fc2ブログ

ぽすたー話。

コンサートホールのある大きな施設で、年末公演のポスターを目にした。

ベートーベンの交響曲第9番、いわゆる第九である。

ああ、もうこんな季節か…

外気の冷たさを感じる以上に、冬になったと実感する。

私も、かつて合唱団に所属し、拙いながら第九の舞台に上がったこともあった。

新型ウィルスの感染拡大によって、年末の公演が中止になり(→ばってん話。)練習自体も中断を余儀なくされた。

合唱団は活動を再開したが、私のほうは休止中に練習日に仕事が入ってしまった。

新しい仕事は数年単位で続くプロジェクトなので、当面参加できる見込みはない。

始めたころは、きっとこれが生涯の趣味になるんだろうと思っていた合唱が、あんなふうに終わるなんて、予想もしなかった。

初心者の私に、練習は大変だったが、だからこそやってよかったと思うこともある。

ダイク、と聞いただけで、胸の奥に湧き上がる、なんともいえない気持。

眩しいライトの下で、美しい音の波に包まれて、永遠とも思えたひととき。

記憶に刻まれた本番の高揚は今も鮮やかだ。

振り返ればわずかな期間だったけれど、あの経験は私に、冬の暖かさをくれた。

いつかまた…

そう思いつつ、そっとポスターの前を離れる。

こーらす




にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



スポンサーサイト



ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2023/12/01 11:30
コメント
No title
年末になると第九ですね
いつごろから年末に第九を歌うようになったんでしょうね。
No title
日本の年末の第9、諸説ある様ですけれど、個人的には「オケでボーナスが出せる様に書き入れ時を年末に作る必要があった」説が好きですねw。

まぁ、昔の私は誰も彼もが「第9」というのが気に入らないへそ曲がりリスナーだったんですが、クラシック音楽のプレゼンスを一番アピールできるイベントですし、今はこれから先も末永く続いて欲しいと思える様になりましたw。
No title
舞台に上がったことがあるなんてすごい!
第九は(見ている側ですが)迫力があって圧倒されて とても感動してしまうので 大好きです。
歌っている人達の高揚感はすごいのでしょうね。拍手をもらった時なんかはどんな感じ?


Re: No title
Carlos様

師走の風物詩ですね。

今年は歌うのをあきらめ、切符を買って第九を聞きに行こうかなと思っています。
Re: No title
kanageohis1964 様

歌詞の意味を知るとちょっとグッとくるものがありますね。

私も聞きに行こうと思います。
Re: No title
ゆうこん様

アマチュアの合唱団でも年末に第九をうたうところは多いんですよ。

つわものになると複数の合唱団に所属し、1シーズンに2ステ、3ステとこなす人もいるようです。

管理者のみに表示