FC2ブログ

やまいく話。

子供のころ住んだ町は、県境の山際にある。

標高600mほどのなだらかな山は、鍛錬遠足の行先になることもあり、いつも視界の中にある、身近な存在だった。

ときどき、遊び仲間の誰からともなく

明日、に行かない?

という提案が持ち上がり、そうしよう、そうしようと、あっという間に話がまとまる。

キッカケは、季節の花の便りであったり、珍しい虫が獲れたというウワサだったり。

翌日、約束の場所には、思い思いの装備を凝らした子供が集まった。

虫取り網にデカい虫かごで、虫という虫を捕るつもりの者あり、水筒にオヤツと、食べ物重視の者あり、かと思えばまるで手ブラの者もあり。

山での目的はそれぞれでも、みな意気揚々と列を作って、住宅地を越えて行くのである。

先はクローバーの花畑に入り込み、首が重くなるほど長い、花輪を作った。

は網に継ぎ竿をして、高い枝からセミをとった。

は木立に入り込み、落ち葉の山に繰り返しダイブした。

は朽ちた切株を蹴飛ばして、木の皮の下に宝石のようなタマムシを探した。

畑にしろ林にしろ、大胆に私有地に侵入していたわけだが、誰にも、一度も叱られたことは無い。

思えば大人が子供に寛大な時代であった。あんな山遊び、きっと今は無理だろうな。

本日、山の日。

やーまん
(オマエ誰やねんと言いたくなるキャラクター)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



むかしむかし | コメント(6) | トラックバック(0) | 2018/08/11 11:30
コメント
No title
今の子供たちはそんな遊びはしらないでしょうね。
最も都会には山はないし。
私も子供のころは、春は山菜取り、栗拾い、秋にはキノコ採りなどしたものです。
確かに他人の山へ入って栗拾いしたり、キノコをとっても叱られたことはなかったですね。
楽しかったな~
No title
山の日にこんなキャラクターがいたんですね。
ホンマに「お前誰やねん?」と突っ込みたくなる要素満載。無理やり感が半端ない(笑)

山の遊び素敵ですね。
私は近所が田んぼだったので、刈り取った後の田んぼで遊んだりしていました。
今の子は公園でさえボール遊びもできないなんて可哀想なもんです。
いいですね
実に楽しい少女時代を過ごされたようです。
シーズンに応じた楽しみが山にはあったんだ。
嫁さんも裏山が格好の遊び場だったようで今でもその話を聞かされます。

高低差は面白いことを提供してくれます。
Re: No title
Carlos様

食べられるものを取る楽しみはなんとも言えませんよね。

あんな楽しい遊びができない子供がかわいそうに思います。
Re: No title
かみーれ様

山の日のヤーマンですって(笑)。

近頃は保育園の子供の声がうるさいって近隣から苦情が出るそうです。余裕のない世の中になりました。
Re: いいですね
rockin'様

奥様にも楽しい思い出がおありなんですね。

これくらいのこと、当時は当たり前と思っていましたが、自分の子供は全く経験できないまま大人になってしまいました。

管理者のみに表示