さかいの話。

今日は地区の清掃日

マンションは単独で自治会を作っており、敷地周辺の道路と公園のゴミ拾いをするのだ。

役員さんからゴミ袋と軍手を受け取って、三々五々散らばる。

どこに行ってもいいのだが、なんとなく、いつも通る遊歩道に行ってみると、既に何人かの人が落ち葉を寄せていたので

おはようございまーす

挨拶をして加わると、何人かがこちらを認め、会釈で迎えてくれた。

落ち葉を寄せてはゴミ袋に詰める作業を、しばらくはマジメにやっていたが、すぐに気が散る。

なにしろ小学校の通信簿に

掃除をサボります

と書かれ続けていた私、三つ子の魂百までである。

かがめていた腰を伸ばしながら、左右を見渡した。

この道は担当地区の境目に当たり、こっち側をうちのマンションの人が、向こう側を戸建てのお宅が集まった隣の自治会がやっているのだ。

そのせいか、掃除のやり方にも、注ぐ熱意にも、ビミョーな差を感じる。

戸建て側はみな自前の竹箒にチリトリを持参、一片の取り残しもあってはならじとばかりの勢い。

マンション側のわれわれは、熊手でザカザカ寄せた落ち葉の山を、軍手でつかんではゴミ袋に押し込み、さー次行こう次、とドンドン移動して行く。

道の真ん中に、目に見えない国境線があるみたいだ。

べつだん双方険悪な雰囲気でもなく、あっちはあっち、こっちはこっちで、淡々と掃除は進む。

なんだか楽しくて、キライな掃除をいつになく熱心にやってしまった。

落ち葉の詰まったゴミ袋と引き換えに、ペットボトルの飲み物などもらって、解散。

面白かったから、次の清掃日もあの遊歩道に行こう、と思っている。

けんざかい
(某大型ショッピングセンターの中にある県境)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごきんじょ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/12/03 11:40
コメント
No title
我が地域でも、ごみ0運動というのが年2回あり、ゴミ拾いをします。
wifeの代わりにいつも私が参加します。
あ、
イオンかな?
高の原の。

私の町内の清掃はじつにのんびりしております。
なんとゆーか春風駘蕩とした感じ?
ただ「蜂が目撃されたので注意して下さい」と係りの人から言われたときはさすがに緊張が走りました。

私は割りとのめり込むタイプのようでおば様たちに「そんなにせんでもエエんとちゃいますか?」と制止されます。
Re: No title
Carlos様

こちらの自治会でも半分以上が男性ですよ。

そういう機会にご近所と顔つなぎをしておこうということらしいです。

小さいお子さんを連れてパパさんが出てこられているのなど、いいなあと思います。
Re: あ、
rockin'様

ハイ、イオンです。高の原の。

県境マニアの間では有名なようですね。

管理者のみに表示