fc2ブログ

せーるの話。

その店の前を通ったら、セールをやっていた。

いいなと思いつつ、なんだか敷居が高くて、入ったことのない店だ。

私にとって敷居が高い店というのは、お値段の高い店ではない。

なにしろ、こちとらバブル世代である。

シャネルだろうがヴィトンだろうが、ウン万だろうがウン十万だろうが、ビクともしない。(買わないけど)

入りにくいのは若い人向けの、かわいい感じの店である。

50代って難しい。

もう少し年配になれば、若い子向けのファッションに興味を持つのも微笑ましいし、マゴに買ってやるのよ、という顔もできる。

しかし、私の年頃では、自分は若いと誤信している、あるいは若くありたいと悪あがきしているようで、いたたまれないのだ。

もちろん、ウッカリ入ったとしても、礼儀正しい店員さんは、そんな風を見せはしない。それでも

フフフ…オバサン、がんばっちゃって…

内心そう思われはしないか、ビクビクする。

しかし、セールの時なら

セール好きのオバサンですよ~

という顔ができるではないか。

ヨシ、入ってみよう。

念のため、ドア付近に示されたセールの表示を確認する。

0ぱーせんとおふ

ぜろぱーせんとおふ?

それはセールではないのでは?

そう思ったが時すでに遅し、自動ドアが開き、

イラッシャイマセ~

若いかわいい声の合唱が、オバサンを迎えた。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/11/20 11:30

ひっぱる話。

喫茶コスタリカ(→こーひの話。)の

コーヒ

という表記。

昔はこの手の庶民的なお店でけっこう目にした。

ひっぱる音を省くなら「コヒ」とでもなりそうなものを、なんで文末だけ、音引きを略しちゃうんだろう。

思い当たるのは、短い言葉の語尾をひっぱる、関西弁の特性である。

特に1字の語では、この特性が著しい。

関西人は、手を「てえ」と発音する。

目は「めえ」で、歯は「はあ」だ。

しかし、字に書く時は、ちゃんと手、目、歯と書く。

かのばか
(これは「かあ」である)

同様に、「こおひい」の末尾の「い」は、省くべきだと考えたのではなかろうか。

「コーヒ」と書いたオバチャン(なぜかオバチャンのような気がする)も、口頭では「こーひー」と発音しているに違いない。

おお、結論が出た。

しかし、この仮説は、その隣に書かれた

コーラー

によって、軽々と覆されてしまうんである。

おしょゆう
(オバチャンはこれを「おしょゆう」と呼ぶ)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/11/19 11:30

こーひの話。

昔の高校生は喫茶店に屯した。

たわいないおしゃべりとバカ笑い、そして流行のインベーダーゲーム

すぺーすいんべーだー

お小遣いが潤沢なクミポンは百円玉を何枚もテーブルに積み、ピュンピュンと音を立てて、光る虫をやっつけている。

私とサオリッチは、フトコロの温かい時にはパフェやクレープ。ふだんは飲み物1杯で、いつまでもネバる。

喫茶店で一番安いのはだいたいホットコーヒーである。冷たい飲み物は氷が溶けて薄くなるので、長居には不向きなことを知った。

あそこはコーヒー200円だよ、などと、安い喫茶店の情報にはみな敏感だった。

高校周辺で一番安いのは、喫茶コスタリカ

店名から連想される南米感はゼロ。ウエイトレスと呼ぶのもはばかられる、年齢不詳のオバチャンが、ぬるい水を運んでくる。

うっすら汚れた化粧合板の壁には手書きのメニュー。

コーヒ 100円

コーヒー、じゃないんだな、などと思いつつ、その隣に目をやると

コーラー 150円

「-」はなぜか、50円高いほうに引っ越している。

頭が痛くなるほど長っちりをして、外に出れば日は既に傾き、冷たい空気がほてった頬に快い。

あの店はどうなったのだろう。心当たりを歩いてみても、今では何のあとかたもないのだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/11/18 11:30

こーらの話。

高校生になった私には、果たしたい夢があった。

コカコーラを飲んでみたい。

その頃コーラは既に普及していたのだが、うちでは母に禁じられていたのである。

何が入ってるかわからない、あんな黒いもの…

という母のお気に入りは、透明なキリンレモン

中学の前の駄菓子屋には、チェリオという量ばかり多い炭酸飲料しかなかった。

高校で電車通学になり、小遣いもいくらか潤沢になったので、ぜひともコーラデビューをしたいものだと思っていた。

お弁当の時、その夢を語ったところ、一緒に食べていたサオリッチは、意外な反応をした。

ええっ!それは珍しいよ!

そお?

確かに、高校生でコーラ飲んだことないって珍しいね

横からクミポンも同意する。

笑われたことはあっても、珍しがられたのは初めてで、嬉しい気もしたが、話は意外な方向に転がっていく。

せっかくなんだから記録を更新して行くべきだよ!

そうだよね コーラなんて珍しくもない 飲んだことないほうがずっと…

珍しいし貴重だよね!

その日その場で、クミポンとサオリッチによる「ぢょん子をコーラから守る会」が、私の同意なく結成された。

構内の自販機に近寄ると、2人が駆け寄ってきて

何飲むの?

えーと… コーヒー牛乳…

厳しいチェックが入る。

守る会の活動は、いつしかクラス全員の知るところとなり、会員でない男子までが、通りがかりに

おい コーラ飲むなよ…

と、声をかけていく始末。

なんだかなあ、と思いつつも、私のコーラ飲まない記録は1日、また1日と伸びていく。

どれくらいやったのだろうか。けっこう長かったような、そうでもなかったような。

女子高生は移り気だ。

いつのまにか、守る会は消滅し、私もいつのまにか、当たり前にコーラを飲んでいた。

はじめてのコーラの味は覚えていないが、ただ自販機の前でキャーキャー騒いでいた、あの頃が思い出される。

あれからずいぶん経つけれども、あいかわらずコーラには、何が入っているかわからないままだ。

きょうりゅうのこーら
(今じゃお土産にもらってしまうほどのコーラ好き)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(16) | トラックバック(0) | 2017/11/17 11:30

あきかん話。

1人暮らしにもかかわらず、空き瓶や空き缶はかなりのペースで溜まる。

リサイクルに協力したいのはやまやまだが、分別回収のめんどくささはなんとかならないのか。

分別回収といっても、分けるだけでは終わらない。

牛乳パックは洗って、乾かして、平らに切り開いて。ペットボトルは洗って、ラベルとふたをとって、つぶして。

それぞれに細かくやり方が決まっている。

なんだかんだいって私はマジメなので、チマチマやるが、つぶすというのがよくわからない。

缶をつぶす機械が市販されているのは知っていても、買わされるのは業腹だ。

ぺっちゃんこにするならともかく、手でつぶしたくらいでは、たいしてカサは減らないだろう。

そんなの迷信だと思っていた。

現に回収ボックスの中を見れば、つぶさない缶がほとんどではないか。

ところが先日、回収ステーションまで持って行くのに、アルミ缶を1つ、何気なくつぶした。

すると、手提げに入りきらなかった缶が、あっさりおさまったのだ。

驚いて、残りの缶を全部つぶしてみた。

特別な用具を使ったわけではないし、満身の力を込めたわけでもない。缶の胴中を指で押しただけである。

あきかん

それだけのことで、手提げ袋に入る缶の数が、おおかたになったのだ。

つぶせつぶせというのにも理由があったのである。

今後はじゃんじゃんつぶしていきたいし、あらゆる空き缶はつぶすべきだ、と強く思っている。

曰く、過ちて改むるに憚ること勿れ

しかし、そう思って回収ボックスを見ると、つぶしていない缶ばかりが目につく。

まったく、どいつもこいつも!

以前の自分を忘れたかのように、義憤に駆られる私である。

曰く、君子豹変す



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/11/16 11:30

753の話。

休日の駅前、よそ行きを着た家族連れが、そわそわとタクシーを待っている。

大切に囲まれているのは、色鮮やかに着飾った小さな女の子

753

七五三だ。

近くの有名な神社で、ご祈祷を受けるのだろう。

3歳で髪置、5歳の袴着、7歳は帯解。洋装が主体の時代にはどれも意味がないが、七五三の習慣はすたれずに続いてきた。

年中行事が定着するポイントは2つある。まず食べ物、そしてもう1つは服装

その時だけの特別な食べ物があれば、行事は楽しみになる。

そして、ふだんできないような服装もまた、行事の楽しみに違いない。

七五三を祝う気持ちの中には、わが子に非日常的でカワイイ服装をさせる喜びが、必ず含まれているはずだ。

この日だけはパーッと派手に、せっかくだからアイドルみたいに、何枚も写真を撮って。

つつましさが美徳とされた時代にも、周囲をはばからず、大っぴらにコスプレさせられる口実が、七五三だったのだ。

しかし最近ではハロウィーンが定着して、気楽に子供に仮装をさせてうろつける。

かたや七五三は、着物にかかり、ご祈祷にかかり、何かとモノイリだ。

決まりごとが多くて気の張る七五三より、ハロウィーンで楽しくやりましょうという若い母親が増えてきそうな気がする。

なにより、伝統行事である七五三にはシュートシュートメの姿がちらつくが、ハロウィーンなら、うるさい外野抜き、ママと子供だけでやれる。

もはや他人事ながら、七五三の未来が、ちょっと心配になってきた。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/11/15 11:30

くれない話。

朝のテレビで、5歳と3歳の子供がいるという若いお母さんが

ご飯をなかなか食べてくれないんですぅ~

子供向けの料理の紹介らしいが、小さな子供がいない私には関係ない。それより気になるのは

ご飯をなかなか食べてくれないんですぅ~

という言い草である。

食べてくれない、とは何だ。

本来、食べなくて困るのは子供本人のはずなのに、なぜ食べさせてやるほうが、下手に出てお願いせねばならぬのか。

自慢じゃないが私は、離乳食などに非常に不熱心な母親であった。

トーフだの、バナナだの、大丈夫そうなものを子供の鼻先に出してみて、食べればヨシ、食べなければひっこめる。

はじめてカメを飼った時のようなものである。

こういうもんは食べるかな?あー、食べないや…

これはどうかな?おっ!食べた!


毎日が実験だ。

実験だから、もし食べなくても、そんなもんかと思うだけで、落胆や失望はしない。

さいわいムスメもムスコも食べない悩みはなかったが、もともとの性分なのか、実験が成功したのか、それはわからない。

私自身、昔は全然食べない子供だったが、長じて必要以上にデカい女になった。

そういえば、そんな食べない子の母親だったおばーちゃんはどうしていたのだろう?

エ?覚えてない?

覚えてないよそんな、50年も昔のこと…

食べてないな、と思ったら 天井を指さして

へ?

ああっ!て言うでしょ…

はぁ?

そしたら指の先を見て、ポカンと口を開けるから…

ええっ?

すかさず開いた口に放り込む!

ランボーだなあ。

いずれにせよわが一族は、食べてくれない悩みとは無縁のようである。

にぼし
(むかし飼ってたカメの好物)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(10) | トラックバック(0) | 2017/11/14 11:30

おはしの話。

海外の女性雑誌をめくっていたら、ストレスをぶっ飛ばす20の方法!という特集が載っていた。

身体を動かそう!とか、時には人の頼みを断ろう!とか、なるほどと思うことの中に

お箸でご飯を食べよう!

chopsticks.jpg

お箸で食べるディナーは、あなたをスピードダウンさせ、ストレスをなくし、心を落ち着かせます

ホントかオイ!

本当なら、1億日本国民はみんな、ゆったりとストレスなく暮らしていることになる。

周囲を見回しても、とてもそうは思えない。

おそらく重要なのはお箸じゃなく、日ごろ使わない食器を使う、というのがミソなんだろう。

ふだんナイフフォークを使う人が、慣れないお箸でぎこちなく食べるからこそ、食事に時間がかかり、生活がペースダウンする。

それではわれわれは、おでんやサバの塩焼や、筑前煮やお好み焼を、ナイフフォークで食べればいいのだろうか。

しかし、明治維新以前ならともかく、現代の日本人は、ナイフフォークに不慣れではない。

使ったことのない食器って無いか、と考えてみたが、思いつかない。ストレスをぶっ飛ばすのは、他の19の方法にするしかないようだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/11/13 11:30

おこのみ話。

商店街を歩いていたら、ふわふわんと、ソースのニオイが漂ってきた。

お好み焼き屋さんだ。

そういえばずいぶん長いこと食べていない。

関西人でありながら、私はオコノミ、タコヤキをほとんど食べないし、家でも作らない。

子供がうちにいる20年ほどの間に、2、3回作ったかな?という程度である。

しかし実家では、オコノミヤキといえば休日の昼食の定番で、週に1度は食べていた。

今のようにホットプレートなどない。母がフライパンで一枚ずつ焼き上げるオコノミを、イモートとジャンケンして、先を争って食べる。

そんな大昔の思い出をたどると、奇妙な記憶が浮かび上がる。

オコノミは、ハンバーグやトンカツの時も使う、洋皿にのって出た。

あのサイズの平らなものをのせる大きさがあるのが、それだけだったのだろう。

ホカホカのオコノミを前にしたら、各自でソースとカツブシ、青海苔をかける。マヨネーズはかけたり、かけなかったり。

しばらく新鮮なカツブシが踊るのを観察してから、おもむろに切り分けて食べる。

問題はそこだ。

私の右手にはナイフ、左手にはフォーク

そう、うちではオコノミをナイフフォークで食べていたのだ。

お皿がハンバーグと同じだから、当然みたいに思っていたが、今思い返すとヘンテコである。

確認のため、イモートに電話してみた。

ねーねー、うちってさ、昔 オコノミを、ナイフフォークで…

そうそう!私、結婚してすぐオコノミにナイフフォーク出して、コージさんに笑われたのよ!

あれってうちだけかねえ?

うちだけかなあ?

久しぶりに、オコノミ焼いてみようかな。一番大きい洋皿にのせて、ナイフとフォークで食べたら、美味しいかもしれない。

おこのみやき
(お店ではコテで切って食べる)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(22) | トラックバック(0) | 2017/11/12 11:30

はずかし話。

まず、このCMを見ていただきたい。



ツツミシンイチ氏が「茶色の小瓶」のメロディーにのせて、風呂上がりのビールのうまさを歌っている。

私はこのCMが、恥ずかしくていたたまれないのだが、ヘンだろうか。

有名俳優がビールのCMに出るのはいい。

うまそうにビールを飲み干すのもいいだろう。

しかしこの歌は何だ

ヘタだというわけではない。音程もまあまあ合っている。

何が恥ずかしいって、声の出し方が歌声じゃなくて、地声なのがハズカシイ。

歌を歌うなら歌うで、なぜちゃんと歌わないのだろう。

俳優としてのツツミ氏は、上手な俳優さんの部類に入ると思うし、キライではない。

だが、このCMの彼は、自然を装っている風が、かえって不自然だ。

見るたびにゾゾーッとして、首の後ろが痒くなり、ツツミ氏の声が聞こえないよう、ワーッと大声で叫びたくなる。

同じビールのCMに、若い女優のもあるが、同じく地声で歌っていて、同じくらい恥ずかしい。

最近ではこのビールの缶を見ただけで、首の後ろがムズムズする。

このままでは好きなビールがキライになりそうで、困っている。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/11/11 11:30
« Prev | HOME | Next »