FC2ブログ

ねがいの話。

朝から降ったり止んだりの天気。カサを持たずに出たので、空模様が気になる。

曇り空を見上げて

お願い!うちに着くまで降らないで!

無理な希望と知りつつ、つい願った。

人間の暮らしは、日々こんな虫のいい願いに支えられている。

昨日大丈夫だったから、今日も平気だろう

今日が同じなら、明日も変わらないだろう


何の根拠もないことを、信じなければ人は生きていけないのだ。

今日はなんとか雨に遭わず、家までたどり着いたけど、いつもそう、うまくいくとは限らない。

天地の理は、人の思いと没交渉に、なすべきことをなすのみである。

それでもなお、私は願わずにはいられない。

お願い!地震が来ませんように!

この国に、いつか必ず来るという大地震が、今の状況で起こったら、恐ろしいことになる。

あの時の復興の力は、私たちに残っているか。

阪神大震災から、26年。

がんばろう117



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



もろもろ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2021/01/17 11:30
コメント
No title
26年経ちましたか~
本当にテレビであの光景を見たときにはショックを受けました。
いつ来るか判らない地震、気を付けようにもこればかりは、なるようにしかならないと覚悟してます。
でもお願い・・・・
No title
私も、都合のいいお願いばかりしています。

2,5メートルも屋根に積雪が有った時、(神様、お願いだから地震だけは起きませんように)と願いました。
哀れに思った神様は、雪は降らせても(地震)は起こさなかった。
お仏壇の父に『おばあちゃんを、こんな豪雪の時に迎えに来ないで!』と祈った。
あの世の幹部になっているだろう父は、それも叶えてくれそうな。。。
No title
何で、人は祈るんだろうと、若い頃は思ってましたが、今なら祈る気持ちも解ります。

病気をしたり、災害に遭ったりしたとき、人は祈りたくなるのかなぁ~何かを信じたい気持ちが、自然と、どうかお願いします、と祈るのかな。

26年も経つのか、と家族でも話しました。父と母がまだ20代の頃、姉と私が子供だった頃、住んでいた街が変わってしまったショックは、いつまでも忘れられません。
Re: No title
Carlos様

できる対策はしたいと思いますが、あとは…。

ご一緒に願いましょう。
Re: No title
アイハート様

大幹部のお父様をお持ちでうらやましい!

うちの父なんかまだ下っ端でしょうね(笑)。
Re: No title
レツゴ―一匹様

何に祈っているのかもわからずに、手を合わせてしまうことがあります。

祈りってそういうものなんでしょうね。

管理者のみに表示