FC2ブログ

たずねる話。

フライパンのテフロン加工がダメになってくっつくので、新しいのを買わねばならない。

お店に行く前に、私には1つやることがある。

実家のおばーちゃんに電話して聞くのだ。

モシモシ おかーさん? フライパンの新しいの、ある?

必要なものがある時、まず母に尋ねる、この習慣はちょっと特殊かもしれない。

むかし、友人の披露宴の二次会で、

面白いイヤリングしてるね!

ドレスにピッタリよ!

会う人会う人に褒められたことがあった。

どこで買ったの?と尋ねられて答えに困ったのは、それが家にあったからである。

パーティードレスに合う、ハデで奇抜で、耳が重くなるほどデカいイヤリング。

家にあったのは、むろん母が買ったからだ。

当時すでに60目前だった母が、あんなイヤリングをナニユエ買ったのか、謎である。

母には、使うか使わないかにかかわらず買い物をする癖があり、おかげで実家は魔窟状態であるが、見ようによっては宝の山なのだ。

欲しいものを買ったら家にあった、という苦い経験を繰り返し、

極太のアクリル毛糸ある?

これくらいの(手で大きさを示す)電気ストーブない?

黒のロングスカートが要るんだけど…


何度尋ねただろう、そのたびにおばーちゃんは

あるよ

あるよ

魔法のように、求める品を出してくる。

今回のフライパンも

あるよ 確か… 

やっぱり。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/10/15 11:30

かんげき話。

お芝居を見に行く。

ムスメのお友だちがやっている小劇団の公演だ。

初日は空席もあったようだが、SNSで評判が広がったとかで、開場間もなくすでにいっぱい。

舞台をU字型に囲む客席の1つに腰かける。

少し離れた席にムスメを見つけて小さく手を振ると、こちらを認めて目で笑った。

まもなく舞台と客席の明暗が反転し、不思議な衣装のキャストたちが現れて、非日常がはじまる。

1度閉じた空間が、はるか遠くに開いていくような時間。

再び明暗が転換すると、止まっていた時計が動き始めたように、観客が流れ出した。

ロビーに出ると、ムスメは顔なじみのキャストと笑いあったり、ハイタッチしたり、大声で名前を呼ばれている。

すこし離れてその様子を見ていると、なんだか芝居の続きみたいだ。

やがて賑やかな群れから1人離れて、ムスメが私のところにやってきた。

ゴハン食べる?

いいね このへんのお店知ってる?

休日の観光地。人の流れを逆に歩きながら、店を探す。

カレーのにおいに誘われてインド料理屋へ。胡散臭いほど日本語の達者な店主の勧めるままに食べて、食べ過ぎる。

この後どうする?

打ち上げに誘われてるんだ 夜だけど

あ、そ じゃあ駅までブラブラしよっか

陶器店 ブティック 雑貨屋 カフェ。

がくわり

○○女子大生 全品10%引

なにコレ、なんで○女だけ?

近所だからじゃないの~

だいたい ○女の女はズルいのよ!モテようとして うちの大学のサークルにまで…

いつの話よ

35年前

下らない話をしていたら、駅の標識が見えてきた。

じゃ、アタシ帰るわ

じゃ~ね 

またウチにも帰っといで

うん

手を振って、右と左に別れる、そんな休日。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(10) | トラックバック(0) | 2018/10/08 11:30

がまんの話。

ムスメの風邪っぴきは続く。

ハナミズなんてかまずにタレるにまかせとけ、という私の提案は、あえなく却下された。

ハナミズがタレることと、鼻の下が赤剥けになるのを天秤にかければ、合理的な判断なのに、なぜ採用されないのか、非常に不思議である。

しかし、ハナタレのままでいるなんてキモチワルイ!と、ムスメは言うのである。

どーして?ハナがタレたって 痛くもかゆくもないよ?

だいたい おかーさんは不快に強すぎる!ほら、今も…

ムスメは、私の手にある紙パック飲料を指さした。

それ、ヌルいまま飲んでるでしょ~

だって 冷やすの忘れたし おいしくはないけど吐くほどマズくないし ガマンできるよ

フツーはそういうことはガマンしないの!

そおおー?

私はもしかしてガマン強いのだろうか。

いや、そんなわけがない。

何か飲みたいのに冷えたのがない時、ヌルいのをガマンするか、飲むこと自体をガマンするか。

ガマンするポイントが違うだけだ。

むしろ、飲むのがガマンできないほうが、もっとダメな人のような気がする。

この夏、暑くてお湯を沸かすのがイヤだったので、レトルトカレーを温めずに食べたことは、ムスメには内緒にしておこう。

ぼんかれー
(3分間待つのだぞ、と言ってるのに…)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(6) | トラックバック(0) | 2018/10/01 11:30

はなたれ話。

うー… (ズルズル…)

風邪をひいてハナタレのムスメ。

ひっきりなしに鼻をかむものだから、かわいそうに、鼻の下は赤くこすれている。

もう鼻かむの止せば?

そうはいかないよ~ タレてきちゃう~

いいじゃん タレても…

だいたい、鼻をかんだからといって、風邪は治らない。鼻の下はすりむけるし、紙はもったいないし、ロクなことがない。

しかしムスメは頑強に鼻をかむのを止めないのである。

ヤダ~ キモチワルイ~!

そりゃあ病気なんだから、少々の気持ち悪さは致し方ない。

その気持ち悪さこそが、風邪をひいた症状であり本質ではないか。

じゃー手拭いをさ ドロボーみたいに…

???

鼻の下で縛って 食い止める!

ヤダそんなの~!

提案はあっさり却下された。

おんなねずみこぞう
(美人はドロボーかぶりでも美人だなあ)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(10) | トラックバック(0) | 2018/09/30 11:30

かれーの話。

金曜日の夕方、めったに鳴らないケイタイに着信

モシモシ…

頼りない声は会社にいるムスメからだ。

風邪ひいた…そっち帰っていい?

あーハイハイ、そういうことね。

ムスメは大学時代に家を出て、就職してからも1人住まい。

旅行に映画、観劇と、オフも忙しく、連休だから、と実家に帰ってきたりしない。

しかし体調が悪いとなれば、1人より、うちで寝ているほうがいくらか安心であろう。

病気の時ばっかり、と言えばそうなのだが、じつは楽しみでもある。

小さい時から健康なムスメだが、それでもたまには熱を出す。

フトンの中でおとなしく目をつぶり、ホッペを赤くしているムスメは、とってもカワイイのだ。

何食べたい?と聞けば、消え入りそうな声で

… ゼリー… みかんの…

キャー、カーワイイ!

もちろん子供は元気でいてくれるほうが嬉しい。

だけど、時々、そんな顔を見るのも、親のシアワセだったりするのだ。

タダイマ~

マスクをしてよろよろ玄関を入って来たムスメは…アレ?顔、赤くないね。

ウン…熱はないんだけど…ハナミズが…

今回のムスメの風邪は、ハナミズばかりが滂沱と流れる、という症状であった。

何食べたい?と聞けば、カレーがいいらしい。

なァーんだ。ガッカリぃ~

とはまさか口に出せず、ちーん!と鼻をかむ音を聞きながら、タマネギとお肉をとりに、冷蔵庫に向かった。

かれーらいす



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/09/29 11:30
 | HOME | Next »