FC2ブログ

くらげの話。

父は結婚が遅かったので、長女の私は、35歳で生まれた。

育児は女の仕事という昔ニンゲンなうえ、その頃日本は高度成長期、サラリーマンがモーレツに働いていた時代。

朝は子どもの寝ているうちに出て行き、帰りは子どもが寝たあと。土曜日だって仕事がある。

おとーさんに遊んでもらう」なんてめったにないし、父親は親しみ深い存在じゃなかった。

それでも夏休みはみんなで海に出かけた。

「二十四の瞳」とオリーブの島小豆島の民宿が気に入って、何年か続けて行っていた。

家庭的な宿だが、部屋のもうすぐそこが海で、着替えてすぐ飛び出し、一日中遊ぶ。

すこし時期が遅かったのか、クラゲの多い年があった。

刺されたらすぐ水道水で洗えば、ウソのように痛みは引くのだが、何度も刺されてイヤになった私とイモートは、砂浜でふてくされていた。

すると、海の中に立っている父が、おーいと何か合図している。つかみ出すようにして、大きなモーションで何かを投げてよこした。

砂浜に、不思議なゼリーのようなものがボテンと落ちた。

クラゲだ。動くこともできず、カサを裏返しにひっくりかえっている。

チクチクと不快な目に遭わせるものの、情けない正体を見て、私たちはコーフンした。

やっつけよう!クラゲ退治だ!

父が投げてよこすクラゲを、熱い砂に埋める。それだけのことに、暗くなるまで熱中した。娘たちはずいぶん小さかったし、父も若かった。

世の中が落ち着く頃には、父は初老を過ぎていた。気づけば父は「おじーちゃん」だった。

ずーっとそうだった気がするが、おじーちゃんにだって若い父親のときはあったのだ。

海の中に立ち、つかんだクラゲを高く高く掲げて見せた、父はもういない。

あの時の父は、今の私よりずっと年下だったんだな、などと思う、夏の終わり。

おくりび
(今年は奈良の大文字送り火も縮小で実施された)



本日多忙のため2014年8月20日の記事を再掲いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



むかしむかし | コメント(12) | トラックバック(0) | 2020/08/20 11:30
コメント
お盆を過ぎるとクラゲがよく出てきましたね。それがもう海水浴は終わりの合図みたいな感じでした。

あの頃の親が今の自分より年下だっていうのは、理屈ではわかってても、いつまでも不思議な気がしますねぇ。
No title
おとおさんとの楽しい思い出ですね。
私の父親も私が5歳の時に亡くなりました。
父との思い出は全くありません。
思い出があるだけうらやましいです。
子供は
親の事をよく覚えている。
この記憶量の多さが親の励みになるんです。
そしそれは上書きされない。
ぢょん でんばあさんおはようございます
大きなクラゲがいるところで泳ぐなんて懐かしいですね、二十四の瞳の一家族の物語のようですね。くんざんは親父より20年も余計に生きています。
No title
クラゲは、見たことないです。水族館で泳いでるのは見たことありますけど。

お父さんも、子供に帰っておられたのかな~楽しんでる子供たちを見て、楽しんでたのかな?

家もお父さんに遊んでもらった、という記憶はあまりないです。
素敵なお話。
父との想い出が無い私は羨ましいデス。

イイお話、感動しちゃった。

私の二人の娘もいつの日か、あのキャンプの事や海の家のことなど想いうかべてくれるのだろうか・・・。

なんか、父親は損だな(笑)。
Re: タイトルなし
うさきち様

お盆を過ぎるとクラゲが出る、よく言いましたけど、今はどうなんでしょうね。

気候の変動も激しいし、もはや常識ではないのかも…。
Re: No title
Carlos様

お父様を早くに亡くされたんですね。

そんなCarlos少年も、今はよき父、よきジジに…。お子さんやお孫さんに、いい思い出を作ってらっしゃるでしょう。
Re: 子供は
rockin'様

いやー書き換えてほしいですわ。

母親としては失敗続きですからね。娘よ息子よ、ごめん。
Re: ぢょん でんばあさんおはようございます
くんざん様

海水浴なんて行かなくなってもう何十年もたちますが、今はどうなんでしょうね。

1日でも長生きなさるのがこれからの親孝行ですよ。暑いですけれど、お気をつけて。
Re: No title
レツゴ―一匹様

水族館で初めてクラゲを見た時は「なんでこんなもん?」と不思議でした。

今はクラゲ専門のとこもあるみたいですね。
Re: 素敵なお話。
オグリン♪様

きっとお嬢様たちもこんな風に覚えていらして、思い出話をする日が来ますよ。

損得で考えてはいけません(笑)。

管理者のみに表示