ医院が空いているなら、マジメな私にはありがたいことである。

にんていしょう



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2022/11/17 11:30

まっすぐ話。

月に1度の通院の日。

予約の15分前に到着し、診察券を窓口に出したら、待合室のいつもの椅子にかける。

前が壁になった、隅っこの席だ。

スマホを出すでもなく、置かれた雑誌を見るでもなく、ボンヤリ前方を見れば

にんていしょう

賞状みたいなものが入った、額が目に入る。

消化器病専門医証

指導医認定証

…貴殿を…規則による…認定し…


毎月毎月眺めて、文面も覚えてしまいそうなこの額、気になるのは中身ではない。

並んでかけてある、大小6つの額のうち、2つがずっと傾いているのである。

他の額との間隔が、平行になってないのだ。

ちょっと手を添えれば直せそうだが、むやみに触るべきではない、とも思う。内心葛藤していると

…さ~ん お入りくださ~い

診察室から声がかかる。

どうですか最近 何か気になることは?

先生がほがらかに聞いてくださるので

じつは そこの額が…

うっかり言いそうになるのを、あやうく呑み込んだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



ごきんじょ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2022/11/16 11:30
 | HOME | Next »