きけんの話。

りょかくきのまどわれる

…4月17日、アメリカ・サウスウエスト航空の旅客機のエンジンが破損し、飛散した部品で窓が破れました

乗客の証言によりますと、女性客の上半身が窓の外に吸い出され、他の乗客が身体をつかまえていた、ということです 女性はその後、死亡が確認されました…


私は怖がりなうえ、想像力豊かなので、飛行機に乗るたび、

この窓が割れたら…

と、オソロシイ想像に取り憑かれるのが常であるが、まさにその通りになったわけだ。

いくら丈夫な素材を使い、しっかり嵌めたといったって、窓は弱い部分。窓際は景色こそいいが、当然リスクもある。

飛行機では、極力窓際は避けねば、との思いを、あらためて強くした。

ビビりの私は、ただでさえ避けていることが多い。

電車では、追突や脱線事故を恐れ、1両目と最後尾の車両には乗らない。

路傍で工事をしていたら、足場の下は歩かない。多少遠回りになっても、道の対岸に渡る。

今出来の、ハイカラなビルの前は、走って通り過ぎる。ガラスが降ってくるのが怖いからだ。

遊園地の絶叫マシンは必ず故障すると思っているので、決して乗らない。

列記するととんでもない苦労のようだが、若い時からの習慣なので、ごく自然にそうなる。

そんな私から見れば、世の中、恐れ知らずの勇者だらけである。

今朝、私の前にいたオジサンは、駅までの1本道、ずうっと側溝の蓋の上を歩いていた。

蓋が割れたりひっくり返ったら、ソコソコ深い側溝に落ちる。シリモチくらいで済めばいいが、足を折ったり、頭を打つ可能性だってある。

バンジージャンプも分からないが、立派な歩道があるのに、わざわざこんなことをする人が、一番わからない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
てれびじょん | コメント(12) | トラックバック(0) | 2018/04/19 11:30
コメント
臆病は良いことだ。
いつもアハ・ハと笑って読みます。
どんな頭の方かな?と想像して楽しんでいる。
ありがとうございます。
今日は笑えなくて 東京へ行ったときビルの中を歩きながら・・二度と東京へは来ないと決めました。
すぐこころがわりするけれどね・・
でも地震が来たら・・とぞっとする。
臆病は 自分を守る。!!
No title
本当にビビりやなんですね。

私も結構側溝の上を歩きますななね。
歩道は微妙に側溝に向かって斜めになっており歩きにくい。
側溝の上は比較的平らなので歩きやすいのです。
飛行機はできればいつも窓際ですね。
電車も空いているので先頭車両。
ぢょんさんと正反対ですね。

No title
同じことを感じている人がイター!(≧▽≦)
ビックリです。嬉しいです。

歩道の信号が青でも左折車の停止を確認してから渡る。
地下鉄や駅で列の先頭に立っている時は後方に気を配る。
エレベーターや観覧車はなるべく乗らない。
など想定リスク回避をしています。

ずっと側溝の蓋の上を歩くなんて考えられません。
世の中は勇者だらけだと思っています。
No title
じょん子さんのこの記事を見て思い出しました。
他界した母がよく言っていました。「寿司は両端、電車は真ん中」と。
巻寿司の両端は具材が多いのでお得、電車はおっしゃるとおり。福知山線事故でもそうでしたね。
あれからもうすぐ13年。
No title
ぢょん でんばあさんは、災害などがあった時、生き残れる可能性が高いんでしょうね。
仰られる様に、絶対ということはないですから、それぐらいの備えがあった方がいいのかも。
「あと10㎝ずれていたら・・・・」なんていうことは
テレビでもやっているので、それを思うと備えは大切ですね。
ぢょん でんばあ様は
素晴らしいリスクマネジメントを実践されています。
リスク対応の基本である「回避」と「低減」がなされています。
尊敬します。

>ずうっと側溝の蓋の上を歩いていた。
 昔々のこと。
 片足を側溝の蓋、もう片足を道路に置き歩いていました。
 下は見ずに。
 そしたら蓋がないところがありました。
 片足が溝深くに。
 もう片足は道路上に。
 この状況を想像して下さい。
 
リスクマネジメントはとても大切です。
Re: 臆病は良いことだ。
遠音様

コメントありがとうございます。

東京に住んでたこともありますが、想像するとおっかないですよね。

妹は首都圏在住ですが、姪っ子が大学に行ったら関西に帰る!と言ってます。(関西だって南海地震があるのにね)
Re: No title
Carlos様

おお!まさに勇者ですね!

私のような弱虫のことは気にせず、これからもわが道をいらしてください。
Re: No title
理事長の妻様

フフフ…きっと仲間だと思ってましたよ。

あの、先回りして最悪の事態を想定する思考回路…。

それでこそ理事長の妻が務まるというものです!
Re: No title
とっしー様

「寿司は両端」が楽しくていいですね。

ただの教訓より覚えやすいです。私も使わせていただこう。
Re: No title
森の端材工房様

どうなんでしょう?生き残る可能性、ということで言えば、誤差の範囲内じゃないかと思います。

心がけ以上に運が影響しますよね。

そして私は運は悪いほうなのです(悲)。
Re: ぢょん でんばあ様は
rockin'様

ああ、私が想像した悲しい映像が、実現されている…。

よくぞ骨も折らず生還されました。最悪は回避されました。

管理者のみに表示