FC2ブログ

きせつの話。

頭が重くてイマイチ気分がすぐれない。いよいよ更年期かもと思うと、その事実自体に凹む。

仕事もパッとせず、ついに失敗をしてしまった。

気づいてすぐ、担当のオオウチさんに急いで電話で連絡し、平謝りに謝った。

ダイジョブですよぉ~、まだ間に合いますから~

オオウチさんはいつも優しい。

ついつい甘えて、実はこれこれこう…と、ここんとこの不調について話してしまった。

そういうことってありますよね~。仕方ないですよ~。今はそういう人生の季節なんですよ、きっと

人生の季節!なんていい言葉だろう!

おちば

秋に木の葉が落ちるように、私の人生は今、ションボリしちゃう時期なんだ、とオオウチさんは言うのである。

人生の秋だから、そういう季節だから、前より少し元気がなくなる。当たり前なんだと。

いいこと言うなあ、オオウチさん。6つも年下だけど、人生の師だよ。

今後、人生の秋をどう生きるべきか、じっくり考えてみるための、いい機会かもしれない。

ちょっと前向きになって電話を切った。

音を消してつけっぱなしのテレビには天気予報が映っている。

たいふう

こいつだよ!

すぐ忘れちゃうのだけど、私は台風が来ると、低気圧のせいか、いつも体調を崩すのだ。

人生の季節っていうか、台風の季節のせいだったのか。

人生の変化を考えていたのに、ただの気圧の変化だったなんて、なんかガッカリだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(20) | トラックバック(0) | 2014/10/10 09:37

いつつの話。

ムスメが久しぶりに下宿から家に帰ってくる。

翌朝食べるパンがなかったので、帰る道々買ってくるよう頼んだ。もちろん代金はこっち持ちである。

ぱん

ハイこれ、パン

と、ムスメから袋を受け取って、覗くとまた5個だ。

うちは私とムスメとムスコの3人家族。

1個ずつなら3個。2個ずつ食べるとすれば6個

しかしムスメが買ってくるパンは、いつもいつもいつも5個なのだ。

あと1個買ってはいけない、深いわけでもあるのだろうか。

おまけに、ムスメは5個買ってきたパンのうち2個は、翌朝当たり前みたいな顔して食べてしまう。

理の当然として、あと2個をムスコが食べ、私は1個しか食べられないことになる。

私もいい年だし、パンがよけい食べたいわけではないが、何か割り切れない

この「割り切れない」は、5が3で割り切れない、という意味ではないです、念のため。


にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


ごかぞく | コメント(14) | トラックバック(0) | 2014/10/09 08:35

かでんの話。

昔の家電のデザインが、ダサいだのゴタゴタしてるだのと書いたが、じゃあ今の家電がステキかというと、決してそうじゃない。

もうちょっと何とかならんか、と、いつも思っている。

例えば炊飯器一つとっても、花柄をやめたのはまあいいとして、あのはなんなんだ。

、でなきゃメタリック

どうして、水で溶いたような自然できれいな色がないのだろう。

形も、ナメラカにしとけばいいでしょ的な流線型ばかりでパッとしない。

   すいはんき
(特定の機種を批判するわけではなく、あくまで一例です)

虚心に見つめれば、こんなもんにホカホカご飯が入っているとは到底思えないし、こんな物体をドカンと置いて、しっくりくるキッチンがあるなら拝見したいものだ。

似た感じがするものがもう一つある。

自動車だ。

女性向けの軽などにはデザインやカラーに配慮したものも出ているようだが、主流になったとは言えない。

、でなきゃメタリック

誰もかれも、キレイでもステキでもない物に一日中乗っていて、なんで平気なんだろう。

忙しく行き交う無個性な営業車の列を見ていると、日本人の美意識に絶望しそうになる。



  すいはんき2
(特定の車種を批判するものではなく、あくまで一例です)


こうして並べて見ると、よく似てるなあ。

走る炊飯器と思えば、ちょっとは楽しい気分になれるだろうか。




にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


もろもろ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2014/10/07 08:36

はながら話。

昨日押すポットの画像を探していて思ったが、昔の家電や台所道具には無地というのはなかった。

炊飯ジャーも、魔法瓶も、ホウロウ鍋も花柄か、でなきゃピエールカルダン調の縞模様。

色味は何といってもオレンジなどの暖色系だ。

はながら
     (お台所のトータルコーディネート)

柄物なんてダサいという風潮が広まり、白物家電なんて言葉が流布して久しいが、ちょっと前にここんちの台所で久しぶりにお目にかかった。

げげげ
         (ゲゲゲの台所)

塩・醤油・ソースが回る卓上三点セットが泣かせるワ~。

この時代の家電は、デザインこそゴタゴタしていたけど、機能は単純明快で、そこが良かった。

炊飯ジャーはご飯炊くだけ、ポットはお湯を保温するだけ、トースターはパンを焼くだけ。

今の家電は色々できすぎて、逆にめんどくさい

例えばうちの炊飯器には、おかゆ・おこわ・炊き込み・玄米・ケーキ・高速…なんていろんな機能があるけど、その3分の1も使っていない

50年前の炊飯ジャーでいいんだよね。

昔の家電が完動状態で買えるのなら、そっちを買いたいくらいだ。

あ、でも、これは要らないかな。

はなえ

チョウチョは苦手なのよ~。それに、2層式で4万3800円は高いよね。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ


むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2014/10/06 09:52

ぽっとの話

実家では父がお茶飲みだったので、魔法瓶急須がいつも卓上に出ていた。

私自身も実家にいたころは今より頻繁に緑茶を飲んでいたと思う。

昔はどこの家にもあったのが押すポット

2おすぽっと

実家の卓上にあったのも、マツサカケイコ嬢がおすすめしているこれだ。

その日私は、自分が飲むためか、父に言われたのか、ともかく急須に湯を注いでいた。

適量の湯が入ったのでポットのボタンを押すのをやめ、急須のフタを手に取った。

そして、とても自然に、まったく無意識に、急須のフタポットの上にのせた。

きゅうすのふた    1おすぽっと

鍋でも何でも、中身を出せばフタをする。お湯を出し終えたポットにも、何かフタをのせるべきだと思ったのだろう。

いずれにせよ、急須のフタを頭に乗っけられた押すポットは、なんだかかわいらしく、恥ずかしそうだった。

何十年も前の、ほんの些細なことなのに、あの時の急須のフタのことを、今もなぜか思い出す。

そして、その度になんとなく微笑んでしまう。

急須もポットも、命のない物体なのに、そうして私のことを、いつもちょっぴり元気づけてくれるのだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2014/10/05 12:30

あぶらの話。

同年輩の方のブログを拝見していたら、懐かしい言葉に出会った。

アブラギッシュ

意味お分かりだろうか。

これは「脂ぎった」という日本語と、「エネルギッシュ (energisch)」というドイツ語をくっつけた造語である。

おもに中年男性の顔面や全体の雰囲気が、さまざまな欲望に満ちてギラギラとしている様子を表現したものだが、転じて単に油分、脂肪分が多いという程度の意味にも用いる。

あぶら
      (こういう脂は大歓迎)

はるか昔の学生の頃、大学のサークルに、ヤマギシさんという先輩がいた。

ある時から、女子学生の中の数人がヤマギシ先輩をぎっしゃんと呼び始めた。

かわいい後輩にぎっしゃん!と呼ばれたヤマギシ先輩は、ニコニコして、はいよ~!と返事をしている。

ヤマギシさん → やまぎっさん → ぎっさん → ぎっしゃん

というような変化であろう、と、私はひとり合点した。

ところが、命名した女子の一人に言うと、大笑いされた。

やーね、ちがうわよ!ヤマギシ先輩、いっつもテカテカしてるでしょ?アブラギッシュのギッシュさん、で、ぎっしゃんなのよ!

自分も女だけど、女って残酷だなー、とつくづく思ったことだった。

ずいぶん会わないが、ぎっしゃん先輩ももういい年だ。社会の荒波に揉まれつくし、いいかげん脂も抜けただろうか。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

むかしむかし | コメント(8) | トラックバック(0) | 2014/10/04 11:36

まぼろし話。

今はもう食べられない、マボロシの味、というのは誰にでもあると思う。

販売中止になった駄菓子とか、つぶれた喫茶店のナポリタンとか、ひいばあさんの煮物とか。

私のマボロシの味はシュートメのおにぎりである。

子どもが小さい時は、夏休みシュートシュートメの家に帰省した。

滞在中はドライブの好きなシュートの車に乗せられて、プールや公園に、山に釣りに、よく出かけた。

シュートシュートメは外食がキライで、そういう時は必ずお弁当を作る。

時に涼しい山の風に吹かれながら、時にプールサイドの焼けたコンクリの上で、食べるシュートメのおにぎりは本当に美味しかった。

同じ炊飯器のごはんを、同じ台所に並んで握っても、私のおにぎりよりシュートメのほうが美味しいのだ。

何故だったのか未だに不思議でならない。

そのあと色々とあって、私と元亭主は離婚したから、義理の関係は切れたわけだ。

憎み合った男の両親なのだから、正直なところ、シュートシュートメには微妙な感情もある。

しかし、ムスメとムスコにとって祖父母であることに変わりはないし、家事の達人のシュートメに教わって、今も実践していることはたくさんある。

でも、シュートメのおにぎりはもう食べられない。私にとっては、どんな高級料理よりも遠い遠い味なのだ。

  おにぎり
マンガ『あたしンち』のお母さんのおにぎりも美味しいらしい




にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ
むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2014/10/03 09:31

といれの話。

今日はちょっとシモ系(エロい方ではなく、御不浄方面です)なので、予めご注意いたします。



睡眠の悩みのない私( → ねむたい話。 )だが、実は快眠快便などと並び称せられる、排泄のほうにも全く悩みがない。

朝起きて、コーヒーを飲んで、しばらく経つと何かが訪れ、自然に御不浄に立ち、大きな苦しみも痛みもなく、その日の要件が終わる。

それが私の日常である。

今朝も、何か大きな流れに押し流されるように、御不浄のドアを開けた。

余談だが、便器のフタは、開けっ放しにすると、邪気が立ち上ってきて、家族の運気を下げるそうだ。

ムスコにも、うるさく閉めろ閉めろと言っている。

今朝はちゃんと閉まっていたので、ヨシヨシと思いつつフタを開け、腰掛けるため便器に背を向けた。

後ろで軽くパタンという音が聞こえた気がしたが、下ろしかけたオシリは止まらない。

ぺちゃ…

いつもと違う、冷たい感触。

あああッ!

私、フタの上に座ってる!

驚きと混乱、さまざま交錯するなかで、とっさに思い至ったただ一つのこと。

すぐそこまで来ているアイツを、絶対に!外に出してはならない!

腰を下ろしかけた時点ですでに緩みかけていた括約筋を、瞬時に引き締めるのは容易なことではない。

しかし、神様仏様ご先祖様のご加護のおかげか、私はその困難を成し遂げたのだ。

ありがとう!私を見守ってくれている誰か

全身の筋肉を瞬間猛烈な勢いで緊張させたためか、御不浄を出たら、ドッと疲れがきた。

今もまだ、グッタリしている。今日はもう、何にもできないかもしれない。

      フタカバー
フタカバーって意味わかんなかったけど、もしかして座っちゃった時のため?



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

もろもろ | コメント(13) | トラックバック(0) | 2014/10/02 11:21

あまがさ話。

時々お邪魔する事務所に、ふた月ぶりくらいで顔を出してみた。

あら~、お久しぶり~!

仕事の手を止めてコーヒーを淹れてくださった女性所長さんと、しばしおしゃべり。

そうそう、貴女前回いらした時にをお忘れよ。今日は忘れずにお持ちになってね

え?全然覚えがないけど。

エグチさ~ん!ホラこないだの傘、出してあげてちょうだい

スタッフのエグチさんが奥から持ち出してきたのは、どこにでもあるような女性用の傘。

わすれがさ

ご丁寧に、コピー用紙でくるっと巻いて、テープで留め、紙の上には私の名前が書いてある。

行き届いた気配りだ。

しかし一つ問題がある。

これ、私の傘じゃない

おそるおそるその旨を言うと

アラ、そんなはずないわ。前に貴女が来た日に、傘立てに残ってたんだから!ねえ、エグチさん、間違いないわよねえ~

ええ。スタッフ全員に、帰りに確認しましたし、間違いないです

えええ~?!

ホラやっぱり~!貴女のよ。すっかり忘れちゃってるのね~

そうですよ~、シッカリしてくださいよ~

エグチさんまで~!

所長、エグチさん、事務所にいるスタッフさん、全員が、私のほうを見てニコニコしている。

どうしたかって?持って帰りましたよ。仕方ないです。私以外の全員が、私の傘だっていうんだもん。

多数決ってやつです。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

もろもろ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2014/10/01 08:05
« Prev | HOME |