fc2ブログ

かぼちゃの話。

地下鉄の構内でドーナツの売店に立ち寄る。

甘いものはあまり食べないが、食べるときは思い切り甘いものがいい。

ショーケースの前に立つと、カワイイ店員さんが

ハロウィン限定ドーナツはいかがですか?

顔に負けず劣らずカワイイ声で勧めてくれた。

くりすぴーくりーむはろうぃん2023

昨今のハロウィンの騒ぎには反感を拭えない(→とりっく話。)けれども、こういうのはキライではない。

あーでも カボチャはあんまり…

ダイジョブですよ カボチャの形してますけど 味はメープルなんで!

なるほど、黒猫のドーナツがネコの味とは限らない。

他にもいくつか買い求めて帰り、さっそくコーヒーを淹れて、お皿にのせた。

味はメープル…かア…

キライなくせに、カボチャでありながらカボチャでないヤツがなんだか気の毒な気がして、ひと口かじる前にまじまじと見つめていると

じゃこらんたんのへた

アレ?これ…

カボチャのへたになぞらえて差し込まれたそれは

じゃこらんたんのへた2

カボチャの…種…?



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



スポンサーサイト



もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2023/10/31 11:30

よっつの話。

朝はなんとなくヨーグルトを食べる。

別に好きじゃないし、健康効果も期待してないが、食べるものを決めとくとラクだからだ。

よーぐると4こぱっく 

4個パックのフィルムを破って1個を取り出し、残りを戻しながら

コレってみんなどうしてんだろ…

ふと考えた。

さっき冷蔵庫に入れたヨーグルトは、こういう状態。

よーぐると2

厚紙のトレイはそのまま、表面をくるんだ透明フィルムは、さきほど破って1個取り出した部分がヒラヒラしている。

これが明日にはもう1つ減ってこうなる。

よーぐると3

そのまま戻す人もいるだろうが、私はたぶんこの時点でフィルムと厚紙をはがして捨てる。

冷蔵庫の棚の上に占める底面積が、現物の倍以上になるのが気にくわないからだ。

しかし世の中には、こういうことを気にかけない者がいて、別れた元亭主などもその類であった。

結婚生活の間、ヤツはあの厚紙やフィルムを自分でゴミ箱に入れたことはなかったのではないか。

朝いちばん、冷蔵庫を開けて

よーぐると4

この状態を見たときのイライラが、不意に鮮明に蘇り、かッと血圧が上がった。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



もろもろ | コメント(16) | トラックバック(0) | 2023/10/30 11:30

かぶった話。

お出かけなのに着る物が決まらない

朝夕は寒く、昼間は汗ばむほど暖かいという、今どきの気候もコーディネートの困難を増す。

相手は数年ぶりで、しかもこの先とうぶん再会の見込みのない人。今後数年の印象が今日の服装に左右されるので、あだや疎かにはできないのだ。

洋服が決まらないと、出かけること自体だんだん億劫になってくる。

これはいかんと気持を奮い立たせ、とっかえひっかえ着てみてようやく大筋は決まったが、さて身につけてみるとイマイチである。

悪くはないけど、良くもない。

先方への敬意を示すためにも、オシャレしてきたんだなアという印象は残したいではないか。

うーんと首をひねりつつ、大きい姿見で確かめようとムスメの部屋に入ったら、鏡の前の壁のフックに帽子がかかっていた。

ムスメのものらしいが、ずっとここにかけっぱなしだし、かぶっているのを見たことがない。

なんとなく取って頭にのせ、姿見の前に立ったら

アレ?いいんじゃない?

帽子の色合いで、無難な服装がグッと引き立つ。

ハッと気づけば家を出る時間で、迷う間もなく帽子をキュッとかぶって玄関を出た。

借りるよ、と断ってないけれど、本人も忘れてるくらいだから、まあいいでしょう。

頭にのっているのが、ムスメの帽子だと思うと

今日は楽しい日になりそう…

知らず知らず笑みがこぼれてきた。

ぼうしをかぶる
(かぶらない帽子を買ってしまう人の心理)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



もろもろ | コメント(10) | トラックバック(0) | 2023/10/29 11:30

おほほの話。

今年も正倉院展が始まった。

遠くに住んでいた頃は、わざわざこの時期に帰省を合わせて、奈良まで見に来たものだ。

ところが、近所に越してきてみると

混んでるだろな… まあ いつでも行けるか…

こんな調子ですっかり行かなくなった。

名所や有名なイベントは、遠方からの観光客で混雑するので、地元の者は避けたりする。

そんな私が、数年前からまた見に行くようになったのは、クミちゃんのおかげである。

意識高い系のマダムである彼女が、子供が手を離れたのを機に

正倉院展 ご一緒しません?

毎年オホホと誘ってくれるようになった(→きょねんの話。)ので、中断したわが正倉院詣が、めでたく再開したのである。

お誘いいただいたお礼には、せいぜい地元らしいおもてなしを心掛けている。

この良き習わしも、残念ながら例の新型ウィルスの騒動で中断し、3年になった。

世の中がさまざまに動き出したこの秋、彼女からのお誘いはあるだろうか?

もちろん、こちらから誘ったっていいわけだけど

正倉院展 ご一緒しません?

せっかくならクミちゃんに、オホホと誘われるほうが、ずっと楽しい気がする。

第75回正倉院展は本日より、来月13日まで。

しょうそういんてん2023
(第75回正倉院展 → 公式HP



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



ごきんじょ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2023/10/28 11:30

かさかさ話。

いつものスーパーで食パン売場に立っていたら

…カサカサ…カサカサ…

小さいのに耳障りな音がする。

ふり返ると、菓子パンのワゴンの前で、オッサンがなにやら思案中。ひとつ手にとってはひっくり返し、ジロジロ眺めてはワゴンに戻している。

袋入りだから差し支えないとはいえ、あまりいい気持ではない。

この年代のオッサンは、定年まで家事を習わないせいだろうか

買わないものをやたらに触るんじゃありません!

オフクロに躾けられたことがないとみえる。

批判的な視線に気づきもせず、取っては眺め、眺めては戻すを繰り返すオッサン。

しまいには、さんざジロジロ見た菓子パンを、別のパンの上に投げ出しやがったので

………!

眉間が痛くなるほど殺気を送ってやると、さすがのオッサンもビクッ!として、神戸屋ミルクフランスを元の仕切りに置き直した。

だいたい88円のパンで長々と悩むなや!

まだ悩むオッサンに、脳内で捨て台詞を残し、牛乳、鶏肉、野菜と売場をゆっくり回ってレジへ。

精算を済ませてサッカー台にかごを乗せると

…カサカサ…カサカサ…

隣はなんとさっきのオッサンである。

買ったパンをまだ触るのかと見れば、水気のあるものを入れるロール式のポリ袋の、口を開けようとしているらしい。

…カサカサ…カサカサ…

なかなか口を開けないポリ袋に悪戦苦闘するオッサンを横目に、自分の買物を手提に詰め

カサカサオヤジ 手もカサカサ

思いつきで吹き出さないようにガマンしながら、サッカー台を離れた。

みるくふらんす
(神戸屋ミルクフランス 88円)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



ごきんじょ | コメント(12) | トラックバック(0) | 2023/10/27 11:30

あのみせ話。

見たかった映画の終映が近いことに気づき、慌てて見に行った。

封切館は多かったのに、今は少し離れたミニシアター1館、しかも1日に1回のみの上映になってしまっている。

いつでも見に行ける、と腰を上げずにいると、こんなふうに見逃すことが多いが、さいわい今回は仕事帰りに立ち寄ることができた。

およそ2時間の別世界。

厚い扉を出てほっとタメイキをついたとき、空腹をおぼえた。

すでに夕食には遅い時間、このまま家まで帰るのもちょっとツラいから、駅ビルの食堂街で食べて帰ろうとプラプラ歩いていると

アラ?

ラーメン屋に目がとまる。学生時代に通った店と同じ名前だ。

痩せたオバチャンと無口なニイチャンが、腹ペコの学生に、問答無用でカロリーと塩分過剰のラーメンを食べさせていた。

こんなシャレたアーケードに入るような店じゃないから、きっと違う店だろうけれど、たまにはラーメンもいいかな、と入ることにした。

高いカウンターの前のスツールに陣取れば

アララ?

なんとなく見たことがある…ような?

ラーメンの種類が増え、昔はなかったサイドメニューやセットなどがあるようだけれど、いちばん安いラーメンの写真に、なんだか見覚えがある。

人に人相があるように、ラーメンには麺相がある。

ここはどうやら昔のあの店の、子だか、孫だか、フランチャイズだか、そういう店らしい。

思えば私があの小汚い店に通っていたのは、もう40年になろうとする昔なのだ。

麺相の似たそのラーメンは、記憶の中のそれに比べて、ずいぶんサッパリ軽快な味わいだったが、アチコチ弱った今の私には、ちょうどよかった。

てんてんゆう




にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング


むかしむかし | コメント(4) | トラックバック(0) | 2023/10/26 11:30

ひろげた話。

♪あーたーらしーいー あーさがっきった…

聞き慣れた歌がテレビから流れてきた。野菜ジュースのコマーシャルだ。

このメーカーはたしか、某有名芸能事務所の男性アイドルを使っていたはずだが、例の不祥事でひっこめたらしい。

新しいCMには誰といって有名な人は出ておらず

きっと慌てて作ったんだろうなァ…

制作現場を想像しながら見ていると

…よーろこーびに むねをひーらけ

え?

歌詞が違う。そこは「喜びに胸を広げ」じゃないか。

いくら急いで作ったとはいえ、こんな有名な歌を間違えるとはケシカラン!

憤慨しながらも、念のため検索してみると

《ラジオ体操の歌》

新しい朝が来た 希望の朝だ 
喜びに胸を開け 大空あおげ 
ラジオの声に 健やかな胸を 
この香る風に 開けよ
それ 一 二 三


ホラ…アレ?ええっ?!

喜びに胸を開け

ダメじゃん…

私は昔から声が大きいし、人前でも気後れしないたちなので

…よーろこーびに むねをひーろげ

今までどこに行っても、大声でこう歌ってきた。

……

齢還暦に達し、テレビの前でひとり赤面する。





にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



てれびじょん | コメント(6) | トラックバック(0) | 2023/10/25 11:30

あのかお話。

朝夕が冷える季節になると、寝床の中でときどき足がつる(→こむらの話。)。

ひとり寝の悲しさ、イテテと叫んだとて誰も来てくれないから、自分で備えねばならない。

あんめるつごーるど

たまの贅沢と、お馴染みの青いキャップの製品ではなく、ゴールドEXにしてみた。

箱から出し、枕元のスタンドの陰に置く。

寝室のドアからふと振り返ると、ゴールドEXが小さい人みたいに立っている。丸いフタがこちらを見上げる角度なのが、たよりなげでいじらしい。

何かに似てるな…

そう思ったものの、何かが何だか分からない。

夕方のニュースで、真っ赤に色づいたコキアが見ごろの、大きな公園が映ったとき

あ、あれだ!

いそいでマジックペンを手に寝室に向かう。

ゴールドEXのゴールドのフタに、コチョコチョとあの顔を描いた。

あのかお

われながらよく描けて、非常に満足である。

たいようのとう
(手をくっつけたらもっと似ると思う)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



もろもろ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2023/10/24 11:30

あしあと話。

温暖な当地でも、朝夕はヒンヤリしてきたので、先週はリビングにホットカーペットを広げた。

昨年新調したホットカーペットカバーは、フカフカで本当に暖かい(→ふかふか話。)。

毛足も滑らかで手触りがいいのだが、そのせいか上を歩くと足跡がつく

自分の足跡がペタペタと重なっているさまは、あたかもアニメ「はじめ人間ギャートルズ」の大地を見るかのようである。

やつらのあしおとのばらーど
(コレよコレ ↑ )

掃除機を動かして、重なった足跡を消しつつ

の足跡だったらカワイイだろうな~

楽しい想像をしたりする。

月曜の朝、窓を開けはなし、掃除機のスイッチを入れようとしたら

何だ…いや誰だコレ???

端のほうに、30センチはあろうかという、ひときわデカい足跡がついていた。

一瞬ぎょっとしたものの、すぐに我に返る。

週末、秋物を取りに帰ったムスコのしわざだ。

フフフ…でけえ足…

マンガみたいに指の形まで残った足跡を、消さないように遠回りで掃除機をかけながら

♪なーんにもなーい なーんにもなーい まったーくなーんにもなーい…♪

思い出した歌を歌ってみた。


(「やつらの足音のバラード」名曲です)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



ごかぞく | コメント(8) | トラックバック(0) | 2023/10/23 11:30

めがねの話。

大学時代はいろんな単発バイトをしたが、地味な裏方や工場労働ばかり。

中華総菜販売・チャイナドレス着用の募集に、胸をふくらませて(比喩表現)行ったら、体型をチェックされて着用免除になったこともある。(→ばいとの話。

そんな私にも表舞台に立つチャンスが訪れた。

京都の学生には、祭りのエキストラという特権的なバイトがある。

馬に乗って歩くような主だった役割は、ゆかりのある人から選ばれるが、その他大勢は学生バイトでまかなわれていた。

たとえ端役でも、時代装束を着られて、そのうえ時給をもらえるなんてステキすぎる。

掲示板を見た私は、ちょうど休講の教室から出てきた同級生を誘い、面接に出かけた。

チェックのシャツに銀縁メガネのミヤザワ君は、裏方でいいや、と言い、帰国子女のエミリちゃんは、着物を着てみたいとウキウキしている。

簡単な面接で採用が決まり、それぞれが持ち場に振り分けられた。

エミリちゃんは英語に堪能なので、外国人観光客にパンフレットを販売することになり、裏方希望のミヤザワ君のほうが行列に加われと言われた。

そして私は、またしても事務室詰めである。

当日はバイトの名簿管理や弁当の手配、売店の釣銭を数えるなど、雑務に忙殺された。

沿道に観客が集まり始めるとヒマになったので、休憩がてら行列を見に出ると、スネを出し、素足にゾウリのその他大勢の中にミヤザワ君がいる。

装束は意外に似合っているが、銀縁メガネがそのままだ。

ミヤザワ君!メガネメガネ!

指さすしぐさにハッとして、外したメガネの行き先に困ったミヤザワ君は、着物の打合わせの部分にひっかけてしまった。

芸能人がよく、サングラスをシャツの胸元にかけている、あの状態。

おかしい!そのほうがおかしいよ!

必死で呼びかけたけれど、しずしずと進みはじめた行列は、そのまま行ってしまった。

やっぱり表舞台には出られなかった時代祭は、本日。

じだいまつり2023
(平安神宮公式HP → 時代祭



本日早朝より他出のため、2015年10月22日の記事に加筆再掲いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



むかしむかし | コメント(4) | トラックバック(0) | 2023/10/22 11:30
 | HOME | Next »