FC2ブログ

ぼきんの話。

今年も赤い羽根共同募金運動がはじまっている。

長い顔に雪駄の鼻緒のような下がり眉の首相が、背広の胸に麗々しく赤い羽根を挿している。

あれでいくらかでも広告効果はあるのだろうか?

団地の自治会でも期間中は募金を集める。

といっても、箱を持って立つのではなく、回覧板が回ってくるだけだ。

募金したい人は、名前と募金額を記入しておくと、後日役員さんが集金にきて羽根をくれる。

私もお隣のご主人の名前の下に、上の欄と同じ金額を記入した、つもりだった。

ところが昨日。

回覧済みで、うちのハンコだって押してある回覧板が、門扉にひっかけてあった。

オカシイな、と中を見たら、ずらりと並んだ記名欄に、うちだけ記入がない

あとで書こうと思っていて、そのまま回してしまったらしい。

班のどなたかが、うちが記名してないのに気づき、戻してくれたのだろう。

ペンをとり、記名しかけて、ふと思う。

この募金、希望者のみの任意じゃないのか?

募金したくない、もしくはできない場合は、書かないことで意思表示するのが本来だろう。

しかし、この自治会では、記名をしていないと、差し戻しになるようである。

もし、このまま書かずに回したら、また戻ってきてしまうのだろうか?

うっかり薄気味悪いものを見た、気がする。

あかいはねきょうどうぼきん



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(14) | トラックバック(0) | 2018/10/13 11:30

でんばあ話。

気づけばブログを書き始めて5年が経過している。

私のことをぢょんさん、と呼んで親しんでくださる方もいく人かいらっしゃる。

ここでの筆名を、このアメリカ人歌手の名前に決めたのは本当にたまたま。

じつのところ、とくに好きでもない。

何の共通点もなく、男女すら曖昧にしておこう、と思って選んだ名前だ。

現実の自分に関係なく、好き勝手が書けるだろうと思ってのことだが、フタを開けてみれば日々、現実と地続きみたいな記事しか書けないでいる。

うかつなことに、私はこの人のことを、丸眼鏡の人のよさそうな笑顔といくつかのヒット曲以外、ほとんど知らない。

遅ればせながら、検索サイトで「ジョン デンバー」と打ってみた。

エゴサーチみたいで変な感じである。

ジョン・デンバー(John Denver)アメリカ合衆国のシンガーソングライター。

うん、それは知ってる。

本名はヘンリー・ジョン・デュッチェンドルフ・ジュニア。芸名は、こよなく愛したコロラド州の州都デンバーにちなむ。

あ、そうなの。早くも知らない事実が。

親しみやすい曲調と情感あふれる歌詞が特徴。1971年に発表したシングル「故郷に帰りたい(Take Me Home, Country Roads)」が大ヒットした。

あ、この曲は知ってるぞ。

1976年、コロラド州スノーマス近郊にニューエイジ・コミューンを作り、合気道によって宇宙精神と合致することを目指し、ピラミッドのなかで瞑想を行った。

え?

1982年、妻の首を締め、チェーンソーでベッドを切断するなどの家庭内暴力を原因に離婚。1994年、自伝で薬物使用、不倫、元妻への暴力を語る。

えええ???

航空機の収集家で複数機を所持。1997年、休暇中、操縦するプロペラ機が墜落し死亡。遺体は損傷が激しく身元確認は指紋によった。

うわあ…。

あんな平和な笑顔をしてて、けっこうヤバい人だった。

最初に知ってたら、この名前にしなかったかも、と思うと、複雑な気分だ。

1997年10月12日、53歳没。

この5年の間に、ご本人の年齢を越えていたことを知り、そのことも地味にショックである。

christmas together
(そうと知ってから見るとこの笑顔が怖い)



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(20) | トラックバック(0) | 2018/10/12 11:30

はたびの話。

休みのあくる日。

けっきょく 昨日は何の日だったの?

えーっと… 体育の日?

ちかごろはマッタク… 体育の日は10月10日!それでいいじゃない! 

むかっ腹を立てるほどではないが、私もおばーちゃんに同感だ。

そういえば 昔は祝日に国旗出してたね

祝日じゃなくて旗日って言ってたしね

こっき

暗くなる前にはキチーッと取り込んで…

おとーさんはマジメだからねえ 

祝日の夜、座敷に国旗を広げて畳んでいた、父の姿は今も記憶にある。

今どき、あんなことをしている家庭はあるのだろうか。

私も貧しいながら一家を構える身であるが、国旗を備えようと思ったことはない。

そもそも国旗ってどこで買うの?

商店街のアヅマヤ覚えてる?

アヅマヤ?呉服屋じゃん

そうそうアヅマヤ あそこで売ってるの

へえー!

国旗は呉服屋。50歳にして初めて知る事実だ。

だからって買いに行こうとは思わないけど。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

むかしむかし | コメント(10) | トラックバック(0) | 2018/10/11 11:30

たまごの話。

たまご

ときどき玉子が余る

生協で毎週1パック届くのだが、ボヤボヤしてると、食べきらないうちに次が来てしまう。

1人暮らしの身で、冷蔵庫に10個以上玉子があると、ちょっと焦る。

慌てて玉子3個のオムレツを食べたりもしたが、さいきんは古いほうを茹で玉子に作っておく。

茹でると賞味期限が伸びる気がして、とりあえず安心だ。

昨夜も寝る前になって、あ、玉子茹でておこう、と思いつき、鍋を持って冷蔵庫を開けた。

ドアポケットに右手を伸ばした時。

めしゃっ…

何が起こったのか分からず、左手に持った鍋の中を見ると、玉子が1個割れている

あーあ、落としちゃった、大失敗!

あらためて見回せば、足元も、冷蔵庫の扉も、どこも1滴も汚していない。

ただ鍋の中に割れた玉子があるだけだ。

おおー、ナイスキャーッチ!

これははたしてナイスなのか?それとも失敗なのか?

しばらく考えたが、いいトシして夜中に玉子(しかも殻が入ってる)の鍋持って、何やってんだ、とおかしくなって、我に返った。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

もろもろ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2018/10/10 11:30

かちょうの話。

タカタ課長は、OL時代の最初の配属先の上司。

新人OLだった私が50のオバサンになったのだから、今のタカタ課長はもちろん課長ではないが、私の脳内では職位が更新されないままだ。

もうずっとお会いしないが、年賀状だけは続いていた。

何年か前にリタイアされて、珍しくお手紙が来て、お懐かしくてお返事したら、しばらくしてその返事、と、ぽつぽつ文通になった。

たいしたことが書いてあるわけではない。現役を退いてお家にいらっしゃるから、日々のトピックにも限りがある。

こっちの返事に書くこともなくなり、ちょっと困ったなあと思い始めたころ。

ある時、近況報告とともに、1枚の鉛筆画が同封してあった。

「麗しのサブリナ」のヘプバーンが、ものすごく丹念に描き込まれている。

絵としては特に感心しないが、タカタ課長がかけた時間を想像するとスルーもできない。

次の返事で社交辞令的に褒めたところ、矢継ぎ早に新作が送られてきた。

作品のテーマは主に往年の映画スターで、スチール写真の模写らしい。

2枚3枚と1度に届く枚数が増え、しだいに封筒が分厚くなっていく。

しょうじき、シロートの鉛筆画なんて、もらっても仕方がない。

遠回しに、せっかくの作品を申し訳ない、と伝えたが、見てもらうのが嬉しいのでお気遣いなく、と言われてしまった。

近頃は、ポストにタカタ課長の筆跡が見えると、なんだか憂鬱でならない。

今日は世界郵便デー

せかいゆうびんでー



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

ごきんじょ | コメント(6) | トラックバック(0) | 2018/10/09 11:30
« Prev | HOME | Next »