FC2ブログ

トットク本。

本棚の整理(→ ヒヒノハ本。)で見つけた本。

同じ作者の他のシリーズが好きで買ったものの、パラパラ見てイマイチだったので、ほとんど未読のまま、ほうってあった。

在宅が続き、ヒマを持て余して、読んだら未練なく捨てればいい、と手にとった。

印象にたがわず、やっぱりつまらない

人物に魅力がなく、設定に説得力がなく、謎解きは物足りない。初版から30年になるが、文庫化されないのも納得の絶版書である。

読み終えて古本屋行きかと思いきや、少しためらってから、本棚の、割といい場所に戻した。

とっておいた理由、それは物語の舞台。

なんと、うちの近所が死体発見現場なのだ。

何もないのが値打ちみたいな、住民しかいないこんな町で、殺人事件なんて、たとえフィクションでも、まさに空前にして絶後である。

絶版書はいつでも買えるものではないから、まあとっておこう。

知ってる場所が出てくるだけで嬉しくなるなんて、ちょっと情けないけれど、ご当地ソングがヒットする理由が、わかった気がする。

ひれんのいけ
(「悲恋の池」有明夏夫著 中央公論社刊 )



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ブックガイド | コメント(8) | トラックバック(0) | 2020/05/28 11:30
コメント
No title
あらら!殺人現場の近くに住んでおられるんですか~
架空の場所じゃないところが面白いですね。
ま~取っておきましょう。
No title
 自分の居住地が本に載っている・・・貴重です。
なんだか
わかる気がします。ちょっといいですよね、想像力だけじゃなくて、リアリティが出る気がして。
 いや、別に殺人現場じゃなくてパーティ会場でも、主人公の職場でもなんでもいいんですけど!
これは
もう絶対に保存対象本です。
死体発見現場が近所だなんてなかなかありませんからね。

ご当地本。
これは今までにないコンセプトです。
作家も出版社も本屋もここに注目すべきです。
じょん でんばあ様、このアイデアを売り込むべきてす。
Re: No title
Carlos様

ハーイ、保存決定です。

付箋を貼っておきました。
Re: No title
nekochan59様

ねー貴重ですよね。

有名観光地じゃないので本当に珍しいんです。
Re: なんだか
まこ様

ウフフ…うちがパーティー会場になったらリアリティーゼロですよ。

そういえば母の実家はサスペンスドラマに映ったことがあります。
Re: これは
rockin'様

京都を舞台にした本もいろいろありますよね。

rockin'邸を舞台にしたミステリー小説も読みたいです。

管理者のみに表示