FC2ブログ

バールノ本。

16日午前7時55分ごろ、東京都杉並区の西武信用金庫西荻窪支店で、出勤してきた支店長が、男にバールのようなもので頭を数回殴られたうえ「金を出せ」と脅され、現金1100万円を奪われました 男は逃走し、強盗の疑いで行方を追っています

家事をしながら聞き流していたテレビの画面に、思わず注目したのは

バールのようなもの

の一言のせいである。

ばーるのようなもの
(「バールのようなもの」清水義範 文春文庫)

20年も前の本だから、若い人は知らないかもしれない。

ニュースでよく見る「バールのようなもの」って何なんだ?ということを、マジメに検証する、というテイの、しかし実は大いにフザケた、小説である。

バールというのは、むろんこれだ。

ばーる

クギを抜いたり、がっちり固着したものをこじ開けたりするのに使う工具。

じつはうちでは震災以降、万が一のドアの変形に備えて、玄関の傘立てに置いている。

こんな単純なもの、「ようなもの」と表現しなくてもいいように思うが、正確を期すニュースではそうもいかないのだろうか。

「ようなもの」と言わざるを得ないと考えられるのは、事後に推察する場合だ。

強盗なりドロボウなりが発覚した後、例えばシャッターが壊されていると

うーむ、これはバールのようなものでこじ開けたらしい

となるわけだ。

ところが、今回のニュースでは、気の毒な支店長は、犯人に面と向かってドカドカ殴られている。

おまけに、犯人は金庫に侵入した後、収納庫をその凶器でこじ開けて、現金を取り出したらしい。

これはもう「ようなもの」ではなく、バールと断言できるのではないか。

こじ開けに便利なよう、片端をL字に曲げた鉄製の工具を、バールと呼ばずしてなんと呼ぶのか、「ようなもの」呼ばわりした人に聞いてみたい。

もしかしたら、ニュースを書く人には、「バール…」と打つと自動的に「…のようなもの」までが出力される予測変換機能がついているのかもしれない。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト
ブックガイド | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/05/17 11:30
コメント
No title
すごいうちだ!
玄関の傘立てにバールを置いているうちはまずない。
私でもバールは庭の物置に置いている。

バールよりパイレンの方が破壊力はあるなぁ。
でもパイレンは災害時には単に叩き壊すという一方的な使い方しかできないけど。
No title
建設機材ネタに黙っていられなくて。

私もその表現、疑問に思ってました。でもそれ「カナテコ」の事だろって。
検索すれば普通に出てくる、知らない人には思い浮かばない重量屋さん、解体屋さん必携の工具です。
バールで壊せる金庫なんて手提げレベル。
据付金庫は・・・いや自粛しておきます。
No title
バール、よくご存知でしたね。
一般の家にはあまり置いていないですが、ぢょんさんの家にはあるんですね。
ホントバール以外にはこじ開けたりできませんよね。
証拠品として残っていないので、断定は避けたのではないかと・・・
でもバールですよね。
No title
バールのようなモノ、とニュースで言ってる時に、曖昧な言い方をするのは、実際にバールって見たことないので、目撃者も『これが世に言うバールかな?』と思って、バールのようなモノというのかな?
断定して、バールじゃなかったらアカンから・・・
釘抜きは、ウチにありますけど、バールとくぎ抜きはまた別ですかね?

Re: No title
rockin'様

震災で、玄関ドアがゆがんで家を出られなかった、というお話をいくつも聞いたものですから、閉所恐怖気味の私はいてもたってもいられず、似合わぬ工具など購入してしまいました。

カサ立てに立ててると意外に違和感ないですよ。
Re: No title
lcx7672様

この犯人は支店長を脅して金庫内に入り、金庫の中の現金収納箱をバールでこじ開けたのだそうです。

銀行の金庫はバールでは開かないでしょうね。
Re: No title
Carlos様

きっと高価なものだと思っていましたが、買いに行ってみるとお安いので驚きました。

時々ひっぱりだして錆びていないか点検します。
Re: No title
wanco様

バール、かなてこ、くぎ抜き、どれが何なんだか。

殴られたら痛そうなものばっかりですね。

管理者のみに表示