fc2ブログ

じもとの話。

朝のテレビで地元を特集していた。

県の観光大使をやっている芸人がゲスト出演しているが、VTRの感想を聞かれても、面白いくらいに何も知らない。

彼の地元は鹿や大仏からは離れた市なので、しかたないとはいえ、じゃあ私は知っているかと言われれば、はなはだ心もとない。

他の方のブログで、うちの近所の旅行記を拝見しても

へえ~ こんなのあるんだ~

初めて知ることばかりである。

毎日ウロウロしている住民に限って、案外地元のことを知らないのは、観光地あるあるだ。

世界遺産やら、話題の人気グルメやらには

めっちゃ混んでるし…

地元民は恐れをなして寄り付かない。

とりわけ華やかなことや人目に立つことの苦手な県民性ゆえ、その傾向は強いかもしれない。

やがて、5百年以上の伝統を伝える竹工芸の里の様子が画面に映り

落ち着いた素敵なところですね~

スタジオのタレントが感心している。

そういえば、この近所には知人が住んでいた。大都市の通勤圏でありながら、静かな文教地区で、たしかに住みやすいらしいが、それゆえに自分の住所を

大阪府○○市

誤って書いたという逸話も漏れ聞く。

謙遜というかなんというか、ま、そういうとこなんですよ、うちの地元。

しかのとびだし



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



てれびじょん | コメント(4) | トラックバック(0) | 2024/03/07 11:30

てぃしゅーの話。

朝のワイドショーでティシューの節約法をやっていた。

ヘエ~、なんて感心して見てるけど、じっさいやる気はない。節約しようにも、なにしろうちにはボックスティシューが無いのだ。

花粉症のムスコが、大学進学で家を出たあと、買置きが切れて、それっきりである。

ひとり暮らしになるまで、自分がティシューを使ってないことに、ちっとも気がつかなかった。

まず、ほとんどハナミズが出ない。

卓上はフキンで拭くし、指先が汚れたら洗う。

たまに風邪などひいたときは

ぽけっとてぃしゅーけーす

粗品のポケットティシューを、百均で買ったケースに入れて使うが、ふだん使わないのでそこらに見当たらず、見つけるのに一苦労する。

毎日ごくフツーに暮らしていながら、ティシューを使う機会がなかなか訪れない。

ひょっとして、私の生活には、誰もがやっている何かが欠落しているのだろうか。

私はとんでもない常識外れの人間なのだろうか。

スーパーで特売の5箱組ティシューを、両手がフッサフサになるほど買い込んだ人を見るにつけ

あんなに何を拭くんだろう…

強い不安とともに、大いなる孤独を感じる。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



てれびじょん | コメント(4) | トラックバック(0) | 2024/03/05 11:30

おわびの話。

冷たい雨の予報なので、今日は家で仕事。

…は~ ちょっと休憩…

うーんと伸びをして立ち上がり、台所でコーヒーメーカーをセットしたあと、テレビを点けた。

お昼のワイドショーは、温泉旅館を紹介していて

ふーん…

行く気もないのについ見てしまう。

コポコポ…コポ…ポポポポ…

お湯が終わる音がしたので台所に行き、マグカップを手にテレビの前に戻ると

ん?

ていせいしおわびします1

画面の上、他の文字と重なって、テロップが浮かんでいる。

先ほどの速報は誤りでした
訂正しお詫びいたします


先ほどの速報って何?

何を誤ったのか知りたくて、しばらく画面を注視していると

ていせいしおわびします2

お詫びのテロップだけがまた流れた。

いや だから先ほどの速報って何?

何を誤ったのかを言わないで、お詫びばっかり何度もされてもなア。

詫びられた気はせず、ただ苛立ちだけが残る。

これに似たことが、たしかに他にもあった気がするが、うまく思い出せない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



てれびじょん | コメント(15) | トラックバック(0) | 2024/03/01 11:30

くうはく話。

今日はちょっと家で仕事。

単純作業の眠気覚ましにテレビを点けっぱなしにしておいたら、音楽番組が始まった。

知ってる歌には鼻歌を合わせつつ、調子よく進めていたが、知らない歌も多い。

メロディーや歌詞のみならず、歌手ご本人にも

誰?!

全然知らない人がいるのは不思議だ。

一世を風靡した曲だからこその紹介なのに、なぜ知らないのか、と思ったら、共通点があった。

だいたい30年前と、25年前、その辺りの流行の知識が、ぽっかりと抜けている。

ちょうどムスコとムスメを産んだころだ。

とくに育児熱心でもなく、ワーワー泣くばかりの新生児を前に

言いたいことがあるなら 言えばいいのに…

ムリなことや

早く日本語が通じるようにならないかな~

ムダなことばかり考えている、フマジメな母親だったけれど、若かった私は、それでもその期間、流行歌を知る余裕もなく、暮らしていたのだ。

知らない昔の歌を聴きながら、ふと胸が詰まった。

せかいをかえた20にん



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



てれびじょん | コメント(10) | トラックバック(0) | 2024/02/25 11:30

つなまよ話。

土曜の朝はチコちゃん…

ちこちゃんにしかられる

…の続きで、テレビを点けっぱなしにしていたら、カネオくんの番組が始まった。

今日のテーマはおにぎりである。

消費者のお米離れが叫ばれて久しいが、おにぎり市場は例外的に活況を呈しているとのこと。

今でこそ、外での昼食に便利に利用するけれど

おにぎりを お金を出して買うなんて…

私より上の世代では、コンビニおにぎりに接したときのショックはけっこう大きかった。

同じくらい驚いたのはツナマヨおにぎりの出現である。

おっかなびっくり食べればおいしくて、今じゃ2個買う時の1個は、だいたいツナマヨだ。

売上ランキングでも、常にトップらしい。

そういえば、いつぞや職場の記念行事で、ホテルのレストランにランチを食べに行った。

蝶ネクタイのウェイターが

ナントカカントカディップ ドコダカ風でございます…

お上品に言い残した前菜は、盛付も華やかで

おいしいわねエ…

いいお味…


皆が口々にほめそやす中、とくに名を秘す某さんが

なんだろこの味…何かに似てるのよね…

言い出したので

ですよね~ 何だろう…?

つい私も同調した。

ただでさえお上品な量のカントカ風を、あわてて飲み込まないよう、じっくり吟味していると

…あっ!ツナマ…

某さんは口を押えたが、おっとりとフォークを動かしていた数人が、キッと彼女をにらんだ。

ことほど左様にツナマヨはおいしい、という話。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



てれびじょん | コメント(6) | トラックバック(0) | 2024/02/24 11:30
« Prev | HOME | Next »