FC2ブログ

てんむす話。

名古屋で仕事があったとき、お土産に名物の天むすを買った。

てんむす
(→ 千寿本店謹製めいふつ天むす

到来物やお土産というのは、中に入っているパンフレットや引き札を、丹念に読みながら食べると、ことのほか味わいを増す。

竹の皮包みの上に、二つ折の小さな紙片が一枚。開いてみると

本日は 元祖の味をお買い上げくださいまして 誠にありがとうございました

とある。そうそう、これこれ。

天むす発祥の由来書は、シロウトくさい文章が味わい深い。

昭和三十年代初め天ぷら店をしていた初代が
忙しかったため せめて夫に栄養のあるものをと
車エビの天ぷらをおむすびの中に入れたところ
「意外とおいしい」と喜び、色々と苦労を重ね
味付け法を生み出し 天むすの誕生となりました


へえ~、なるほど。

なるほど、なんだけど、何となくおかしい。

まず「意外とおいしい」意外とはよけいだろう。

おまけにこの文章、天ぷら屋のおとーさんが、めでたく美味しい天むすを食べられるようになりましたとさ、で終わっている。

それもそのはず、由来書の冒頭には、どうどうと

夫への愛情が生んだ味

とある。忙しい夫のための天むすのおこぼれを、我々はいただいているわけだ。

終始お客様不在なのが、いっそ清々しい。

いい夫婦の日に続き、今日は勤労感謝の日

世の中には、並んで仕事に励んでいるご夫婦が、きっとたくさんいるんだろう。
 


本日早朝より他出のため、2016年11月23日の記事を再掲いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



もろもろ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2019/11/23 11:30
コメント
No title
天むすね~売ってはいるんですが食べたことはありません。
どうも天婦羅とおにぎりがしっくりきません。
食べると美味しいんでしょうがなんか手が出ません。
No title
天寿司ならあるんですけど。天むすはさすがのシドニーでもあまり見かけないんです。
なので、私も作ってみたことがあるのですが、
息子に、なんで別々じゃダメなん?って言われて、そうか!!とハッとしたことを思い出しました。
握るの、結構難しいんですよ!!
No title
ここのお店かは覚えてませんが、名古屋出張の折、名古屋駅で買ってホテルの部屋で食べた覚えがあります。
天むす、美味しいですよね。
これを見たら、久しぶりに食べたくなりました。
私にはこの「意外と」がこのシロート臭い文章を高みに引き上げていると思います。

計算の結果ではない偶然。
うん、これがいい。
Re: No title
Carlos様

天丼を握ったようなものとお考えになってはいかがでしょう。

まあ握らなくてもいいわけですが(笑)。
Re: No title
みのじ様

天むすのポイントは小ささだと思うんですよね。

一口でポイ、という、あの小ささに握るのは、雑な私には難しいです。
Re: No title
すぅ・ぷ様

駅売りだったらこのお店の可能性が高いですね。

私も食べたくなりました。
Re: タイトルなし
rockin'様

そうなんですよ~。こういうの読むと、かなわないなーと思いますね。

書こうとして書ける文章じゃないと思います。

管理者のみに表示