FC2ブログ

ふたりの話。

早朝のは、昼前まで止まなかった。

楽しくなって表に出れば、いつもの景色を覆う雪が、周りの音を吸って、しんと静かだ。

このマンションも高齢化が進み、雪にはしゃいで飛び出してくる、子供もいない。

誰もいないと思っていたら、団地の児童公園に、動くものがある。

うつむき加減の顔は、フードで隠れて見えないが、私より少し上の女性らしい。かがんで歩き回っているのは、落し物探しだろうか?

詮索しているようで気の毒だから、あまり見ずに通り過ぎた。

やがて夕刻。

郵便物を取りにホールに降りると、ドアの横に小さな影が見える。

エントランスのライトに照らされているのは

ゆきだるまふたり

心細そうに肩を寄せた、雪だるまふたり。

そうだ、あの女性の姿勢は、雪だるまを作っている人のそれだったのだ。

作りたくなる気持も、ひとりじゃ寂しそう、と、ふたつ作る気持も、どちらも分かる気がする。

雪はあらかた溶けて、明日には無くなるだろう。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



ごきんじょ | コメント(7) | トラックバック(0) | 2021/01/13 11:30
コメント
探していたのは目や手に使う枝とかでしょうか?

昨日の一瞬にして写真を撮った素早いの婦人といい、みずみずしい完成の方たちがお住まいのマンションですね!
みずみずしい感性、ですね。
失礼しました!
No title
おばあちゃんも童心に還って作ったんでしょうね。
ちょっと和みますね。
滅多に積もらないから・・・
未だに雪が積もると「雪だるまを作らねば」と焦って作ってしまい、雪が溶けた後も残る雪だるまを見て「やれやれ」と安堵する癖が抜けません。この方みたいに近所のうわさになっていたらどうしよう(゚Д゚)
Re: タイトルなし
うさきち様

高齢者が多く子供がいなくて、ふだんは静かで寂しいんですけどね。

雪が降るとみんな童心に帰るんでしょう。
Re: No title
Carlos様

翌朝見たら、すっかり片付けられていました。

夜から朝、ほんの数時間です。どれくらいの人が見たのかなあ。
Re: 滅多に積もらないから・・・
へっぢほっぐ様

今回は、噂するほど長く残ってなかったです。残念。

「夕食の話題になる」程度かなあ。


管理者のみに表示