ふきふき話。

私はいいトシをして美容全般に無頓着である。

紫外線に乾燥、美肌の敵と果敢に戦う美魔女たちを横目に、あらゆる対策を怠っている。

トーゼンの報いでシミも出ているが、人間だいじなのは気の持ちようだ(→ はんてん話。)。

そんな私も美容院には行く。

あんまり髪を振り乱していると、ヤマンバが来た、と、狩人に撃たれる恐れがあるからだ。

さいきんチラチラ白髪が出始めたので、美容師さんの勧めで、ヘアマニキュアをする。

ぺたぺた薬剤を塗って待つことしばし。

ジリジリジリ…

タイマーが鳴って、シャンプー台に導かれた。

余分な薬剤を洗い落としてもらってサッパリと起き上がると、美容師さんが

アラ…

何かに気付いて、タオルを手にした。

ワセリンだかコールドクリームだかを指にとり、頬にちょんちょんとつけて拭きとる。

髪染めの薬剤が飛んだらしい。

くりくりと拭いたあと、拭き跡を見て首を傾げ、またクリームをつけたので、私は気づいた。

親切なアナタには言いだしにくいけど、それはこすっても取れないのよ。

アノ、それ、

言いかけたのと、ほぼ同時に

あっ!

彼女は熱いものに触れたように、タオルをひっこめた。

言葉もなく、申し訳なさそうな表情を浮かべた美容師さんを見て、私もなぜか、ひどく申し訳ない気持ちになる。

帰り道につい、ドラッグストアで美白化粧品を眺めた。

こじか
(たとえば小鹿の斑点のようなものだとなぜ思えないのか)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
もろもろ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2018/05/14 11:30
コメント
No title
あっ!と気がついた美容師さんの心境を思うと笑えませんが、姉に同じことをやったことがあり、笑えます(~_~;)
『なんか、ここ(右の頬)ついてるで~』と言いながら、途中で気がついて、『ごめん、シミやわ~』と苦笑いしました。他人様やったら、失礼きまわりないですもんね~

必死でケアしてたこともありますが、気をつけていても、シミができますので、適当でも良いと思ってます。
テレビに出ている、シミひとつない肌は、すごいメイクのテクニックによるものだと思います。
ダメですよ
お肌には細心の注意を払い最新のケアーをして下さい。
綺麗な女性はいつも魅力的!
No title
そろそろお肌のケアもしましょうよ。
美容師さんもびっくりしたでしょうね、なかなか取れなくて・・・・
Re: No title
wanco様

シミを防ぐ努力はすごいけど、生活の妨げになるような気がするんですよね。

私は日光を浴びる楽しみを優先したいと思っています。
Re: ダメですよ
rockin'様

ジジイは思う存分キタナくなれるのに、ババアにその自由がないのは不公平ですよ。

肌のお手入れに追われるなんてまっぴらごめんです。

少々シミがあっても魅力的な人間でありたいと思っています。
Re: No title
Carlos様

そろそろお手入れを…っていうのは若い人に言うことですよ!

私なんかもはや手遅れです。

管理者のみに表示