FC2ブログ

らじおの話。

テレビが壊れて(→ぴんくの話。)3日目。

のべつ点けっぱなしだったテレビがないと、ほんとうに静かだ。

鳥の声も、風の音も、最初のうちはいいのだが、ちょっと心細くなってきた。

まずは音楽のCDをかけてみる。

なんだか、久しぶりだ。

私はふだん、家では音楽を聴かない。音楽は、作者の主張であり感情の発露だからか、時として、言葉よりもうるさい気がする。

つい歌っちゃうと仕事にならないし、次はどれにしよう、と迷うのもめんどくさい。

それではと、ラジオを試した。

しばらくかけてみてわかったのは、ラジオも意外にうるさいということ。

当たり前のことだが、ラジオには絵が無い

だから、すべての情報が音声でやってくる。

テレビの音声は、多くは動画の効果音であるから、それだけでは意味がないのに対し、ラジオの音には全部意味がある

慣れないせいもあってか、それが重たく感じる。

あちこちダイヤルを回して、語学番組に合わせたら、これがちょうどよかった。

もちろん語学番組だって、ギッシリ意味はあるが、ドイツ語、ハングル、スペイン語にアラビア語、私にはわからない部分があるのがいいのだ。

やがては分かるようになってしまうやも知れぬが、当分そんな心配もないだろう。

今、流れているのは、イタリア語中級文法。

ちんぷんかんぷんで、ゴキゲンである。

まいにちいたりあご



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

スポンサーサイト



てれびじょん | コメント(8) | トラックバック(0) | 2021/04/16 11:30
コメント
私は日本語の音楽が苦手っていうか、
歌詞をあんまり覚えられないんです。

言葉のわからない洋楽、できればインストゥルメンタル(今もこう言うのかな?)のほうが好き。

だから私には心に残る歌みたいのがありません。

ただ記憶力が悪いだけだと思いますけど、
意味のある音の圧力みたいなのが苦手なのかもしれませんね。
No title
ラジオもCDもうるさいんですか
でも何か音がしてないと落ち着かないんですね。
第二ファン
そもそもTVのない生活が長年で、ラジオと…インターネットが入ってきてからはインターネットも日常情報源ですが(=このふたつは相性がいい)、近年は民放ラジオで過払い金・B型肝炎。相続税のCMがうっとうしいので、第二によく逃げ込んでます。
受講してる語学講座もあるのですが、ドイツ語はロシア語と共通する単語があるなとか、意外な発見も。

カルチャー講座も面白いものが結構ありますよ。「会計と経営を巡る500年の歴史」はゾクゾクしました(笑)。
No title
昔は朝起きてモーニングショー、夕方からはニュース、夜は素人が料理の腕を競い合う番組や超おデブさんがダイエットを競い合う番組を見ていましたが、いつの間にか無音の中で生活するようになりました。(鳥の鳴き声、うるさいです!)

イタリア語ってちんぷんかんぷんですが、聞いているだけで楽しくなってきますよね(^^♪
Re: タイトルなし
うさきち様

私は歌詞があると思考が引っ張られるタイプです。

別の意味で、意味があると苦手なんですね。
Re: No title
Carlos様

勝手な話ですよね。

今日は窓を開けて、外の音を聞いています。
Re: 第二ファン
中林20系様

民放のラジオはパーソナリティー?という人がうるさいですね。

それぞれ独特のしゃべり方で、ふつうの方がいない…。
Re: No title
みのじ様

コッキ―、今日もうるさいですか?

あれだけ身体が大きければ声も大きいんでしょうね!

管理者のみに表示