FC2ブログ

ぺーぱー話。

どういう理屈か分からないが、ウィルスの影響でトイレットペーパーが無くなる、というデマが飛んでいる。

慌てた人が買いだめに走り、お店によっては品薄になっているらしい。

先日の、SNS情報の件(→ろーばの話。)を思い出し、おばーちゃんが心配になった。1人暮らしの老母のこと、大した買い置きもあるまい。

紙を買いに駆け出して、転んだりしたら大変だ。

…あモシモシ…おかーさん?

ハイハイ 何?

聞いてる?トイレットペーパーの話…

あー、誰かなんかそんなこと言ってたネ

買いに行かないでよ お店だって混んでんだから

ダイジョブダイジョブ!

足りないなら 3パックあるから 届けるから

私は買い置きはしないが、トイレットペーパーだけは、神戸の震災以来、買っておく習慣がある。

ハハハ… ウチなんかもっとあるよ!

へ?

3パックなんてアンタ… 少ない少ない!

ええーっ?!

ニホンジンはね 何かあると紙を買いだめするって 分かってるし

…はー…

アタシなんか 過去の経験があるからね!

さすが、オイルショック世代の主婦は違う。

おいるしょっく

それにしても、あの、モノであふれた実家のどこに、トイレットペーパーの備蓄場所があるのか。

少なくとも私は、そんな大量の紙を見たことがない。

もしかしたらあの家に、未知の魔窟があるのかと思うと、うっすら寒気がした。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ごかぞく | コメント(12) | トラックバック(0) | 2020/02/29 11:30

たんこぶ話。

かかりつけ医に行ってみたら、ガラガラだった(→かんげい話。)ことから

そうだ、今なら…

ふと思い立った。

20近い診療科を標榜する、地元の総合病院。いつも混雑で何時間も待たされるが、今なら空いているのではないか。

じつは少し前から気がかりなことがある私。

何をか隠さん、いいトシをして、頭にタンコブをこしらえたのである。

なぜそうなったかは聞かないでいただきたい。

漫画みたいなタンコブ、髪の中なのがまだしも救いだが、かれこれ2週間になるのに、いっこうに引っ込まない。

おそるおそる触ってみると、あいかわらずポコンと出っ張っている。

痛みはもう無いが、タンコブってこんなに長いこと治らないものだったろうか。場所が場所だけに、不安になる。

寝返りを打つにも気になって、ずっと寝不足だし

もしやこれは はみ出たノーミソでは…

余計な想像をすると、胸がドキドキして血圧も上がり、仕事に差し支える。

思い切って病院の門をくぐれば、あんのじょう、自動ドアが開いた瞬間から、空いている。

受付から診察まで、記録的なスピードでクリア。

脳外科の先生も心なしかのんびりと

どうしましたぁ?

あの…じつはその…タンコブが…

は?

タンコブがちっとも治らないもんで…

後ろ頭を見せれば、どれどれと髪をかき分けて、ライトで照らしている様子。

大丈夫大丈夫 いつぶつけたって?

えと2週間くらい…

じゃあこんなもんだよ 知らないうちに治る

ホントに?てっきりノーミソがはみ出したかと 心配で…

傍に控えし看護師さんと声を合せ、ハハハと笑われたのは恥ずかしかったが、ホッとした。

会計もすごい速さで済んで、外に出れば街の景色も、なんだか明るく見える。

初診料プラス380円は、安心料としても安い、と思う。

たんこぶ
(こんなにできたらアラアラどころの騒ぎではない)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/02/28 11:30

ろーばの話。

趣味や仕事関係で、オバサンやオバアサンばかりのLINEグループがいくつかある。

70代80代でスマホを使いこなしているのは、エラいと思う。

考えても見よ、このかたがたのご幼少のみぎり、黒電話さえ当たり前には無かったのである。

多少の不慣れはやむを得ない。

さて昨日のこと。あるグループで、特に名を秘すAさん(75)から、長文のメッセージが入った。

グループの会合がウィルス対策で中止になったので、ヒマなのだろう。

情報がありましたのでシェアします

で始まり、

拡散してください!

で終わる、コピペらしい文面だ。

文体からして不自然で怪しいニオイがする。

誤解を招くので転記しないが、内容も胡散臭い。

お湯やトウガラシでウィルスが防げるなら、のべつ魔法瓶のお茶を飲んでる国や、真っ赤な漬物を食べる国で、大流行するのはおかしいだろう。

むろん拡散などしないが、他の人も見ている中

ガセネタですよ

指摘するのもお気の毒なので、既読スルーした。

それから数時間経って

♪ぺぽん♪

別のグループの、特に名を秘すBさん(72)から

情報がありました…

拡散してください!


同じ文面なので既読スルーした、その数分後

♪ぺぽん♪

大切な情報が…

また違うグループの、特に名を秘すCさん(79)だ。

BさんもCさんも、出歩けないので、ヒマでスマホをいじっているのだろうか。

あーあ、みんなイイ人なんだけどねエ…

親切心、いや老婆心ってか。タメイキをついて画面を閉じようとしたとき

♪ぺぽん♪

Aさんのメッセージだ。

デマ情報と娘に叱られました。すみません。

ペコペコ平謝りのスタンプが続いて来た。

Aさんのお嬢さん、ということは、40代くらいかな。こっぴどく叱られちゃったかな。

続いて同様のお詫びが、Bさんからも届く。

いま、Cさんのお詫びメッセージがいつ来るか、待っているところである。

ろーまのきゅうじつ
(今日は「ローバの休日」をお届けしました)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(16) | トラックバック(0) | 2020/02/27 11:30

2.26本。

2月26日といえば、2.26事件

学生時代から歴史はサッパリなので、うっかりしたことを書くとボロが出る。

さてどうしようかな、と思っていたら、2.26事件を知らなかった浪人生が主人公の、この本を思い出した。

がもうていじけん
(「蒲生邸事件」宮部みゆき著 文春文庫他)

主人公は、受験を目前に控えていながら、歴史の知識がほとんどない、たよりない若者である。

自らの無知をてんとして恥じず、人の好意をちゃっかり当てにする彼に対して、大人の読者は感情移入しにくいだろう。

つづめて言えば

まったく、イマドキの若いヤツは…

としか言いようのない主人公なのだ。

むろん小説の常として、彼も経験を通じて成長するが、そもそもこの著者には、少年が活躍する作品が多い。

それも登場の瞬間から大人びて冷静で、自分の弱さも世の不条理も、きちんと理解したデキスギ君ばかりなのである。

のび太的な主人公はむしろ少数派だ。

この小説の主人公、孝史のダメダメさも、あくまで平成生まれのイマドキ具合の表現であり、ファンタジーの味付けなのだろう。

大人から軽視される少年少女が、知恵と機転で事態を見事にひっくり返していく爽快さ。

小さきもの、弱きものに注ぐ優しい視線は、豊かなストーリー造形と併せてこの著者の魅力であるが、それにしても理想化し過ぎではないか。

少年なんて、バカで衝動的で、一寸先も想像できない生きものである。

そう思うのは私が、子供の現実を目の当たりに育ててきた、母親であるからかもしれない。

平成と昭和を描いた作品も発表から25年、時代は令和である。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ブックガイド | コメント(8) | トラックバック(0) | 2020/02/26 11:30

かんげい話。

看護師さんとぐうぜん会った(→どなたか話。)ので、かかりつけのヒカワ医院に行く。

具合が悪いわけではなく、持病のクスリをいただきに行くのだ。空いていそうな時間を選んで出かけても、いつもかなり混んでいる。

先月分が無くなるまでにはまだ間があるが

今、空いてますよ

看護師のナガシマさんが言うので、行く気になったのである。

医院の前に立ち、自動ドアが開いた時、

シマッタ、間違えた!

いつもならいっぱいの待合室に、誰もいない。

一歩下がってドアが閉まるのを待ち、ガラスに貼られた診療時間を見直す。

いいんのじどうどあ

おっかしいなあ…やってる時間だけど…

首をひねりつつ靴を脱ぎ、ムダに照明が明るい待合室に入ると、無人に見えた受付から、ピョコンと受付嬢が顔を出し

えっと…休診では…

…ないですね!

みなまで言わせず、保険証と診察券を受け取る。

待ち時間はゼロ。

診察室に入ると、先生は椅子から立ち上がり

おお久しぶり!元気だった?

友だちが来たみたいな歓迎っぷりである。

いや先生、月に1回来てますから むしろ今回、ちょっと早めですから

よっぽどヒマで、寂しかったのだろうか。

先生の後ろでは、看護師のナガシマさんがニッコニッコしている。

診療費はマケてくれてるかしらと思ったが、明細の金額はいつも通りだった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/02/25 11:30

どなたか話。

3連休のショッピングモール。

いつもより空いている気がするのは、やはり例のウイルスのせいだろうか。

おかげでスイスイ買い物が済み、帰路につこうと早足になりかけたところで

あのう…

遠慮がちに名を呼ばれ、つんのめりそうになる。

振り向くと、30代くらいの小柄な女性が

お買い物ですか?

はにかんだ表情の、すごい美人だ。でも…

誰?

あいまいに会釈する私の、戸惑いが伝わったのだろう。彼女は破顔一笑、

フフフ…そうですよね ほらコレ…

いきなり両手で、鼻と口を隠して見せた。

マスクやメガネを取るならともかく、なぜ隠す…

あ、なーんだ!ナガシマさん!

かかりつけの医院で、手のかかる私に優しくしてくれる(→たんとう話。)看護師さん。

長いお付き合いだが、会う時はいつもマスクなので、鼻から下を見るのは初めてだ。

美人すぎてわかんなかったよ~、と言ったら、ナガシマさんはクスクス笑いながら

またいらしてくださいね 今、空いてますよ

ペコンとお辞儀をして、エスカレーターで上階に上がっていった。

ますく
(「何やつじゃ、名を名乗れ!」)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2020/02/24 11:30

しかえし話。

ムスコが帰ってきた(→ かえった話。)と記事に書いて1週間。

以来いっこうに登場しないのは、家にいやしないからである。

荷物を置いたと思ったら、地元のツレに会いに出かけて、朝帰り。

スマホをいじっていると思ったら、宿がとれたらしく、フラリと1泊旅行。

まったくケッコウなご身分である。

昨日もナニヤラ言い残して出かけたきり、遅くまで帰ってこなかった。

若いヤツにとって、実家なんて足場にすぎないと分かっていても、いつもの生活ペースが乱れるのはありがたくない。

それにくわえて、ムスコが何にもしない。

1人の時は料理なり洗濯なり、やっているはずだが、うちにいる間は完全にオンブにダッコなのだ。

夜中に飲んだらしいマグカップを見つけ、ゲンナリしていると、のっそり起きてきた息子に

…洗濯まだ?靴下もう無えわ…

慌てて洗濯機を動かしながら、ハッと我に返り、チクショー自分でやれ、と思ったのもつかの間

パンにする?玉子食べる?

顔を見ればつい聞いてしまって、後悔する。

ご不浄に入れば、心なしか紙の減りが早く、忌々しい気持ちでホルダーから芯を外したところで

なんでアタシばっかり

不公平の念に打たれ、次をセットする手を止めた。

何もしないんだから、紙ぐらいセットしやがれ

しかし、残念ながらムスコは男であり、小用では紙を使わない。

紙がなくて困るのは、私が先なのだ。

ささやかな仕返しは、あえなく失敗に終わった。

まいどありがとうございます
(アリガトウゴザイマスの文字がムカつく)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/02/23 11:30

にゃおんの話。

海外で借りた家は、家具付き物件だった。

家主が彼女の家に引っ越すので、要らない家を家財ごとまるまる貸すことにしたのだ。

ソファやテーブル、洗濯機に掃除機、カップやお皿、フォークにナイフ…。

呆れたことに、までついている。

家主のデイヴは

彼女がネコがキライなので隣にあげたんだ

と言うが、猫のほうでは、自分があげられたとはサラサラ思っていない。

裏庭に続く勝手口を開けると、当然のようにそこにいて、キッチンに入ってくる。

日本ではあまり見ない、中途半端な長毛種の黒猫を、マンガに出てくる猫にちなみ、ニャオンと命名した。

最初こそ戸惑ったものの、ニャオンはいたって気さくで手間のかからない猫だった。

しばらく様子見した後、食事と寝床はもらわれた隣家で、日中は見慣れない日本人がいる元の家のキッチンで過ごす、と決めたらしい。

毎朝、勝手口を開けると、足元をニャオンがすり抜けてくる。

不思議なことにキッチンから先には入ってこず、床のマットの上で身づくろいをすると、だらんと伸びて寝てしまう。

小さいムスメがさわったりなでたりしても、嫌がるでもなく、されるがままになっていた。

外に出たくなると、ドアの足元で、ニャーンとひと声だけ鳴く。

こちらが気づかないでいると、しばらく我慢してもう1度、ニャーンとだけ鳴く。

ドアを開けてやると、裏庭を散策する。園芸音痴の私が荒れ放題にしている庭について、ニャオンは批判的な意見を持っているようだった。

見回りが終わったら、離れた陽だまりにきちんと座り、私のしていることをじいっと見る。

ニャオンのお気に入りは、張り渡されたロープに干した洗濯物で、風にはたはたと揺れるシャツやタオルを、いつまでもいつまでも眺めていた。

今でも晴れた日に洗濯物を干していると、ニャオンが足元にいた日々を思い出す。

猫を飼いたいな、と思うのはそういう時である。

今日2月22日は、猫の日

にゃおん
(本家・ニャオンは「動物のお医者さん」佐々木倫子)



本日他出のため、2017年3月28日の記事に加筆掲載いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/02/22 11:30

とうしつ話。

買い物ギライの私にとって、生協のカタログは、世の新製品を知る唯一の窓である。

知ったからといって注文するわけではない。

目新しい商品は、つくづくと写真を眺め、

へえ~ 今はこんなもんがあるの~

独り言を言ってオシマイ。注文するのは玉子だの牛乳だの、毎週ほとんど同じである。

ウインドウショッピングのようなものだ。

それが今週は違った。

とうしつおふのぱん

どうです、目新しいでしょう。

時代は糖質オフですよ。

いまさら糖質制限して痩せようとも思わないが、健康は気になるオトシゴロ。

パンくらいなら、と買ってみたのだ。

さっそくバリバリと袋を開け、食べてみた。シットリ、フワフワしていて、わるくない。

健康をうたった商品は、味気ないものばかりと思っていたけど

おいしいなー…ハッ!

いつもパンに塗る、チョコレートスプレッド。

ぬてら

何の気なしにつけたけれど、ビンの裏を見たら

栄養成分表示1食(15g)当り81kcal 炭水化物9.1g

パンを替える前に、やることがありそうである。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2020/02/21 11:30

いなずま話。

いずものいなずま

2月11日、将棋の里見香奈女流名人がタイトル防衛し、女流歴代最多の11連覇を達成した。

とはいえ、私は将棋には興味がない。

もっと言えば、ルールすらアヤフヤである。(→ しょうぎ話。

女流名人についての私の唯一の知識は、彼女が

出雲のイナズマ

と呼ばれているということである。

出雲の、は出身地を示し、イナズマはその棋風に由来するものであろう。なにしろ将棋のルールが分からないので、推測の域を出ない。

まあ由来はどうあれ

出雲のイナズマ

すごくカッコいいじゃないか。

うらやましい。

私は元来、人をうらやんだりしない人間である。

人生も後半に入り、自分が何者でもない、ありふれた人間であることにも慣れた。

若い野心や、ふわふわした夢もとうに諦めた。

しかし、思えば今日まで、名前や名前をもじったあだ名以外で、呼ばれたことがあるだろうか。

やっぱり、うらやましい。

今、若くないということ、それはつまり、この先

出雲のイナズマ

と呼ばれることはない、ということなのである。

そして、若くないということ、それは、誰かを胸が痛むほどにうらやんでも、ほろにがく微笑んでいられる、ということでもあるのだ。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/02/20 11:30
 | HOME | Next »