fc2ブログ

かーどの話。

ずいぶん前、教育テレビの俳句講座を見ていたら、視聴者の投稿に、ステキな句があった。

春の雨の中、傘を差さず小走りで郵便受に行くと、遠い人からの手紙
雨が一粒、宛名の上に落ちて、万年筆の懐かしい筆跡が、少しにじむ


…という情景を描いたものだ。

ところが肝心の句がどうであったのか、全然思い出せない。

それでは、と再構成を試みたものの、これだけの内容を17文字で表すのは、到底無理だ。

俳句ってスゴイ

SNSが普及して、句の中の情景のように、手紙をもらうことはぐっと減った。DMばかりの中に、たまに手書きの封筒があると、とても嬉しい。

ベリルには英会話を習ったのだが、年も近かったし、先生と生徒から、お友達になった。

国に帰ったあと、しばらくはメールもしたが、尻切れトンボとなり、今は年に1度、クリスマスのカードだけのやりとりである。

東北の震災のすぐ後、クリスマスでもないのに、まるまっちい字の封筒が届いた。

おはなのかーど

きれいなお花のカードに

恐ろしいニュースを聞きました TUNAMIを逃れ、このカードが無事に届くことを祈ります

とある。

ニュースを見て、すぐに書いてくれたのだろう。いつも以上に字が乱雑である。

私の住まいは近畿地方、しかも海なし県

3年も日本に住んでたくせに、地理音痴にもほどがあるよベリル!

だけど、遠いとおい国で、私のこと心配してくれて、ありがとう。

ベリルの手紙は、暖かな春の雨に濡れていた、ような気がする。



本日2月18日はエアメールの日につき、 2016年4月17日の記事に加筆・改題のうえ再掲載いたします。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング



スポンサーサイト



ごきんじょ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2024/02/18 11:30
コメント
今年の大河でも、貴族たちが手紙をやり取りするのが描かれてて、優雅だわぁと思って観てます。

が、このミニマムが流行りの昨今、もらった手紙はどうするんや問題があるんですよね。ヨーロッパなんかではグリーティングカードをやり取りするって聞きますけど、その辺りはどないなってるんでしょう?何年か経ったらどんどん捨てるんかな?

No title
俳句、難しいですね。
17文字の中に情景を表現するんですから。

年賀状以外に手紙を書くことももらうことも無くなりましたね。
今郵便料金いくらかもわかりません。
No title
こんにちは〜
いい人ですね、ベリルさん。
福島の地震津波の時、不治の病だったドイツの親友がすぐに私の日本の家族を心配してメールをくれたです。仕事や子育てで一番忙しい時で心の底から彼女の優しさに感謝できなかった私を思うと今でも心がチクリとします。
No title
こんにちは~。

あれだけの内容を五七五にまとめられた冒頭の俳句、私も知りたいです、思い出してくださいよぉ~。

その、ぢょん子さんが表した俳句の内容なんですが、私はユーミンの「青いエアメール」という歌を思い出しました。
雨と手紙って、心情を揺らす設定になりやすいのかもしれませんね。
Re: タイトルなし
うさきち様

あの時代のお手紙はお花の一枝に結んであったり、紙も工夫して、雅ですよね~。

クリスマスカードは人にもよるけど、すぐ捨てる人が多いと思います。特に封筒は中身を出したらすぐ捨てる!なので便箋のほうに住所を書かないと音信不通になりがち(悲)
Re: No title
Carlos様

定形郵便の封書は84円ですが、もうすぐ値上げみたいです。

値上げでもっと郵便離れが進むでしょうね。
Re: No title
artpants様

具合も悪いだろうにメールをくださったお友だち、素晴らしい方ですね。

自分もそうありたいと思いますが、なかなかうまくいきません。
Re: No title
りんごかあさん様

あ、その歌知ってます!

もしかしたら俳句の内容に、うっすらユーミンの歌詞が影響してるかもしれません(そのせいで盛りだくさんなのかも…)。

管理者のみに表示