FC2ブログ

ほうがん話。

湯たんぽが、レンジの中でカレーと出会ってしまった(→ シュールナ本。)ので、仕方なく肩にシップを貼った。

スッとするニオイと冷たい感触。しばらくして貼った個所がポカポカしはじめる。

若いころは、あんなみっともないもの、と思っていたが、今やシップが無ければ生きていけない。

家にシップを常備するようになったらババアである。

ひと息ついて時計を見ると、もういい時間。急いでゴミ出しに出た。

傘をさして、ゴミ袋を提げて、雨は面倒だ。もうちょっとババアになったら、足元が危ない日にはゴミ出しは休もう、と思っている。

ゴミステーションに、ちっちゃいゴミ袋をポンと置いて、ヤレヤレ任務完了。

ブラブラ散歩気分の帰り道、首筋がムズムズ…

はっ、シップ!

Tシャツの襟ぐりが大きめで、白くて四角いアレが丸見えだ。

折も折、前方から人が来たので、慌ててその箇所を手で押さえた。

首の付け根に手をやり、肘を張って、ちょうど、砲丸投げの投擲姿勢のあんばいである。

ほうがんなげ

片手にカサ、片手に砲丸

非常に不自然だし、すれ違う人も、いつ砲丸を投げつけられるのか、不安だろう。

いっそ、素早く剥がすか。

しかし剥がしたアレをどうするかの問題もある。

それに、貼ったばっかりのシップを剥がすのは、貧乏性の私にとって、勇気のいることなのだ。

迷ううちにも、人はどんどん近づいてくる。

どうする、私!



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ごきんじょ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2020/07/10 11:30
コメント
ゴミ出しは危険なのです。油断大敵。
化粧をするか素っぴんで行くか。
まあいいか、と思って行ったら人とばったり。

家の中と外の狭間
気を引き締めるべきか否か。

魔の時空間!?
No title
痛い時にはしょうがありませんね。
私も腰に湿布は欠かせません。
でも砲丸投げは笑っちゃいました。
すれ違った人、びっくりしたでしょうね。
No title
あれね~見えてなくても、匂いで気がつくんですよね~(笑)早く治ると良いですね。

この記事とは関係ないですが、以前書いておられた、『夢みる帝国図書館』を図書館で予約して、ようやく読みました。面白かったので、この著者の他の本も読もうと思ってます、良い作家さんを紹介してくださって、ありがとうございます。
No title
ハイゴミ出しは危険ですね。くんざんは上の入歯を忘れてゴミ出しをします、一輪車なので手で隠せません、開き直るしかありません。誰も驚きません。
ほうがん体勢とは気づかない
ぢょんさん、うちは戸別収集なので自分ちの前にゴミ出すんですけどね、それですら一応身なりを整えます。子供の学校の子なんかが通ったりするのであまりにミスボラシイとまずいかなと。
肩こり、早く治りますように!
No title
結局どうしたのか気になって寝られませんでした(笑)
予想は“砲丸のまま速足で通り過ぎた”です。

実家も小学校の通学路なので気を抜けないのですが、義姉はありえないぐらい寝癖が付いたままの頭で堂々と行きます(^^;
もちろん
死んだ振りです。
Re: タイトルなし
うさきち様

ほんとですね。

ゴミ出し危険。赤字で書いて壁に貼っておきます。
Re: No title
Carlos様

腰痛はつらいですね。

私も水泳をお休みしてるせいか、アッチコッチ痛くなってきました。
Re: No title
レツゴ―一匹様

あ、あの本面白いでしょう!

レツゴ―さんのお好みに合って、嬉しいな。
Re: No title
くんざん様

まあ!そんなことが!

一輪車便利そうですね。停めてあってもかわいいし、ちょっと欲しい気がします。
Re: ほうがん体勢とは気づかない
ふゆこ様

個別回収うらやましいなあ。

私も服装は一応気にしてるんですが、シップは盲点でした。
Re: No title
かみーれ様

ハイ、ご想像の通りです!

貴重な睡眠時間を奪いまして、申し訳ございませんでした。
Re: もちろん
rockin'様

路上で?rockin'様はいつもそうしてらっしゃるのでしょうか?

救急車を呼ばれて大ごとになりそうですが。

管理者のみに表示