FC2ブログ

ちょっきん話。

部屋着として夏じゅうはいていた短パンだが、そろそろヒザが寒くなってきた。

引き出しを開けて、ズルズルとズボンを出す。

締め付けるところがない、お気に入りのズボンである。

もとはピシッとしたお出かけ用だったのが、年月とともにダラーっとしてきて、厚手だった生地もいつのまにかヘニョヘニョだ。

久しぶりにはいてみると、昨年よりさらにユルユル度が増して、裾なんか床に引きずっている。

いいかげん寿命かもしれない。

しかし、古くなればどんなズボンでもユルユルになるとは限らない。

だいたいはボロボロになり、あるいはクタクタになる。

見た目みすぼらしくなく、感触だけいい感じにユルユルになったズボンは貴重なのである。

1度はいたズボンを脱ぎ、あらためてしげしげと眺めた。

ずり下がらないよう、ウエストにゴムを入れよう。構造上めんどくさそうだが、できなくはない。

私は裁縫の類は得意だし、仕事は丁寧である。

ツギあて、裾上げ、ボタンつけ、こういう修繕もべつに苦にならない。さっそく裁縫道具を出し、作業に取り掛かった。

縫い目をほどこうとハサミを手にとった時。ふっと魔がさしたとしか言いようがない。

修理するつもりのウエスト側ではなく、引きずっていた裾のほうを

ちょっきん!

気づけば大きく切り取っていた。

自分で自分のしたことに驚いたが、なんだか爽快で、いい気分である。

ちょん切ったズボンは、ちょうど靴下の見えるくるぶし丈で、切りっぱなしの裾も軽やか。

思わず用もないのに外に出たら、むきだしの足首を、秋風がなでていった。

かっとおふじーんず



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2018/09/27 11:30
コメント
No title
前半の文面から来る印象と
写真とは随分と違いますね
おはようございます。
この写真が、本物のぢょんさんの足か、偽物の足か。
それによって印象が変わると思います。
くんざんさん、この写真は恐らく・・・・・・・。
No title
おやおやちょん切ってしまいましたか~
でも涼しそうでいい感じかも・・・
Re: No title
くんざん様

ふふふ。現実を写しても美しくないでしょう。

ラーメンの袋にある「写真は調理例です」という、あれですね。

Re: おはようございます。
みのじ様

さすがみのじさん、鋭い!

この足は、ユニクロのカタログモデルさんの美脚でした~。

蚊に食われた跡だらけのリアル生足なんて、とてもとても…。
Re: No title
Carlos様

ズルズル引きずりそうで気になってたので、本当にすっきりしました。

涼しすぎるので靴下を履いています…笑。
お、
お気に入りのズボンが新たなデザインで輝きを増したようです。

お洋服に手を加える発想が全くない私にはぢょん でんばあ様のセンスとスキルが羨ましいです。
素敵。
Re: お、
rockin'様

こういうことをするのは私たち世代が最後かもしれませんね。

うちの子供の世代も家庭科は習ったはずですが、ボタンもつけません。

管理者のみに表示