fc2ブログ

ふとんの話。

布団の打ち直しって、若い人はわかんないだろうか。

体重で押され、寝汗がしみ込んで、ぺたんこになったお布団の綿を取り出し、叩いて空気を含ませフワフワにしてから、新しい生地で包み直す。

うちなおし

今風に言えば布団のリメイクだ。

うちでは冬を前に一念発起して、センベイ布団を打ち直しに出した。

あまりの快適さに、今までぺたんこの板みたいな布団に寝ていた自分を、バカバカと叱ってやりたくなる。

まるで別世界のように寝心地満点なのだ。

そこでよせばいいのに、また余計なことを考えてしまった。

この布団、本当にうちが出した布団なのか?

表の生地は新しいのに変わってるから、前の布団に似たところはどこにもない。

犬じゃないから、中の綿が同じ自分のニオイか、わからない。

古い布団がキレイになったと喜んでたけど、古い布団を渡して新しい布団を購入しただけのことだったら、ガッカリだ。

もっとイヤなのは、赤の他人の布団の綿に、自分が寝てるんじゃないか、という想像。

布団打ち直し業界は、この布団のアイデンティティー問題に関して、何か対策すべきだと思う。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ




スポンサーサイト



もろもろ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2014/11/18 09:45
コメント
これは大切な
問題定義です。
確かにアイデンティティという基本的命題に関わることですね。

ただ「事象両側面の法則」に従うとぢょん・でんばあ
様が赤の他人の布団に身を任せるとするならその取り違え相手も真っ赤な他人の布団に身を許していることになります。
問題ですね。

追伸
布団の打ち直しは皮膚感覚で理解できます。
No title
こんにちは!
布団打ち直し、我が家でも3年に1度ぐらいやってます。その時には少し綿を足してもらいます。
他人の布団綿?考えたこともなかったです。
信用していたんですね。
まさか、他人の綿を・・はないと思いますよ!
No title
亡くなった姑が(布団仕立て)をしていました。
・・・思い出したくもない姑の話だけど。。

打ち返した綿に少し(テトロン綿)を入れると膨らみがでて良いと言っていたのを思い出しました。
後年は、ちゃんと(布団の形)になった物が来て、皮を被せれば良いようになって来てましたね。

昔々のお話です。
お邪魔しています。
こんにちは!

布団の打ち直し、なつかし~。
死んだおふくろが、自分の子供の頃はよくやっていましたよ。
今現在、私は畳の固さが充分に伝わるせんべい布団で寝ています(T_T)。

おじゃましますた。
No title
今は打ち直す値打ちのある布団が少なくなりましたねぇ~
良い綿でないと値打ちがありませんもの!
でも、戻ってきたときの驚きは、経験のある私にもよく分かりますよ~(*^。^*)
気持ち良い布団
私の母は寝具フェチで一時期は羊毛やら羽毛とかトルマリン入り等に嵌りましたが
やはり落ち着く所は綿布団でした
日光に当てるとフカフカに脹らんでお日様の香りがする綿布団
(*´ω`*)

言われてみれば混ぜ物があっても分からないですよねぇ
(-_-;)

子供の頃に祖母が布団を打ち直しているのを見た事があります
この流れはマズイ…
布団の打ち直しを自分でやってみたくてウズウズ
No title
こんばんは
かなり以前 結婚のとき持ってきたそれは
高級な綿を使ってあったという布団を
ホカシに出しました
あちこちの業者を検討し綿が取り替えられないようにしたけれどやっぱり取り替えられてありました 寝心地ですぐわかりました

今はたいした綿の布団でないので安心して
ホカシに出せますし気持ちよくなりますね
Re: これは大切な
rockin'様

私が想像しているのは、一対一の取り違えよりももっと怖いことです。

どこかはるか過去の時点でずれが生じ、それ以後ずうっと、前に受け取った布団の綿が、一つ後の布団になっているのではないか、という、恐ろしい想像。

自分の想像力が恨めしい。
Re: No title
Carlos様

まさかそんなことはない、と私も思ってはいるんですが。

要らぬことを考えるのはヨクナイ癖ですね。

私も足し綿お願いしました。

今日も寝るのが楽しみです。
Re: No title
アイハートブレイン様

それはそれは、思い出したくないことを思い出させてしまって申し訳ありません。

布団のお仕立てというお仕事があるのですね。

私が打ち直しをお願いしたのは、えらくハイカラな横文字の名前の「会社」「工場」でした。

時代は変わりますね。
Re: お邪魔しています。
ヒッキーに憧れる出不精様

そうそう、昔のお母さんは布団の打ち直しも家でしていたのですよね。

家事スキルの低下は目を覆いたいほどです。

その分業者さんがいろいろいらして助けてくださるわけですが。

いいんだか悪いんだか。
Re: No title
YASU様

打ち直しったって、安物の布団を買うよりかお金がかかるんですよね。

もう丸ごと買い換えちゃおっかなと何度も思いましたが、やっぱり打ち直しにしてよかったです。
Re: 気持ち良い布団
山猫様

やはり道楽の行きつくところは布団ですかね。

骨董を集めるより、着物を買うより、布団に投資する方がいいかもしれません。

私はやったことないですが、確か祖母はやっていたような…。

はじっこを持たされて、もっと強くひっぱれ!と叱られた思い出がうっすら残っています。
Re: No title
おきなそう様

そちらではホカシというのですね!

実家の母は嫁入りに持ってきた「真綿」の布団を宝石のように大事にしています。

打ち直すということになれば、たぶん作業場について行って、なにごともないか、そばで見張ることでしょう。

管理者のみに表示