FC2ブログ

ペーター本。

佐藤憲吉、という名前にはピンとこない人でも、ペーター佐藤と言えば聞き覚えがあるんじゃないだろうか。

それもご存知ない人も、このサイン↓なら見たことがあるかもしれない。

ぺーたーさとう

ミスタードーナツの持ち帰り用のボックス。あの愛らしい少年少女のポートレートを描いたのが、ペーター佐藤なのだ。

近年はパステルや色鉛筆によるイラストが多かったが、80年代にエアブラシを用いた、未来的でクールなイラストで注目されていた彼の、画集を除く唯一の著書がこれである。

ろまんちっくらいふをつくる
(「ロマンチック・ライフをつくる―いつも美しいものに敏感でいるために」 佐藤 憲吉著 21世紀ブックス)

はじめてこの本を手にした時、私は中学生。

周囲にいる男といえばオッサンガキか、ハナをたらして野球をしているか、ビールを飲みながら野球を見ているかのどっちか。

ところがこの世の中には同じ男でも

僕のロマンチシズムの条件は、透明感があること

とのたまい、

サテンで作ったティアード・スカートの華やかさ

やら

ロマンチックに装いたい時は、ヴェールのついたカクテル・ハット

などというオニイサンも存在するのだ!と、私は大げさではなく、文字通りシビレた

ロマンチック・ライフと銘打たれたとおり、洋服だけではなく、インテリア、アクセサリー、メイクまで、美意識を持って生活する、美しいものを自分で作る、いろんなアイデアや方法が書かれている。

そのあまりのステキさに、木造平屋に住み、ホコリ臭いセーラー服を着た田舎の中学生は打ちのめされたのであった。

ちなみにこの本で

ニューヨークはワシントンスクエアの近くのユニーク・クロージングというブティック

の存在を知っていたため、ユニクロというものが出てきた時、なんだ、パクリじゃん、とすぐに分かった。

昭和52年11月初版、もちろん絶版



今日はペーター佐藤憲吉没後25年に当たり、2014年4月19日の記事を再掲いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ブックガイド | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/06/23 11:30

アツメル本。

一昨日の記事に、コレクターは男性が多い、というコメントをいただいた。

もちろん女性のコレクターもいるが、お宝鑑定の番組など見ていると、家族が困るほど物を集めてしまう人は、男性が多い気がする。

さいわいうちの身内に、蒐集癖のある者はない。

いちばんの物持ちのおばーちゃんも、好きなものを脈絡なく買う(これはこれで困ったことだが)だけで、コレクションと呼べるものはないようだ。

単なる買い物好きとコレクターの違いは、そこに無いものを欲しがるかどうか、であろう。

お買い物が好きな人はステキなものを目にすると買うが、コレクターは自分の持ち物を眺め、まだ無いものを買う。

コレクションを完全に近づけることが喜びなのだ。

…と、ここまで書いたところで、ヤバいことに気付いた。

私には物故作家の本を探す癖があるのである。

もちろん読むためであり、集めること自体は目的ではない。

なぜ物故作家に限るかといえば、生きている作家は次々と新刊を出す。そんなもんに付き合っていられないのだ。

その点、この世にいない作家の作品は、こんりんざい増えることは無い。お付き合いしていても、心はいたって安らかである。

著作をすべて読み、未読が無くなって、本棚に並ぶ本を眺める満足と安堵。

それはもしかしたら、コレクターの心理に近いのかもしれない。

物故作家のゆいいつの難点は、しだいに世に忘れられ、絶版になることである。

絶版本の相場は天井知らずだが、見た目にはただの薄汚れた古本なので、私が急に死んだらきっと捨てられちゃうだろうなと思うと、ドキドキだ。

しのじょーかー
(この黄ばんだボロい本が6000円)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ブックガイド | コメント(14) | トラックバック(0) | 2019/06/14 11:30

キボウノ本。

彼女の名前をはじめて知ったのは、母が読んでいた本。

買ったのか、婦人会のダレソレさんに借りたのか。

主婦の間に、前にあなたが買ってくれたから、今度は私が、といったように、貸し借りの間柄が成立していた、つつましい時代である。

そんな中にかなりの比率で彼女の著作が含まれていたのは、やはり当時人気があった証拠だろう。

母が手にした本だが、活字に飢えていた少女の私は、もれなくこっそり読んでいた。

はじめはエッセイ。

女が、それも大人の女が、面白くてもいいのだということを知った。

そして、ご多分に漏れず、屈折したコンプレックスのかたまりだった少女期。

恋愛なんて、標準語の美人がするもので、自分には一生縁がないと思いこんでいた。

オタフクでも、大阪弁でも、美しい恋愛はできるのだと、教えてくれたのが彼女の小説だった。

現実に周りの大人を見ていても、なかなか夢は持てないが

大人になるっていいよ 見る力さえあれば 美しいものはたくさんあるよ

そう言い続ける彼女から、大げさに言えば生きる希望を与えられた、と思う。

田辺聖子が亡くなった。享年91。

どの1冊を挙げるか迷ったが、古典世界の人を親しく感じるきっかけとなったこの本を、著者近影に代えたい。

ふぐるまにっき
(「文車日記」 新潮文庫)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ブックガイド | コメント(16) | トラックバック(0) | 2019/06/11 11:30

ハジマル本。

休暇中のムスメが、スーツケースを取りに来た。行先を尋ねても

まだ決まってな~い

ソファにひっくり返って、スマホを指でスースー送っていると思ったら、

決めた~ ここにしよ~っと

航空券もホテルもとれてしまった。まったくイマドキは、気楽なものだ。

昔の海外旅行といったら、それは大層だった。

行先を決めたら、何冊もガイドブックを買い、隅々まで熟読する。ガイドブック以外に関連書籍を見つけたら、それも読む。

そんな中の1冊にこれがあった。

てむずとともに
(「テムズとともに 英国の二年間」 徳仁親王著 学習院教養新書)

新天皇がオクスフォード留学中の経験をつづった1冊。

きゅうくつな生活を離れ、護衛もゆるやかな中、学業の傍ら、友人とパブで乾杯したり、浮世離れした言動で笑われたり、笑ったり。

異国の風物やはじめて会う人々に送る、若きプリンスのみずみずしい視線がほほえましい。

淡々と抑えた文章ながら、この人はたぶん、冗談を言おうと思えば言える人だとわかる。

考えてみれば、ハタチそこそこの若者なのだ。

初めてサイフを持ってする買い物、初めてのアイロンがけ、初めてのディスコ…。

どんな体験も、筆者には

きっとこれが、最初で最後

父の跡を襲う身であれば、今後このような日々はふたたび望めない。

あきらめか、覚悟か。だからこそ、全てが輝いて、大切で。

せつなくて、宝石のような日々が、ここにある。

今朝のテレビにはご立派になられたかつてのプリンスの姿。

あの頃の彼と同じ年ごろのムスメは

ケンジトーショーケーノギ~? ケンジト~? ト~って何?

ラチもないことを、と思ったら、スーツケースを持ってもう出かけてしまった。

今ごろは、搭乗口に立っているだろう。

行ってらっしゃい。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ブックガイド | コメント(6) | トラックバック(0) | 2019/05/01 11:30

ヒトツノ本。

ランドセルがまだ大きく見える子供と母親が、前を歩いている。

新1年生だろう。

…きょうのねえ しゅくだいはねえ…

慣れない学校で気を張ってきたのか、そのぶん甘えん坊になって、お母さんにくっついている様子が、かわいらしい。

子供も低学年のうちは、宿題も手がかかる。

私たちが子供の頃はなかった宿題のひとつに、音読というのがあった。

子供が教科書の指定された部分を声を出して読み、ちゃんと読めたらおんどくかーどというものに、親がサインをするのである。

聞いてりゃいいだけとはいえ、親だって忙しい。

食器洗いの水をジャージャー出していて、半分も聞こえなかったのに

じょうずによめました

などとコメントするのはちょっと気がひけるものだ。

しかし、国語の教科書にはときどき、たいへん悲しいお話が入っている。

それをあどけない子供の声で読まれると、家事を忘れて引き込まれた。

…一つだけのお花、だいじにするんだよ お父さんは 一りんのコスモスを ゆみ子にわたすと 戦争にいきました それから…

ずずっ…

思わず小さく鼻をすすると、子供はめざとく教科書を置いて

あれ?おかーさん 泣いてる?

泣いてない!ほら、最後まで読みなさい!

この親子にも、これからそんなことがあるのだろうな。

もつれあうように仲良く歩くふたりを、早足になって追い越した。

ひとつのはな
(「一つの花」 今西祐行著 ポプラ社)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ブックガイド | コメント(10) | トラックバック(0) | 2019/04/15 11:30
 | HOME | Next »