FC2ブログ

ぴったり話。

ノンアルコールビールを片手に、久々の焼肉

炭火に爆ぜる肉の脂、薄い煙の香にウキウキしつつ、頭の隅に小さな心配があった。

フトコロ具合が心細いのだ。

ここはいつもニコニコ現金払い

流行りのなんちゃらペイはおろか、クレジットカードさえ受付けない、キャッシュレス時代に逆行する店だ。

今日は焼肉と決めて、仕事の帰り、ちゃんとATMに寄ったのに、駅でウッカリ、ICカードに現金でチャージしてしまった。

残った金額は、足りるか、足りないか、なんともビミョーである。

まるで足りないなら、またATMに走るしかないが、ひょっとして大丈夫じゃない?という気もして、ついそのまま店に来てしまった。

大丈夫じゃないか、と思ったには、理由がある。

前回来た時は、子供と一緒だった。

子供ったって、ハタチを超えた社会人と大学生。もちろん勘定は私持ちだけど、足りなければ借りればいいと思ってたのに、支払いの段になって

え~?サイフ置いてきちゃった~

オレも手ぶら…

ギリギリしか持ってない私も私だけど、揃いも揃ってスマホだけって、どういうことだ。

ドキドキして伝票を見たら、ちょうど私の財布にあった紙幣と、ピッタリ同じ金額であった。

じつはそんなことが1度や2度ではない。

腹ペコで来ていっぱい食べても、そうでもなくても、この店のお勘定は私のフトコロ具合と絶妙にリンクしているのだ。

テレパシーで、客の所持金を読み取っているとしか思えない。

だとすれば、時代遅れどころか、とんでもない最先端の店なのかもしれない。

さて、今回の支払いは、いくらになるだろうか?

やきにく



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2020/09/30 11:30

あわあわ話。

もう3カ月、好きなビールを飲んでいない。

暑すぎるとビールが要らない、と気づいたのは、2年ほど前。(→びーるの話。

以来、真夏は炭酸水を食事の伴としてきたのだが、今年になって禁断のジャンルに手を出した。

ノンアルコールビールというやつである。

出始めのころ、付き合いでたまたま口にしたのが、人工的な風味でいただけなかったこともあり、

酔わないビールに何の意味がある!

むやみに敵視していた。

それが、ちかごろ各社が競って新製品を発売するものだから、つい買ってみたのだ。

飲んでみると、これがなかなか、悪くない。

もともと違いが分からない私。ビールも発泡酒も、泡が立てば何でもいいとばかり、節操無く飲んでいたのだから、ノンアルコールも同じなのだ。

むしろ酔わないほうが体調もよく、気分も軽い。

お酒で憂さを晴らすこともなく、アルコールの力を借りなくてもご陽気で居られるのは、けっこうなことだし、有難いと思う。

そしてついに来るべきものが来た。

久しぶりの焼肉に、ウキウキと出かけ、予約の席に着く。まず飲み物の注文を取りに来た店員さんに、ちょっと考えて

えと この…ノンアルコールビールを…

さて、わが後半生は、アルコール抜きとなるか?

なまびーる



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2020/09/29 11:30

ようかん話。

生協の配達日の前、8割方空っぽの冷蔵庫の隅っこにうずくまる黒いものは、水ようかん

夏の終わり、投げ売りになっていた5個入りの、4個が残っている。

水ようかんは好物で、今年もせっせと食べたが、最後に買ったこれは好みじゃなかった。

1個食べてみたら、甘くて、固くて、重たい。

ツルッと軽いのど越しが水ようかんの良さなのに、こしあんみたいにモッタリして、いただけないのだ。

食べる気のせぬまま刻々と近づく賞味期限

4個も残って、困ったなあ、と容器をひっくり返し、成分表示を見ていたら、ふとひらめいた。

もしや、溶かせばナントカなるのでは?

思いついたら、チャレンジクッキング!

器にあけた水ようかんに追加の水を注ぎ、ラップしてレンジにかける。

顔面に降り注ぐ電磁波をものともせず、ガラス越しに見守っていると、しだいにヨウカンの角が崩れはじめた。

ブクブクとあぶくが出たら取り出して、ぐるぐる混ぜたあと、氷水のボウルに容器を沈める。

粗熱を取ったら冷蔵庫に移してしばし。

はやる胸を押さえて、匙を入れれば、

ぷるん てろん

そうそう、これよ これ!

好みの味になったうえ、水を加えたため、全体の量は倍増している。

こうなると、残った3個が貴重な食材に見えてくるから、ゲンキンなものである。

みずようかん



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(15) | トラックバック(0) | 2020/09/28 11:30

かくだい話。

ショッピングモールで、無印良品に寄った。

ステキなものがいっぱいあって、必要なものは1個もない店は、お金を使わない時間つぶしだ。

しばらく来ないうちに見慣れない商品も出ていて、なかなか見ごたえがある。

平日の店内を見渡せば、私のようなブラブラ組は少数派で、ちゃんと用事のある人が、みな真剣に品定めをしていた。

好きなのは収納用品のコーナー。

こんな風にタテヨコの規格の合う箱や抽斗で空間を埋めたら、テトリスのようで、さぞかし気分がいいだろう、と想像する。(想像するだけ)

今日はそこに先客がいた。私と同年輩の女性だ。

棚にギッチリ詰まったプラケースの、サイズが気になるらしい。

しばしラベルを凝視していたが、ふと手を伸ばし、親指と人差し指でラベルの字に触れた。

2本の指をひゅっひゅっと広げるしぐさ。スマホの画面を拡大する、アレだ。

むろん紙のラベルの字は大きくなどならない。

彼女は、ギョッとして1歩2歩と後ずさりをすると、キョロキョロ周囲を見回す。

あわててアサッテの方角に視線を振り向け、私は何も見てませんよ、という風を装った。

名も知らぬわが友よ、わかるよ、わかる。

むじるしのらべる
(売場に虫メガネを備えたら一定の需要はあると思う)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(13) | トラックバック(0) | 2020/09/27 11:30

だしぬけ話。

今年もまたやられた。驚かされた。

何にってヒガンバナにである。

毎日通る、駅までの遊歩道の植込。

同じ場所に同じように咲くのに、毎年驚く。なんでああイキナリ、あんなにまっかっかに咲くのだろう。

火花がはぜたようなあの姿には、美しい以前に、人をギョッとさせる何かがある。

「ほころびかけた」とか、「成長途上の」なんて状態は、ヒガンバナには無い。

いきなり存在して、いきなり満開。それがヒガンバナというものである。

セミが部屋に飛び込むとか、霧の車道にサルがしゃがんでたり、網戸に寝ぼけたカラスが引っかかった(全部経験済み)なら、驚くのも当然だ。

動物に比べてアクティブさゼロの植物に、ギョギョギョと驚かされるのは、ちょっとくやしい。

ぶつくさ言ってたら、同僚のイシザキさんいわく

自分ちの庭でもビックリするもんね 自分で植えて、あそこに咲く、もうすぐ咲くと知ってても、いざ咲くとビックリ!

やっぱりちょっと、くやしそうである。

ひがんばな



今朝またビックリさせられたので、2013年9月20日の記事を再掲載いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2020/09/26 11:30

いじわる話。

雨の日のゴミ出しはゆううつ。

止まないか、せめて小降りにならないかと、空とにらめっこするうちに、いつもより遅くなった。いかんいかん、収集車が行ってしまう。

片手にゴミ袋、片手にカサを持ち、シブシブ玄関を出る。

足元を気にしながらしばらく歩き、ふと視線を上げると、隣の棟からゴミ袋を持った人が現れた。

いつもと違う時間だからか、見慣れない人だ。

黒いカバンを提げたサラリーマン風の男性だが、半袖ワイシャツから出た細い腕が寒そうで、多分本人も失敗したと思っていることだろう。

オハヨウゴザイマス~

私のアイサツは無視された。いまどきは、知らない者にアイサツしない人は多い。

半袖はチョコチョコ早足で、私の前に出る。

ゴミステーションに先に到着した男は、扉を開けて自分のゴミ袋を放り込むと、こちらをチラッと見てから

ガチャン!

音を立てて扉を閉め、ご丁寧に掛け金をかけた。

かけがね

きー、イジワル!!

半袖の後姿に中指を立ててやりたい気持を、こらえたのは五十女の分別というものである。

代わりに

ありゃ出世しないネ… 会社じゃ冷や飯食ってんじゃないの…

ブツブツひとり言を言うくらいは、ご勘弁願いたい。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2020/09/25 11:30

さよなら話。

団地の渡り廊下を、黒い小さな影がくぐっていく。

つばめとぶ

ツバメだ。

一瞬そう思ったけれど、見間違いかもしれない。

ここには毎年、ツバメの巣がいくつもできる。たくさんのヒナが生まれて、エサを運ぶ親ツバメの往来がにぎやかしい。

しかし、ヒナが自分で飛べるようになると、巣は用済みになり、飛び交う姿も見られなくなる。

ツバメは集まり、南へ帰る日まで、平城宮跡の広い草原で、群れで暮らすのだ。

このあたりで空を切って飛ぶツバメを見なくなって、ずいぶん経つ。

やっぱり見間違いだよね。そう思った時、さきほどの方角から、同じ黒い影が戻ってきた。

間違いじゃない、ツバメだ。

群れが南へ渡ろうというこの時期、たったひとり、なんで戻ってきたのだろう?

今年生まれたツバメの仔が、初めての旅の前に、生まれ育った場所を見に、帰って来たのかしら、なんて想像してみる。

日々を懸命に生きる野生動物に、そんな感傷は無いのだろうけれど。

飛び去った影は遠い空に消えて、今度こそ、もう戻っては来ない。

行ってらっしゃい、どうかよい旅を。

そしてまた来年、あいましょう。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/09/24 11:30

できない話。

うちは定期的に宅配便が来る。

担当の配達員さんは、若者、中年、いろいろだが、声のデカいオオニタさん(→たくはい話。)のような個性派は、意外に少ない。

ほぼ毎日見ても、なかなか顔と名前が一致せず、覚えたころに配置換えになるかんじだ。

今の担当は、初老のオジサン。

オオニタさんとは違って静かだが、別の問題がある。

ある時は、午前中指定の荷物を、連絡もなく午後遅くに持ってくる。

別の日、午前中は出かけるから、と午後指定にしておくと、なぜか朝の早よからやってくる。

午後なら居るのに、不在票を入れるものだから、余計な電話の1本もかけねばならない。

要は全然デキない人なのだ。

時節柄宅配業界もお忙しいのだろうから、けっして無理を言うつもりはないし、少々の不手際なら笑って受け入れる用意はあるが

遅くなりまして…

時間指定を見逃しまして…


いいトシのオジサンに、泣きそうな顔でペコペコ謝られるのも、こっちが意地悪してるみたいで、いい気分じゃない。

応対するのも面倒で、受取無しで黙って玄関先に置いてもらう、置き配指定にしてみた。

生協はとうにそうしているし、1日中家にいる日なら、時々様子を見ればいいことだ。

来られるときに来て置いて行くほうが、デキないオジサンも助かるだろう。

さて、置き配の荷物が来る日。

♪ぴんぽーん♪

ドアチャイムが鳴ったので出てみると、オジサンが段ボール箱を持って立っているではないか。

あのねえ、置き配って…

言いかけた言葉は、すでに泣き顔になりかけているオジサンを見て、タメイキに変わった。

しなくていい仕事を増やすのもまた、デキない人の特徴なのである。

おおにたあつし
(今思えばオオニタさんはデキる人だった)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(7) | トラックバック(0) | 2020/09/23 11:30

まいなん話。

4連休も後半。

野菜のおすそ分けと、コーヒーメーカーをもらいに(→いただく話。)実家へ行く。

マイド~!

なるたけ景気よく茶の間に入ると、おばーちゃんはテレビ鑑賞中だった。

お茶が出たから、勝手にお菓子の缶を開け、ボリボリやりながら一緒に画面を見た。

連休で混雑する観光地や、空港が映る。

すごい行列ね~え

大丈夫な理由なんかなんもないのに みんな勇気あるなア!

慣れるって 怖いわねエ!

旅行の予定も、自家用車もないわが家では、渋滞も行列も他人事だ。

あれこれ言いあってると、やがて画面が変わり

マイナンバーカード お早めに!

近頃やけによく見るコマーシャルが流れた。

この、タチヒロシのお手当も税金?

だろうね 総務省のCMだからね

やーねモッタイナイ 字でいいのよ、字で…

ハハ… たしかに… そういやおかーさん、これやってんの?マイナンバー

やんないやんない!別に要らないし…

うんうん

ホントに必要なら「これからはこうするから」って 決めればいいだけのことでしょ

そっかー

役人に国民なんか小銭で釣れると思われるのもシャクじゃない

ハハハ…おかーさん! ハハハ…

笑っている私だって、ポイントの申請はおろか、マイナンバーカードも持っていない。

この人と私は、ほんとに親子なんだなと思うのは、こういう時である。

まいなんうさぎ
(このキャラクターもどこかズルそうで信用できない)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

てれびじょん | コメント(12) | トラックバック(0) | 2020/09/22 11:30

いただく話。

朝が涼しいので、ホットコーヒーが飲みたい。

夏じゅう飲んだアイスコーヒーもなくなったから、コーヒーメーカーを出そう。

お勝手の収納の、炊飯器の後ろ、夏の初めにしまった場所から、コードでぐるぐる巻きのコーヒーメーカーを…

あっ!

ガチャン!

寝ぼけていたのか、見事に落っことした。

ガラスのサーバーは粉々。

優雅なコーヒータイムどころか、朝っぱらから後片付けをする羽目になった。

情けない1日になりそうな予感を吹き飛ばすため、物事の良い面を考えることにする。

あのコーヒーメーカーはけっこう長いこと使ったし、安さにひかれて買ったから、色やデザインはイマイチだった。

次はよく調べて、ステキなのを選ぼう。

新しい道具を買うことを思ったら、ゲンキンなもので、たちまち気分がよくなった。

ウキウキと、インスタントコーヒーなど飲んでいると

♪じりり… じりり…♪

受話器を上げたら、

モシモシ私… またお野菜もらったんだけど…

あー、そうだ、おばーちゃんがいた…。

気づいたからには、聞かねばならない。何でも持ってる、この人に。(→ たずねる話。

おかーさん コーヒーメーカー 使ってないの、ある? うちの壊れちゃっ…

あるよ

みなまで言わせぬ即答である。

世間は敬老の日。父に母に、贈り物をする方も多いだろう。

不肖の娘のワタクシは、野菜とコーヒーメーカーを、老母にもらいに行ってまいります。

あるよ



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごかぞく | コメント(10) | トラックバック(0) | 2020/09/21 11:30
 | HOME | Next »