FC2ブログ

やじうま話。

日本人最初の新型ウイルス感染者は、奈良の人だった。

はつのこくないかんせん

海外の滞在歴がない、ツアーバスの運転手氏に、感染が確認されたとき、

いよいよ来た…

対岸の火事が飛び火してきたことを、実感した。

バスが廻った行先を確認して、ドキドキしていたことなど、今となっては笑い話だが、そんな中、1通のメールが届いた。

東京に住んでいた時の、知人の某さん。

すっかり疎遠で、年賀状だけのやりとりになったその人に、メールアドレスを教えていたことさえ忘れていた。

お元気ですか?大変なことになりましたね…

恐ろしいウィルスの蔓延する(!)遠い土地の住人への、お見舞いのメールだった。

私はきっとひねくれているのだろう。上品な文面から、げすな野次馬根性を感じてしまった。

しんからの親切心から出た言葉か、そうでないかは、直感でわかるものだ。

この土地に来ると決めた時、さも気の毒そうに

またいつか、東京に戻れるといいわネ…

やさしく言った人である。しょせん他人事と、自分を外に置いて

なになに?どうなの?

興味津々、探りを入れてきたのが、はっきり伝わる文章に、表面上はていねいな返信をしたあと、メールは削除した。

あれから1年、東京には緊急事態宣言がなされたが、むろんお見舞いメールなどはしない。

某さんからの年賀状は、今年は来なかった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



てれびじょん | コメント(6) | トラックバック(0) | 2021/01/16 11:30

しちにん話。

テレビは朝から正月特番ばかり。

見るものが無いかと番組表を見たら、おお、あるじゃないか!

新春テレビ体操!

おととしの正月、ぐうぜん発見した(→とくばん話。)時には、わが目が信じられなかった。

なぜ、体操を新春バージョンにせねばならぬのか。大真面目なような、ふざけたような、どうにも不思議な番組だった。

起きてきたムスコにこれこれこうと話しても

ま~たまたあ~…

ぜんぜん信じてもらえなかったのである。

今年こそ、シカと存在を確かめたい。定刻より早くチャンネルを合わせ、テレビの前に待機。

…あけまして おめでとうございます

体操の先生の発声で、めでたく番組は始まった。

ほらー、やっぱり夢じゃなかった!

しんしゅんてれびたいそう1

グランドピアノ2台の伴奏にもあらためて驚くが、いちばんビックリしたのは、ふだん3人出演する体操のお姉さんが

しんしゅんてれびたいそう2

おととしの6人から、いつの間にか7人に増えていたことである。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(8) | トラックバック(0) | 2021/01/03 11:30

うわばき話。

ちこちゃんにしかられる

土曜の朝はチコちゃん。今日の最初の質問は

なんで学校で上履きを履くの?

あ、これ知ってる!

回答者がチコちゃんに叱られている間も、テレビのこちら側は余裕綽々だ。

私は知っている。上履きを履かせるのは、逃亡を防ぐためであることを。

学校ギライの子供が、教室を抜け出し、逃げてしまわないため、履いてきた靴を取り上げるのだ。

そして正解発表。

…上履きを履くのは… 出入り口をひとつにするため~!

あれー、違う?

あんなに自信満々だったのに。

なんでそんな風に思い込んでいたのか、ひとつ思い当たるのが、ムスメの高校。

その学校では、一般的な白いバレーシューズではなく、特殊な履物が指定されていた。

べんさん

いわゆる便所サンダルである。

しかも、学年によって色が決まっている。

わが子が学び舎で、かように殺風景なシロモノを履かされると知った時は、合格の喜びがいくらか目減りするほど、ガッカリした。

のちに、同様のサンダルが、刑務所や拘置所でも採用されていると知って、上記の勘違いに至ったものと思われる。

余談ながら、ベンサンと愛称されるこの履物には、根強いファンがいるとか。

彼らがベスト3に挙げる名品を製造する会社が、なぜか奈良県に集中しているらしい。

そのことが、県立高校のベンサン採用に関係しているかどうかは、分からない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(12) | トラックバック(0) | 2020/12/12 11:30

とうぼう話。

警察が来るから 車で逃げる…

髪を振り乱して、父がそう言うのである。

そんな、おとーさん危ないわ 20年以上運転してないのに!

母よ、心配するのはそこか。警察の部分はスルーなのか。

え、でも車って…もう廃車にしたんじゃ…?

なんか色々おかしいが、首をひねっているうちに、父はサッと出て行ってしまった。

警察って… どうしよう!

何をやらかしたか分からないが、高齢運転者の事故が大きく報じられる昨今である。

まず考えたのは、苗字のことであった。

うちの姓は珍しい。ニュースやネットでとりあげられれば、あそこのうち、とすぐ知れるだろう。

離婚して旧姓に戻したため、同じ姓を名乗っているムスメやムスコに、影響があるかもしれない。

きっと会社で聞かれるよね… 亭主の姓のままにしとけばよかった…

それにしても、運転しないので油断していたが、父はまだ免許証を持っていたのか。

かえすがえす免許の返納をさせておくべきだった。悔やんでも悔やみきれない。

それにしては、83歳で亡くなったはずの、父が妙に若々しい。

髪は黒かったし、いつものノロノロ歩きではなく、動きもやけに素早かった。子供の頃見ていた、40代の父としか思えない。

じゃあ私は子供?でも、社会人のムスメやムスコがいて…。

ああ、夢か!
 
起きてしばらく、まだドキドキしていた。

七回忌も過ぎたのに犯罪者役をやらされて、父はあの世でさぞかし怒っていることだろう。

とうぼうしゃ
(おそらくはこのドラマを見たことが原因)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(8) | トラックバック(0) | 2020/12/07 11:30

きみのな話。

駅を降りて夕方の曇り空を見上げたら、夕焼けが映えてとてもきれいだ。マスクの中で

わー アニメみたい!

つい声に出して、苦笑する。

きみのなは

こんなアニメの背景そっくりな雲の下、家路につきつつ

それでいいのかなあ…

ふと思った。

現実の空に近づけるため、手描き時代から続けてきたアニメーターの努力は、今の作品の背景に、見事に結実していると思う。

だからこそ、きれいな空→アニメという連想を生むに至ったわけだが、それは果たして彼らの本意だろうか。

アニメみたい!とは、つまり絵のようにキレイ!ということである。

現実を見てそう言われたとき、アニメを作る人はフクザツだろうな、などと、考え考え歩くうち、家に着いた。

手を洗い、テレビを点けて、また驚く。

りあるきみのなは

まるでアニメと同じその画像は、宇宙船の打ち上げ成功のニュースだった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/11/22 11:30
 | HOME | Next »