FC2ブログ

ベーコン本。

アンタもいいトシなんだし

年初にそんなことを言いながら、母がくれたのは5年日記であった。

これから忘れていく一方なんだから

そう言うおばーちゃん自身も、長く日記をつけている(→にっきの話。)。

ここに毎日書いているから、ホントは心配ご無用なのだ。

しかし、なにしろ話題の何割かが当のご本人なのであるからして、ブログの存在はおばーちゃんには内緒である。

しかたなくもらってきたものの、1行も書けていない日記帳を、久しぶりにペラペラめくってみたところ、欄外に小さい文字を見つけた。

結婚は判断力の欠如。離婚は忍耐力の欠如。再婚は記憶力の欠如。

ほほー。

よく見ると、毎日のページに、名言・格言のたぐいが書かれている。

ちょっと面白くなって、ページを繰っていくと、今日のところにこうあった。

習慣が最も完全になるのは、若いころ身につけたものである

言ったのはフランシス ベーコン、イギリスの哲学者、神学者、法学者である。

「知識は力なり」とか、「若い時は一日は短く一年は長い 年をとると一年は短く一日は長い」とか、名言も多い人のようだが

えー、ほんとにイ?

この格言には賛同いたしかねる。

若い時には、習慣はつきにくいものである。

毎朝6時きっかりに起きるとか、夕飯にかならず納豆半パックを食べるとか、そういうことを決めておこなうのは、ジジイババアだと思うのだ。

そして、年配者のそういう習慣は、例えば定年とか、1人暮らしになったとか、後半生に起因していることがほとんど。

体調も家族の事情も、まったく違った若いころの習慣を、ずっと続けていける人など稀であろう。

コレ、ホントにベーコンの名言?

ちょっとした疑念が兆した。

習慣が最も完全になるのは、若いころ身につけたものである

翻訳口調とはいえ、表現もぎこちないし、検索しても孫引きばかりで、出典が見つからない。

そうなると、がぜん気になるのが私の性分だ。

こんなことでもなければ絶対に手が出なかったであろう、ベーコンの著作を読みだした。

ハイ、大変でした、いっぱいあるんで。

そして見つけました、何冊めかで。

習慣は、若いころに始まる場合に最も完全である。我々はこれを教育と呼ぶ。教育とは、実際には若いころの習慣に他ならない。(「ベーコン随想集」岩波文庫)

これ、この前半でしょう!

そして、前半だけの引用では、ぜーんぜん意味がないということも分かる。

肝心の格言だが、そういえば、この私のしつこさは、たしかに若いころからの習慣かもしれない。 

ふらんしす べーこん
(Francis Bacon, Baron Verulam and Viscount St. Albans、1561.1.22 - 1626.4.9)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ブックガイド | コメント(6) | トラックバック(0) | 2021/04/09 11:30
コメント
No title
ぢょんさんのしつこさに乾杯 ( ^ ^ )/□
いや、完敗?笑
ベーコンの言いたいことはむしろ後半にあるようですね。

「若い時は一日は短く一年は長い 年をとると一年は短く一日は長い」
いや、一年は短く 一日も同じく短いんですけど?
ベーコンさ〜ん、そう思う私はまだ尻が青い?
No title
いや~感心しました。
調べたんですね。
その執念たるや若いころ身につけたんでしょうね。
しつこい
素敵な ” しつこさ ”です。
大切な自分を作る宝物ですね。
Re: No title
さとちん様

私は最近1日長いなーと思うことが増えてきました。

朝むやみに早起きするからですかね。そういう意味でも年取ったんですね。
Re: No title
Carlos様

若いころというか子供の頃からでしょうか。

困った性分です。
Re: しつこい
マーニ様

ありがとうございます。

宝物と思って、大事にします。

管理者のみに表示