ふじみの話。

今年は花が早い。

例年なら連休ごろに咲く藤の花なども、早くも満開らしい。

亀戸天神は浮世絵にも描かれた藤の名所だ。 (→ 亀戸天神社公式HP

かめいどてんじんけいだい
(名所江戸百景 亀戸天神境内 安藤広重)

もうずいぶん前になるが、東京に住んでいた頃、父が珍しく、1人でうちに来たことがあった。

大学の同窓会か何かだったろう。

少し早めにやってきた父に、どこか行きたいところある、と聞いたら

亀戸天神に行ってみたいな 藤には少し早いかも知れんが

と言うので、電車を乗り継いで出かけた。

晩年膝を悪くしてしまった父だが、その時分はまだ、駅の階段を上り下りしていたのだ。

はじめての駅を降りて、言葉少ない父と2人ブラブラ。すぐに赤い鳥居が見えた。

鳥居をくぐればすぐ、浮世絵で見た太鼓橋。渡れば左右には五分咲きの藤棚

たしかに赤い橋に紫が映えてキレイだが、ずいぶんな混雑だ。

意外に狭い境内に、花より多い人があふれかえっている。

そう、狭いのだ。

これが名高い亀戸天神か、拍子抜けするほどの狭さである。

すぐそばまでビルが迫り、ちょっとした児童公園か、マンションの敷地くらいしかない。

せっかく来たのだから、ケチをつけるようなことは言うまい。黙ってさらに混んだ参道を進むと、ぶった切るように境内が無くなった

それまで黙っていた父が

おい、これで終い

つい不満の声を漏らしたのを聞いて、いきなり、堰を切ったように、笑いがこみ上げた。

…ほんとにね、ビックリね…

やっとのことでそう言ったきり、ゲラゲラ笑いがとまらない。

すれ違う参拝客が、身体を折って笑う私を見て、驚いている。

憮然たる面持ちの父だったが、帰りに立ち寄ったのらくろ記念館で、機嫌を直してくれた。

父と2人の外出は、あれが最後だった、かもしれない。

たがわすいほうのらくろかん

→ 田河水泡・のらくろ館



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ごかぞく | コメント(6) | トラックバック(0) | 2018/04/21 11:30
コメント
No title
お父さんとの素敵な想い出ですね~
行ってみるとがっかりしたってことでも、後で笑えたりするので、良い想い出ですね。
No title
お父さんとの思い出ですか~
藤を見ると思いだすんでしょうね。
今、藤が、きれいに咲いております。
ゴールデンウィークには藤もつつじも散ってしまうでしょう。
藤と言えば
「藤にホトトギス」を真っ先に浮かべる品のない私であります。

昔、亀戸の駅を通過して通勤していました、「(名所江戸百景 亀戸天神境内 安藤広重)」なんて全く知りませんでした。

そうですか、拍子抜けするほど狭いんだ。
うーん。
ひょっとした昔はもっと広かったのかもしれません。


のらくろ記念館。
救われました。
Re: No title
Carlos様

たくさんの藤の写真を見せていただいて嬉しかったです。

私も出かけるつもりでしたが、今日こちらは雨になってしまって残念です。
Re: No title
wanco様

東京の名所ってこういう拍子抜け多いんですよね。

昔はきっともっと広々してたんだろうと思うんですけど。

(コメント順狂ってごめんなさい。)
Re: 藤と言えば
rockin'様

亀戸は梅でも有名でした。広重の浮世絵ではこちらのほうが有名かもしれません。

地価の問題が、名所旧跡を圧迫しているんでしょうね。

管理者のみに表示