ほうもん話。

クリップボードを手に、キョロキョロ周りを見回しながら、住宅街を歩く背広の青年。

新任の先生の、家庭訪問だ。

近頃は、生徒の家まで訪ねて行っても、玄関先で話を済ませるのが主流らしい。

曲がりなりにも先生と名のつく人を、門前払いするなんて失礼に思える。

しかし、先生のほうも、いちいち上がり込んで飲みたくもないお茶をご相伴するより早く済むし、お腹もタプタプせず、助かるのかもしれない。

昔の家庭訪問は大層だった。

いついつにお邪魔します、と学校からお手紙が来ると、母はにわかに色めきたつ。

お茶菓子はあったかしら、お茶ッ葉は…などと独り言が増え、大掛かりな掃除がはじまる。イモートと私は部屋の片付けを言い渡された。

先生にお通りいただくのは客間なのに、どうして、と口答えすると、

2年の時のカワバタ先生はお部屋ご覧になったでしょう!その時に慌てても遅いのよ!

と、叱られる。

そうなのだ。昔の先生は

ぢょん子ちゃん、どんな机でお勉強してるのかしら~?

などと言いながら、机を見に来ることがあった。

必ず、というわけではないが、そういう可能性も考え、オモチャやマンガを隠さねばならない。

そんな風に、大騒ぎしながら待つXデー当日。先生はだいたい、すこし遅れていらっしゃる。

自分ちの玄関に立つ先生は、教室とは違って見えて、まぶしい。ポカンと見上げていると、母にあっち行ってなさい、と追い払われた。

フスマのかげで息をひそめていると、先生と母の笑い声が聞こえたりして、ドキドキするけれど、拍子抜けするほどあっさり家庭訪問は終わる。

次はタナベさんなの。ぢょん子ちゃん、おうち分かる?

そんな風に聞かれたら、もう鼻高々だ。急いでズックを履いて飛び出し、

せんせーい、こっちこっち!

先生と行く先の空を、ツバメが横切る。

母は大変だったろうが、家庭訪問の思い出は、明るく楽しい。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
むかしむかし | コメント(14) | トラックバック(0) | 2018/05/03 11:30
コメント
客間!
ぢょんさんて、お嬢様…。うちには客間とか応接間っていうのはなかったですねえ。リビング…とは言いませんでしたね、「居間」で兼用でした。
 ちなみに、今年、息子の家庭訪問の先生はリビングまでいらっしゃったので、学校によって違うんでしょうね。玄関先で済むなら楽なのになあ。
家庭訪問に
興奮した私。
何に興奮したのか?
今思うといつもは学校に行って先生の顔を見るのに家庭訪問では先生が私の家に来るという立場の逆転に興奮したのでしょう。

そして次の訪問先への先駆け役を務める。
いつもは教えられる側なのに教える方に回る。
当然、興奮しました。
No title
今ならとんでもないことですが・・・
友達のところへ来た先生は、この家が最後だということで出されたビールを飲んでいました
何の問題にもならなかったあの頃(笑)
No title
家庭訪問なんてあるんですね。
昔はそんなものはなかったんですが・・・
何を調べているんでしょうね。
訪問される側は大変でしょうね。
No title
貴殿の文章には映像が付いてくる。
やめられまへんわー。
No title
こんばんは。

昔の家庭訪問では、担任にお茶と菓子を出すのは当然で、時間帯によっては食事を出すこともあったと聞いています。
訪問する側もされる側も気合い十分で。

まあ、今となってはありえない話ですね。

私の記憶に残っている家庭訪問は、担任と二人で庭のブランコに乗っていたことぐらいかなあ・・・
何故そうなったのやら。
No title
なかなかユニークな本ですね。
子供のころラムネの瓶のガラス玉、どうやって入れたんだろう?と・・・
ラムネが苦手でした。
あの炭酸が鼻からん抜けるのが苦手でした。
Re: 客間!
まこ様

うちの子たちの先生も、ちゃんと上がられましたし、暑かったので、と冷たいお茶をごくごく飲まれました。

実家は田舎の家なのでだだっ広くて…客間、ではなく、ホントは座敷と言ってたんですが、わかりにくいかなと思って言い換えたら、セレブ感が漂ってしまいました(笑)。
Re: 家庭訪問に
rockin'様

確かに!

刺激の少ない子供時代、家庭訪問はエキサイティングでした。

あの興奮が味わえないなんて今の子はかわいそうだなあ。
Re: No title
まりりん様

ハハハ…それくらいあったでしょうね。

そういえば、祖母は、母の担任の先生が宿直の時、お夕飯にお招きしていたそうです。それくらい普通のことでした。
Re: No title
Carlos様

お子様たちの頃にはあったでしょうね。

奥様が対応され、企業戦士のCarlos様はご存知ないでしょう。
Re: No title
old comber様

望外のお褒めの言葉ありがとうございます。

今後もよろしくお付き合いくださいませ。
Re: No title
ふぐにさん様

私も、子供の家庭訪問の時はお茶とお菓子をお出ししていました。

お茶は召し上がることが多かったですが、お菓子は残されていたので、子供にやってました。

仏壇のお下がりをもらうようなものですね。
Re: No title
Carlos様

ラムネの話にいただいたコメントだと思うので、そちらでお返事しますね。

いつもありがとうございます。

管理者のみに表示