FC2ブログ

ぼっちゃま話。

イモートが小学生の時、公園でキジトラの仔猫を拾ってきた。

家猫も外飼いされ、野良猫も多かった時代。

昔ニンゲンのおばーちゃんは、ダシガラの煮干しなど投げ与え、甘やかさず野性的に育てた。

ところが仔猫は、なぜか温室育ちのようなヘタレのお坊ちゃまになった。

ケンカでは連戦連敗

出かけてはボロボロにやられ、しっぽを垂れて帰る。

雄猫がケンカに負けるということは、痛い、情けない、彼女ができないだけじゃなく、ナワバリをなくす、ということである。

負け続けたあげく、ついにうちの庭はよその猫のナワバリになってしまった。

坊ちゃまを抱いて庭に出ると、うちの庭なのに、よその猫に怒られる

けっきょく坊ちゃまは、後半生を引きこもりのニート猫として暮らした。

どうどうとうちの庭を横切るよその猫を、ガラスのこちら側で威嚇してるつもりの、はかない後姿を今も思い出す。

2月22日は猫の日

うちで飼った猫は、坊ちゃまだけである。

昔は猫を撮ったりしなかったから、坊ちゃまの写真は無い。

きじとら
(こんな感じだったはずだが思い出の中で美化されているかも)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/02/22 11:30

はしかの話。

あさおきたぢょん子ちゃんの、おかおがまっかで、おなかにぽつぽつが出ていたので、お母さんはいそいでおいしゃさまにでんわをかけました。

かかりつけの、みやわき先生です。

ああ、よかった おうしんしてくださるそうよ

お母さんはすこしほっとしたようすです。

ぢょん子ちゃんは、いたいちゅうしゃをする先生がこわかったのですが、きょうはねつでぼんやりして、先生がこられるときいても、なきません。

お母さんは、あせでぬれたねまきをきかえさせてくれてから

先生がいらっしゃるまえに いそいでかいものをしてくるわ おとなしくねていなさい

かいものかごをさげて、いちばに行ってしまいました。

おふとんのなかでうとうとしていると、げんかんで音がします。

こんにちは…

ふすまがあいて、はくいをきたみやわき先生が入ってこられました。

お母さん るすかい

いちばに行った…

そうかそうか 手を出して…

先生はおふとんから出したぢょん子ちゃんの手くびをしばらくつまむと、しかめつらになり

べろ出して…

のどのおくをごらんになりました。

それから、ひえたりょう手をよくこすってあたためると、かけぶとんをめくり、ねまきを上げて、おなかをおさえました。

うーん…

ねまきを下げながら、先生がうなったので、ぢょん子ちゃんはしんぱいになり、小さいこえで

ちゅうしゃする?

とききました。先生はくびをよこにふってから、

いいねまきだね

わらってそうおっしゃったので、ぢょん子ちゃんはうれしくなりました。

えりにお花のししゅうがある、大すきなねまきだからです。

いちばからかえって、ぢょん子ちゃんのまくらもとに、くすりぶくろがおいてあるのを見つけて、お母さんはびっくりしました。

あらあら、はやいこと!先生なんて?

お母さんるすか って おなかぽんぽんした…

ほかには?

いいねまきだって

まあ!

お母さんがいちばでかってきたみかんと、おかゆを食べてから、ぢょん子ちゃんは先生のおくすりをのみました。

いまから50年もむかしの、はしかにかかった子どものおはなしです。

かわいいおねまき



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/02/21 11:30

せつぶん話。

今日は節分。

コンビニやスーパーで恵方巻とやらが山と売られても、私はヒヤヤカに傍観するのみである。

えほうまき

本場と思われているが、関西にはエホウマキなどというモノは無い

子供の頃やらされていたのは、マキズシの丸カブリという、全く即物的な行為であった。

マキズシの方だって、今のように、カニだエビだという豪勢なのではない。

ただ切ってないだけで、寿司桶の場所ふさぎの、ありふれた太巻きとまるで同じものだ。昔は、母親も寿司屋も、子供に迎合したりしなかった。

40年以上前だって、お寿司といえばニギリが一番で、太巻きなんてハズレである。

そんなものをまるまる1本、恵方を向いて無言で食べなければならない。

子供にとっては難行苦行以外の何物でもなかった。父も何か憮然としていたと思う。

もともとは海苔屋の組合の発案だというが、切らないマキズシさえ買ってくれば、家族は文句も言えずに完食するのだから、こんなラクな習慣、母親族が採用しないわけがない。

自分が食事を用意するようになってからは、関西を離れたこともあって、すっかり忘れていた。

ところがある時、あの節分のマキズシが、エホウマキなどと名前を変え、東へ東へと攻め上ってきたではないか。

ヤバンなマルカブリの地から、安全な東方へ逃れた私を、マキズシどもは再び襲ったのである。

しかし私は負けない。

私の目の黒いうちは、切らないマキズシなど、決して家に入れないつもりである。

鬼は外!恵方巻も、外!

本日多忙のため、2015年2月3日の記事を再掲いたします。4年が経過しておりますが、恵方巻に対する態度は現在も変わりありません。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2019/02/03 11:30

うるさい話。

ガチャン!

ビクン!

もともと大きな音が苦手だが、1人暮らしでなお嵩じた気がする。

1人の家の中は、テレビであれ音楽であれ、自分の鳴らす音しか聞こえない。

ケイタイの普及で、家の電話が鳴ることも減り、予期せぬ音といえば、せいぜいインターフォンくらいである。

不意に大きな音が鳴ると死にそうにドキドキするし、人の声にも敏感になってきた。

休日の図書館で

…ねーねーままーきのうねーようちえんでねーももちゃんがねー…

句読点のない幼児の話し声に、思わず顔をしかめて、ハッとした。

自分の子供が小さい頃には、無かったことだ。

躾とか、子連れのマナーとか、けっきょく平素静かにしている人間が、慣れないやかましさに閉口するだけのことである。

こうして私も意地悪ババアになるのか。

私の祖母も、孫が来るといつも

あーややこし…

タメイキ交じりに顔をしかめていた。

祖母は私たちのような子供がキライなんだろう、となんとなく思っていた。

このトシになって、ようやっとわかる。

子供がかわいくないのではなく、あれはただ、うるさかったのだ。

孫が15人もいた祖母には、特にかわいがられた記憶もないが、1つだけエピソードがある。

私が大学に受かった時、合格発表を

見に行きたい

と、わざわざ母についてきたというのである。

昔の合格発表は、当日の朝、大学構内の掲示板に張り出され、しばらくそのままにしてあった。

孫に愛着を示さない祖母にしては珍しい、と思ったのを覚えている。

日帰りギリギリの距離を、私鉄と国鉄を乗り継いで、模造紙に書かれた私の名前を見るためだけにやってきたのか。

そう思うと、少し胸が詰まる。

ごうかくはっぴょう



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング


むかしむかし | コメント(6) | トラックバック(0) | 2019/01/26 11:30

いちじの話。

今日から大学入試センター試験がはじまる。

世代的につい共通一次と言ってしまうが、調べてみると共通一次試験の実施期間は10年ほどで、センター試験となってからのほうが長い。

私が共通一次を受けたのも、30年以上前のことになってしまった。

18歳の私は、苦手な日本史の勉強が全然進まないまま、試験前日を迎えた。

もはや悪あがきもならず、せめてもと鉛筆をピキンピキンにとがらせていると、母がやってきて

明日は寒いから、ブーツ履いていきなさい 

ええ~、いいよ、普通で…

いくら寒い日とはいえ、当地は気候温暖である。自分ではいつもの通学着で行くつもりだった。

冬の旅行のために買ってもらったキルティングのブーツはオオゲサに思えた。

冷えたらどうするの!頭寒足熱でしょ!

根が素直な私は、言われるとそんな気もして、ブーツを履き、ブーツに合うズボンをはき、それに合うジャンパーを着て、受験会場に出かけた。

到着してみると、他の受験生は、制服にコート、ソックスにローファーがほとんど。

山深い田舎からはるばる出てきたかのような、私の服装は目立った。

センター試験のニュースを見ながら、そんな思い出を話すと、おばーちゃんはなんと

なに言ってるの!足が冷えるからブーツ履いてくって聞かなかったのはアンタよ!

と言うではないか。

頭寒足熱とか、屁理屈言ってさ…

これではまるで逆だ。

わずか30年ほどで、当事者の記憶がこれだけ食い違うのだから、歴史は難しいはずだ。

やっぱり、日本史は苦手である。

わらぐつ
(「センター試験に行ってきま~す」)

本日早朝より外出のため、2016年1月16日の記事を再掲載いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2019/01/19 11:30
 | HOME | Next »