FC2ブログ

ここいち話。

遅くなった。くたびれた。何でもいいからお腹に入れて帰ろう。

駅前の通り、観光客向けのお店に交じって、全国チェーンのカレー屋を見つけた。

耳に飛び込んできたのはやかましい中国語

デカいスーツケースで砦が築かれて、テーブル席に近づけないので、カウンターにした。

ここいち

先客は体格のいい西洋人の男1人。

コーラのおかわりを頼むやけに流暢な日本語や、2台のスマホを交互に眺めているのも怪しくて、なるべく離れた席をとる。

注文の皿が来るのを、氷水を飲んで待っていたら、自動ドアが開いた。

ウールのスカーフのようなヒジャブで髪を隠した、小柄な女の子だ。

店内をしばらく見まわした後、カウンターの私の隣に座った。

こういう時は両隣に等間隔に距離をとるものだが、不良ガイジン風の男を避け、比較的安全そうなオバサンの側に寄ったのか。

夜遅く、心細かったのかな。

なついてきた仔犬みたいで、かわいくなる。

聞くでもなく聞いていると、日本語はたどたどしいが、メニューはよく知っているようだ。

ブタ、no、ビフ please

ポークカレー チェンジビーフね?

さすが観光地、カウンターの中の店員もよく分かっている。信仰上豚肉は食べられないんだ。

そこの大学の学生さん?

何のお勉強をしてるの?

遠くから えらいわねえ
 

かけたい言葉はいろいろと浮かぶが、黙ってただ並んでスプーンを口に運ぶ。

バッグを肩にかけ席を立ちながら目をやると、彼女の小鼻には汗の球が浮かんでいた。

若いんだなあ。

カウンターに向かう小さな肩を、ぽんぽんと叩いてやりたい気持ちをおさえて、店を出る。

けっきょく食べ終わるまで、ほかに日本人の客は来なかった。

ありふれた夢みたいな、秋の宵だった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/10/18 11:30

からあげ話。

家で揚げ物をしないので、たまに食べたくなる。

今日は鶏のカラアゲを買って帰ろう、とスーパーに寄った。

この店は、広くもないのになぜか総菜売場が2カ所あり、カラアゲも2種類ある。

同じサイズのパックなのに、値段も100円違うのだ。

どっちにしようかな、と、主婦っぽくホッペに手を当ててみたが、ふと、両方買っちゃえという、ぜんぜん主婦っぽくない考えが浮かんだ。

2つのカラアゲは、パックの上から見ても様子が違うが、今まで深く考えることなく、あっちを買ったりこっちを買ったりしていた。

このさい、両者の差をはっきりさせておくのもいいかもしれない。

カラアゲのパックを2つ、カゴに入れてレジへ。パートのおばさんは無表情にバーコードを読み取り、値段を告げた。

ほの温かいパックを提げて、ウキウキと帰宅。

さっそく2種類のカラアゲを皿に盛ってみる。

からあげ1

まずカラアゲ1を食べる。

うまい!

からあげ2

続いてカラアゲ2を食べる。

うまい!

違いを意識しつつも、しばらく夢中で食べた。

コロモの厚さや肉の部位はハッキリと違う。味付けも一方は和風、他方は中華寄りであるようだ。

が、しかし。

だからなんなんだ

満腹になった私を襲ったのは虚しさであった。

ところでカラアゲ1と2、100円高いのはどっちでしょう?



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2018/10/17 11:30

らんちの話。

ランチには呪いがかかっている。

それは正午の呪いである。

朝ご飯と夕ご飯はみんな好きな時間に食べるのに、昼だけは12時に食べねばならない。

お昼休みが決まっている会社勤めの人はしかたがないだろう。

しかし、まるで時間が自由なのに、ランチだけは12時なのはなぜか。

12時前に昼を食べてはならない、あるいは、昼ごはんが1時を過ぎたら大変だ、と思い込んでいる人がいかに多いことか。

外食の場合その傾向は顕著であり、それは休日のショッピングモールでよく分かる。

ウインドーショッピングの女性も、食品で山盛りのカートを押す子供連れも、11時45分を回るとソワソワしはじめ、ついにはこらえきれず、ナダレを打って移動を開始する。

結果、12時台のフードコートは、阿鼻叫喚の混雑地獄になる。

彼らを突き動かすのは空腹ではなく、12時という時刻なのだ。

ラーメンやポテトをいっぱいに載せたトレーを手に、危なっかしく人混みを縫っていくお母さんに

コレお女中… お昼というのはな… 腹が減るまで食べなくてもいいんじゃよ…

と、声をかけてあげたい気持ちになるが、ヘンな目で見られるのがオチなので、やめておいた。

ふーどこーと



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2018/10/16 11:30

たずねる話。

フライパンのテフロン加工がダメになってくっつくので、新しいのを買わねばならない。

お店に行く前に、私には1つやることがある。

実家のおばーちゃんに電話して聞くのだ。

モシモシ おかーさん? フライパンの新しいの、ある?

必要なものがある時、まず母に尋ねる、この習慣はちょっと特殊かもしれない。

むかし、友人の披露宴の二次会で、

面白いイヤリングしてるね!

ドレスにピッタリよ!

会う人会う人に褒められたことがあった。

どこで買ったの?と尋ねられて答えに困ったのは、それが家にあったからである。

パーティードレスに合う、ハデで奇抜で、耳が重くなるほどデカいイヤリング。

家にあったのは、むろん母が買ったからだ。

当時すでに60目前だった母が、あんなイヤリングをナニユエ買ったのか、謎である。

母には、使うか使わないかにかかわらず買い物をする癖があり、おかげで実家は魔窟状態であるが、見ようによっては宝の山なのだ。

欲しいものを買ったら家にあった、という苦い経験を繰り返し、

極太のアクリル毛糸ある?

これくらいの(手で大きさを示す)電気ストーブない?

黒のロングスカートが要るんだけど…


何度尋ねただろう、そのたびにおばーちゃんは

あるよ

あるよ

魔法のように、求める品を出してくる。

今回のフライパンも

あるよ 確か… 

やっぱり。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/10/15 11:30

ばとるの話。

歩くのにいい季節になった。

駅への行き帰りも自転車をよして、早めに出る。

よく晴れた日、街路樹が揺れて、日向と日陰を交互に選んで歩く。

風が運んでくる子供の歓声。

湿った土と乾いた葉のにおい。

気持ちよく歩いて、小さな公園にさしかかった時、異質な声にドキッとした。

午後の平和な空気を切り裂くように、なにごとか怒鳴り合う男の声。

内容は分からないが、大変な剣幕だ。

おそるおそる公園をのぞくと、制服を着た中学生が2人、今にも殴りかからんばかりの前傾姿勢で向かい合い、早口で叫んでいる。

ケンカだ!

お巡りさんを呼ぼうか、と、ドキドキしながら見守ったが、不思議なことに、いっこうに殴り合いははじまらない。

それどころかちゃんと順番を守り、相手が怒鳴っている間は、黙って聞いているではないか。

しばらく様子を見ていたが、アホらしくなって歩きだした。

ムスコにこんなこんな、と説明したところ

ラップバトルじゃない?

と、あっさり答えが返ってきた。

ラップバトルとか、MCバトルとかいうものらしい。言われてみれば、テレビで見たことがある気もする。

あの中学生たち、家でやっていたら、お母さんに

うるさい!外でやんなさい!

とでも叱られて、表に出てきたのかな。

想像したらおかしくて、えらい剣幕で罵り合っていた2人が、かわいく思えてきた。






にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2018/10/14 11:30

ぼきんの話。

今年も赤い羽根共同募金運動がはじまっている。

長い顔に雪駄の鼻緒のような下がり眉の首相が、背広の胸に麗々しく赤い羽根を挿している。

あれでいくらかでも広告効果はあるのだろうか?

団地の自治会でも期間中は募金を集める。

といっても、箱を持って立つのではなく、回覧板が回ってくるだけだ。

募金したい人は、名前と募金額を記入しておくと、後日役員さんが集金にきて羽根をくれる。

私もお隣のご主人の名前の下に、上の欄と同じ金額を記入した、つもりだった。

ところが昨日。

回覧済みで、うちのハンコだって押してある回覧板が、門扉にひっかけてあった。

オカシイな、と中を見たら、ずらりと並んだ記名欄に、うちだけ記入がない

あとで書こうと思っていて、そのまま回してしまったらしい。

班のどなたかが、うちが記名してないのに気づき、戻してくれたのだろう。

ペンをとり、記名しかけて、ふと思う。

この募金、希望者のみの任意じゃないのか?

募金したくない、もしくはできない場合は、書かないことで意思表示するのが本来だろう。

しかし、この自治会では、記名をしていないと、差し戻しになるようである。

もし、このまま書かずに回したら、また戻ってきてしまうのだろうか?

うっかり薄気味悪いものを見た、気がする。

あかいはねきょうどうぼきん



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2018/10/13 11:30

でんばあ話。

気づけばブログを書き始めて5年が経過している。

私のことをぢょんさん、と呼んで親しんでくださる方もいく人かいらっしゃる。

ここでの筆名を、このアメリカ人歌手の名前に決めたのは本当にたまたま。

じつのところ、とくに好きでもない。

何の共通点もなく、男女すら曖昧にしておこう、と思って選んだ名前だ。

現実の自分に関係なく、好き勝手が書けるだろうと思ってのことだが、フタを開けてみれば日々、現実と地続きみたいな記事しか書けないでいる。

うかつなことに、私はこの人のことを、丸眼鏡の人のよさそうな笑顔といくつかのヒット曲以外、ほとんど知らない。

遅ればせながら、検索サイトで「ジョン デンバー」と打ってみた。

エゴサーチみたいで変な感じである。

ジョン・デンバー(John Denver)アメリカ合衆国のシンガーソングライター。

うん、それは知ってる。

本名はヘンリー・ジョン・デュッチェンドルフ・ジュニア。芸名は、こよなく愛したコロラド州の州都デンバーにちなむ。

あ、そうなの。早くも知らない事実が。

親しみやすい曲調と情感あふれる歌詞が特徴。1971年に発表したシングル「故郷に帰りたい(Take Me Home, Country Roads)」が大ヒットした。

あ、この曲は知ってるぞ。

1976年、コロラド州スノーマス近郊にニューエイジ・コミューンを作り、合気道によって宇宙精神と合致することを目指し、ピラミッドのなかで瞑想を行った。

え?

1982年、妻の首を締め、チェーンソーでベッドを切断するなどの家庭内暴力を原因に離婚。1994年、自伝で薬物使用、不倫、元妻への暴力を語る。

えええ???

航空機の収集家で複数機を所持。1997年、休暇中、操縦するプロペラ機が墜落し死亡。遺体は損傷が激しく身元確認は指紋によった。

うわあ…。

あんな平和な笑顔をしてて、けっこうヤバい人だった。

最初に知ってたら、この名前にしなかったかも、と思うと、複雑な気分だ。

1997年10月12日、53歳没。

この5年の間に、ご本人の年齢を越えていたことを知り、そのことも地味にショックである。

christmas together
(そうと知ってから見るとこの笑顔が怖い)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(20) | トラックバック(0) | 2018/10/12 11:30

はたびの話。

休みのあくる日。

けっきょく 昨日は何の日だったの?

えーっと… 体育の日?

ちかごろはマッタク… 体育の日は10月10日!それでいいじゃない! 

むかっ腹を立てるほどではないが、私もおばーちゃんに同感だ。

そういえば 昔は祝日に国旗出してたね

祝日じゃなくて旗日って言ってたしね

こっき

暗くなる前にはキチーッと取り込んで…

おとーさんはマジメだからねえ 

祝日の夜、座敷に国旗を広げて畳んでいた、父の姿は今も記憶にある。

今どき、あんなことをしている家庭はあるのだろうか。

私も貧しいながら一家を構える身であるが、国旗を備えようと思ったことはない。

そもそも国旗ってどこで買うの?

商店街のアヅマヤ覚えてる?

アヅマヤ?呉服屋じゃん

そうそうアヅマヤ あそこで売ってるの

へえー!

国旗は呉服屋。50歳にして初めて知る事実だ。

だからって買いに行こうとは思わないけど。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2018/10/11 11:30

たまごの話。

たまご

ときどき玉子が余る

生協で毎週1パック届くのだが、ボヤボヤしてると、食べきらないうちに次が来てしまう。

1人暮らしの身で、冷蔵庫に10個以上玉子があると、ちょっと焦る。

慌てて玉子3個のオムレツを食べたりもしたが、さいきんは古いほうを茹で玉子に作っておく。

茹でると賞味期限が伸びる気がして、とりあえず安心だ。

昨夜も寝る前になって、あ、玉子茹でておこう、と思いつき、鍋を持って冷蔵庫を開けた。

ドアポケットに右手を伸ばした時。

めしゃっ…

何が起こったのか分からず、左手に持った鍋の中を見ると、玉子が1個割れている

あーあ、落としちゃった、大失敗!

あらためて見回せば、足元も、冷蔵庫の扉も、どこも1滴も汚していない。

ただ鍋の中に割れた玉子があるだけだ。

おおー、ナイスキャーッチ!

これははたしてナイスなのか?それとも失敗なのか?

しばらく考えたが、いいトシして夜中に玉子(しかも殻が入ってる)の鍋持って、何やってんだ、とおかしくなって、我に返った。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2018/10/10 11:30

かちょうの話。

タカタ課長は、OL時代の最初の配属先の上司。

新人OLだった私が50のオバサンになったのだから、今のタカタ課長はもちろん課長ではないが、私の脳内では職位が更新されないままだ。

もうずっとお会いしないが、年賀状だけは続いていた。

何年か前にリタイアされて、珍しくお手紙が来て、お懐かしくてお返事したら、しばらくしてその返事、と、ぽつぽつ文通になった。

たいしたことが書いてあるわけではない。現役を退いてお家にいらっしゃるから、日々のトピックにも限りがある。

こっちの返事に書くこともなくなり、ちょっと困ったなあと思い始めたころ。

ある時、近況報告とともに、1枚の鉛筆画が同封してあった。

「麗しのサブリナ」のヘプバーンが、ものすごく丹念に描き込まれている。

絵としては特に感心しないが、タカタ課長がかけた時間を想像するとスルーもできない。

次の返事で社交辞令的に褒めたところ、矢継ぎ早に新作が送られてきた。

作品のテーマは主に往年の映画スターで、スチール写真の模写らしい。

2枚3枚と1度に届く枚数が増え、しだいに封筒が分厚くなっていく。

しょうじき、シロートの鉛筆画なんて、もらっても仕方がない。

遠回しに、せっかくの作品を申し訳ない、と伝えたが、見てもらうのが嬉しいのでお気遣いなく、と言われてしまった。

近頃は、ポストにタカタ課長の筆跡が見えると、なんだか憂鬱でならない。

今日は世界郵便デー

せかいゆうびんでー



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2018/10/09 11:30
 | HOME | Next »