FC2ブログ

8・1・3本。

お盆休みも出かける予定は無いので、できるだけ涼しくして家にいる。

エアコンなしのわが家で「涼しく」とは、日除けを下ろし、電気も点けず真っ暗の中、他人様にはお見せできない薄着でいる、という意味だ。

テレビは発熱するから見ないし、加熱調理も最低限。ビールも汗をかくから、氷水で済ます。

そんな具合で、真夏の家計費は異常に低い。

GO TOしないぶん、浮いたお金で買物でもしてやろうと、ネットの古書店を見ていたら、見覚えのある男の顔に出くわした。

813.jpg
(「8・1・3の謎」南洋一郎著 ポプラ社)

モノクルにシルクハット、蝶ネクタイのいでたちは変わらねど、シリーズの各巻で微妙に顔立ちが違い、この巻のルパンがいちばん、いい男だ。

田舎の小学校の、薄暗い図書室。

貧弱な蔵書の中で、ゆいいつ光輝を放っていたのが、この怪盗ルパン全集だった。

見返しのポケットに差し込まれた、貸出カードには、私の借りた日付が並んで、卒業までに何度、この全集を読んだだろう。

華やかなパリの社交界。オーケストラの音楽に、厚地のカーテンが揺れて、黒いドレスの妖女と、奪われた秘宝。白馬に引かれた馬車が疾走する。

何もかもが、知らない世界だった。

なかでもこの「8・1・3」は、読んで興奮し、驚いて声を上げた、初めての本なのだ。

昔のあの本に、クリックでまた手が届くと思うと、読んでみたい気もする。

いや、よそう。きっと落胆する、それが怖い。

過ぎ去った50年近い年月は、やはり長すぎた。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ブックガイド | コメント(18) | トラックバック(0) | 2020/08/13 11:30
コメント
No title
子供の頃呼んだんですか~
私が初めて読んだ小説は「姿三四郎」でした。
それまではマンガばかりでしたが、感動した覚えがあります。
No title
小学校の図書室ってあまり利用しなかったですが、図書館はよく行きました。まだ、貸出カードの時代ですね。偉人の伝記とかよく読んでました。

子供の頃に読んだ本で、また読みたい本ってないんですよ~覚えてないというのが正確なんですけど。
中学生になってから、お話の本は、『赤毛のアン』とかマイディアシリーズとか好きですけどね。

図書館で読んで気に入った本、欲しいけど、古いので新品はなく、中古本がオンラインショップでのみあったので、注文して店頭受取にしました。まだ連絡がこないけど、楽しみにしてます。
ホームズよりルパン
小学生の頃は地元の図書館に行くのが好きでした。

借りたら返却しに行き、また借りて来る。

そんな中で推理小説のエリアに気になる作品が有りました。

シャーロックホームズとアルセーヌルパン

両方を立ち立ち読みした結果、怪盗ルパンのシリーズを借りる事にしました。

最初は軽い気持ちだったのですが、嵌ってしまいました。

何度も読み返していた事を想い出します。

でも残念ながら題名で内容が想い出せません。

813は小学生ながら衝撃的だったと云う記憶が有ります。

そこから半世紀近く経った今…やはり

読み返すのが怖いです。

懐かし~
こんばんは。
図書室にもあったのでしょうが、ポプラ社のルパンシリーズとホームズシリーズ、そして江戸川乱歩の少年探偵団シリーズが、全部ではありませんが教室に置いてありました。
私もルパン派です。
8・1・3?!
8月13日?
と思ったら全然ちがってましたね~^^

自分が当時図書館で夢中になってたのは江戸川乱歩の
『怪人二十面相』シリーズなので
こちらはまったく知りませんでした。

気になるので早速amazonで☆ったところ…
まんまとkindle版を購入したみたいで
気付いて返金してもらいましたよ~^^

そのうち探して読んでみたいと思います~♪
No title
ああ!この絵には確かに見覚えがあります❗
「8.1.3の謎」も、ドキドキ、ワクワクしながら読んだ記憶があります~❗
懐かしい……。50年も前の記憶がおぼろげに蘇ってきて、ぢょんこさんの読まれた本とリンクするなんて~❤
なんか嬉しいです!
ルパンも、ホームズも、明智小五郎も……あの頃読みあさっていました。
ポプラ社と言えば
なんたって「少年探偵 怪人二十面相」です。

小学校の図書館にあったのを片っ端から読みました。
今も小学校に
ポプラ社のルパン、怪人二十面相のシリーズは今も小学校の図書室の鉄板ですよ。(私が住んでいる地方だけかな?)表紙がいいんですよね。
今読んでもやっぱり面白いので、その点は安心してポチして大丈夫かと^_^
私はこのルパン本の翻訳者の南洋一郎さんが、小林信彦のオヨヨ大統領シリーズ(大統領の密使とか)にパロディーで登場するのがすごく好きで嬉しかったものです。
今も南さんの翻訳がそのまま使われているのがすごい!
これと、
このシリーズと怪人二十面相のシリーズが並んでました。
その怪人二十面相のシリーズの背表紙の顔が怖くて!!
 今日の写真のシリーズもかなり長い間「怖い本」、つまりホラーだと思って手を出さなかった覚えがあります。
読んだら、すぐ、ホラーじゃないことはわかったんですが。
Re: No title
Carlos様

姿三四郎は柔道のお話でしたっけね。

有名なので知ってる気になってましたが、読んだことがないかもしれません。
Re: No title
レツゴ―一匹様

うちは大阪も市外だったので、図書館に行くのに電車乗らないと無かったんですよ!

都会っ子はいいなあ~。
Re: ホームズよりルパン
山猫様

そうですね~、ネコ様はイギリスのホームズよりフランスのルパン、なんとなくわかる気がします。

813はビックリしましたよねー、そのビックリの正体、確かめたいけど、やっぱりできません。
Re: 懐かし~
Ms.れでぃ様

少年探偵団もありましたね!

表紙がまた、おどろおどろしくて…。懐かしいです。
Re: 8・1・3?!
ざくまら様

あ、お気づきでした?一応意識してはいたんですが、気づいていただくと嬉しいです。

怪人二十面相は大人になってから文庫で少し読みました。
Re: No title
noririnko様

わあ、嬉しい!

こういうことが共有できるとうれしいですね!思い出したことがあれば、また記事にしてくださいね。
Re: ポプラ社と言えば
rockin'様

うちの学校にはたぶん、少年探偵団はあんまりなかったんですよね。

なんでだろう。先生の趣味かな。
Re: 今も小学校に
mikaidou様

へえー、そうなんですね!うちの子の学校には無かったなあ。新設校だったからかな。

そうそう、南洋一郎訳のすごさ。「超訳」なんて言葉のできる前でしたが、ほとんど創作みたいな巻もあるらしいと聞きました。
Re: これと、
まこ様

やっぱり図書室の定番だったんですね。

この表紙、ルパンはまあいいとして、背後の「黒い人」がホラー風味ですよね。名探偵コナンの犯人みたい。

管理者のみに表示