fc2ブログ

こしらず話。

珍しく、ショッピングモールで買い物。

休日の買い物客の間を縫って、目的の店に向かう途中、ヘンなものが目の端に入った。

おやのこころこしらず1

親の心 子知らず?

わざわざ筆で書いて、貼り出す意味が分からない。

例えば「早起きは三文の徳」なら、朝一セールのお知らせかもしれない。

たとえば「後悔先に立たず」なら、すぐ売り切れる数量限定商品の惹句かもしれない。

しかし、「親の心子知らず」に、販売促進の意味はないだろう。

いったいどういうわけか、首をひねりつつ、ついそのまま通過した。

目的の店に着いても、さっきのハリガミが気になって仕方ない。遠回りになるが、確かめてから帰ることにした。

何の店かも覚えておらず、少し探したら、そこは呉服店だった。年配の女性店員に尋ねたら、

これですか…オホホ…お嫁入り支度のお着物がございますでしょ…

なーるほど。

結婚するとき、親から着物を持たせてもらう、ということは、私くらいの年齢だと、まだけっこうあった。花嫁の母の心尽くしである。

ところが娘のほうは、着物なんか着慣れないものだから、着ないままにカビや虫食いで台無しにしてしまう。

それを称して「親の心子知らず」。

この呉服店では、そういう着物の染み抜きや、仕立て直しなどを請け負っているのである。

何でも聞いてみるものだ。疑問氷解、スッキリした。

疑問といえば、もうずいぶん前に見つけた、こんな店。

ふりま

フリマ?この店、フリマ?

薄暗くひと気のない店内の様子に怖気づいて、かろうじて写真だけ撮って、帰ってきてしまった。

次に通った時にはもう、シャッターがピシャリと下りていた。

まさに「後悔先に立たず」である。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/10/21 11:44
コメント
No title
親の心子知らず・・・わかってよかったですね。

フリマ・・・気になりますね。
何のお店だったんでしょうかね~
なるほど
ソーゆー意味か。
難しい「変化球」なので気づきませんでした。

>フリマ?
 これは謎です。
 委託販売受付中ってゆー意味かな?
Re: No title
(お名前なし)様(C様かな?)

フリマは本当に気になっているんですが、いつ通ってもシャッターが開いていないんです。

いつか分かったらご報告しますね。

Re: なるほど
rockin'様

着物を持たせてくれたお母さんの気持ちを大事にしてね、ということならちょっと遠回りですよね。

かく言う私も母の気持ちを死蔵しております。

管理者のみに表示